WiMAX+5Gのプランとプロバイダーを徹底比較。2021年最新のおすすめは?

WiMAX+5Gのプロバイダーとプランを徹底比較。2021年最新のおすすめは?

第5世代移動通信システム「5G」のサービスが日本でスタートして1年半が経過、サービスエリアも、未だ大都市中心ですが、徐々に拡大されてきています。

  • 超高速・大容量
  • 低遅延
  • 多数同時接続

が目玉の5Gですが、この5GをWiMAXに取り込んだ新しい「WiMAX+5G」が、2021年4月頭からUQコミュニケーションズでスタート。今では、幾つかのプロバイダー(販売代理店)でもその販売を開始しています。

ここでは、WiMAX+5Gの詳細に加え、プロバイダー4社を徹底比較。お得に導入する方法についてもご紹介しています。

 

現行のWiMAXのおさらい

WiMAX+5G」をご紹介する前に、まず、現行のWiMAX(WiMAX2+と4G LTE網を使用)サービスを簡単に振り返ってみます。

  • 現行のWiMAXサービスには、「ハイスピードモード」と「ハイスピードプラスエリアモード」という2つのモードがある。
  • ハイスピードモードは、WiMAX2+のネットワークを利用した高速データ通信サービス。データ容量は、無制限で利用できる。
    ただし、10GB/3日という制限があるため、実質100GB/月という容量制限があることになる。10GB/3日を超過すると、その翌日18時から26時の間、通信速度が最大1Mbpsに制限される。

ハイスピードモードでの10GB/3日という容量制限のイメージ

 

  • ハイスピードプラスエリアモードは、WiMAX2+に加えau4G(LTE)網が利用できる。
    一旦4G(LTE)網を利用してしまうと自動的にこのモードになり、その月は1,105円/月の料金が自動的に発生する(※)。更に、ハイスピードモード含めて7GB/月という容量制限も発生する。
    しかも、月末まで通信速度が最大128kbpsに制限される。
  • 契約プランの月額料金は、UQコミュニケーションズの場合、4,268円(2年自動更新の場合)もしくは4,455円(期間条件なしの場合)。
    ハイスピードプラスエリアモードになると、これに1,105円/月というLTEオプション料金が自動的に発生する(※)。

(※)UQコミュニケーションズと直接契約した場合です。プロバイダー経由で契約すると「無料」となる場合があります。

 

以上のように、現行のWiMAXサービスは、

  • 2種類の通信モード。
  • ハイスピードモードでは、10GB/3日という容量制限と最大1Mbpsという通信速度制限がある。
  • ハイスピードプラスエリアモードでは、7GB/月という容量制限と、それを超えた場合月末まで最大128kbpsの通信速度制限が発生する。
    この7GB/月という容量制限は、ハイスピードモードにも適用される。

という、ちょっと複雑で使いづらいサービスでした。

 

更に詳しい内容については、

WiMAXのプロバイダー4社をUQWiMAX含めて徹底比較。おすすめと選択のポイントは?
WiMAXのプロバイダー(代理店)4社をUQWiMAX含めて徹底比較。おすすめは?月額料金や端末代金、契約期間・解約料にもプロバイダーごとに特徴があります。

をご覧ください。

 

WiMAX+5Gで何が変わる(現行サービスとの比較)

au5G網も利用可能になる「WiMAX+5G」では、上記の現行WiMAXサービスで発生していた幾つかの制限が緩和されています。

WiMAX+5Gサービスの概要をまとめてみました。

  • WiMAX+5Gには、「スタンダードモード」と「プラスエリアモード」がある。
  • 契約プランは「ギガ放題プラス」となり、月額料金は、4,818円(2年自動更新)と5,005円(期間条件なし)の2種類が用意されている。
  • スタンダートモードでは、WiMAXのサービス網に加え、auの5G4G(LTE)網が使える(5Gプラチナバンドは除く)。
    毎月のデータ容量は無制限となっているが、15GB/3日という容量制限(通信速度は混雑時間帯に最大1Mbpsに制限される)があるので、実質150GB/月となる

スタンダードモードでの15GB/3日という容量制限のイメージ

 

  • プラスエリアモードでは、スタンダードモードで利用可能な網に加え、5G網のプラチナバンドの利用が可能となる。これで、人口が希薄なエリアや都市部などの電波の届きにくい場所などでの利用も可能になる。
  • このプラスエリアモードのみ、15GB/月という上限が設けられている。

 

現行の「WiMAX」と「WiMAX+5G」の違いをまとめると下表のようになります。

 WiMAXWiMAX+5G
 ハイスピード
モード
スタンダード
モード
UQコミュニ
ケーションズ
での月額料金

【ギガ放題】

2年自動更新:
4,268円
機関条件なし:
4,455円

【ギガ放題プラス】

2年自動更新:
4,818円
期間条件なし:
5,005円

利用可能な
ネットワーク
WiMAX2+WiMAX2+、
4G LTE、
5G(プラチナバンド
を除く)
下りの
最大速度(※1)
558Mbps2Gbps以上

混雑回避の為の
速度制限

10GB/3日を超えると、
最大1Mbpsに制限
される(※2)。
15GB/3日を超えると
最大1Mbps
制限される(※2)。
プラスエリア
モードの影響
下記のプラスエリア
モードが有効になれば、
7GB/月に制限される
下記プラスエリアモード
の影響を受けない。
 ハイスピード
プラス
エリアモード
プラス
エリアモード
UQコミュニ
ケーションズ
での月額料金
プラス1,105円/月
(LTEオプション)
プラス1,100円/月
利用可能な
ネットワーク
WiMAX2+
4G LTE
WiMAX2+、
4G LTE、
5G(プラチナバンド
を含む)
下りの
最大速度(※1)
558Mbps2Gbps以上
データ容量制限7GB/月
(この容量を超えると、
ハイスピードモード
含めて、通信速度が月末
まで最大128kbps
制限される)
15GB/月
(この容量を超えると、
プラスエリアモード
のみ、通信速度が月末
まで最大128kbps
制限される)

(※1)システム上の下り最大速度です。ご利用の端末や提供エリアの対応状況により大幅に低下する場合があります。また、実際の通信速度は、電波の状態や混雑状況などに応じて低下します。
(※2)回線の混雑を回避するため、翌日の18:00から26:00まで最大1Mbpsに制限されます。その後は復旧します。

 

WiMAX+5Gを利用するメリット・デメリット

以上、

  • 現行のWiMAX
  • WiMAX+5G

のサービスの違いについてまとめてみました。

では、WiMAX+5Gを利用するメリットは何なのでしょうか?デメリットはないのでしょうか?まとめてみました。

WiMAX+5Gを利用するメリット

WiMAX+5Gを利用する最大のメリットは、本来であれば、

  • au 5G網の利用が可能となれば、ユーザーにとって最大のメリットである、通信の高速化や低遅延、より多くの端末が接続できることが期待できる。

ということです。
ただ、現状、au 5Gが利用できるエリアはまだ限定的なので、上記のメリットを享受できる方はごく少数と言わざるおえません。

従って、今のところ、WiMAX+5Gへ移行する他のメリットとしては、WiMAX4G(LTE)網を利用して、

  • スタンダードモードでの月間データ容量が、実質100GB/月 → 150GB/月に拡大。
  • プラスエリアモードのデータ容量が、7GB/月 → 15GB/月へと緩和。
  • スタンダードモードが、プラスエリアモードによる15GB/月の制限を受けることはない。

という、データ容量の制限が緩和されたことが大きいと思われます。

 

WiMAX+5Gのデメリット

最大のデメリットは、まだ、5Gのサービスエリアが限定的でだということです。

他にも、WiMAX+5Gの現在のデメリットとしては、

  • UQコミュニケーションズの「ギガ放題プラス」の月額料金は、4,818円(2年自動更新)あるいは5,005円(期間条件なし)(※)となっており、現行のWiMAXサービスと比較すると高くなっている。

こともあげられます。

(※)加入時には「WiMAX+5Gはじめる割」が適用され、25ヶ月間毎月550円の割引が適用されます。

 

今からWiFiルーターを購入するなら「WiMAX+5G」がおすすめ

WiMAX+5Gのメリット・デメリットをご紹介してきましたが、今WiFiルーターの導入を検討されているなら、WiMAX+5Gの方がおすすめです。

WiMAX+5Gは、現行のWiMAXサービスに高速・大容量の5Gも使えるようにしたものです。また、現行のWiMAXに比べて容量制限も緩和されています。
今、auでも5G網の拡大が進んでいますので、近いうちに5Gも使えるようになることでしょう。

 

 

WiMAX+5Gの詳細

WiMAX+5Gのサービスを利用するためには、

  • 5G対応のWiFiルーターを購入する
  • 回線プラン(ギガ放題プラス)を契約する

ことが必要になります。

まず、WiFiルーターからみていきましょう。

WiMAX+5Gに対応したWiFiルーターには、

の2種類があります。

au5Gサービスエリアについては、こちらでご確認下さい。

ホームルーター Speed Wi-Fi HOME 5G L11

Speed Wi-Fi HOME 5G L11の特長

  • 自宅やオフィス・学校等での使用がメインの、据え置き型のWiFiルーターです。
  • 電源コンセントにつなぐだけ。光回線のように工事が不要なので、その日のうちに使えます。
  • ネットワーク側では、従来のWiMAX2+に加え、au4G(LTE)5G網が利用可能。下りで最大2.7Gbps、上りで最大183Mbpsの超高速通信が可能です。
  • スマホ等の端末と接続する無線LANは、「Wi-Fi 6」にも対応。5GHz帯/最大1,201Mbps、2.4GHz帯/最大574Mbpsと高速通信が可能。
  • HOME 5G L11の管理・設定が容易にできます。スマホで使える「ZTELink JP」をインストールすれば、データ通信量/電波状態の確認/ルータの設定がスマホから可能。

(※1)HOME 5G L11使用時の通信速度は、通信環境と規格により異なります。
(※2)上記通信速度値は、あくまでもスペック上の数値です。

 

Speed Wi-Fi HOME 5G L11の仕様

写真
開発・製造ZTE(中国)
サイズ
(H x W x D)
約182 x 約70 x 約124 mm
重量約599g
UQコミュニ
ケーションズ
での本体価格
21,780円(税込)
(36回の分割購入も可能)
対応
ネットワーク
・5G(sub6/ <sub6・ミリ波>以外の周波数)
・4G LTE
・WiMAX 2+
端末側の
対応している
無線LAN
11a:最大54Mbps
11b:最大11Mbps
11g:最大54Mbps
11n(Wi-Fi4,2.4GHz):最大300Mbps
11n(Wi-Fi4、5GHz):最大300Mbps
11ac(Wi-Fi5)最大:867Mbps
11ax(Wi-Fi6、2.4GHz):最大573Mbps
11ax(Wi-Fi6、5GH):最大1201Mbps
端末側の
セキュリティ
認証なし
WPA2-PSK
WPA2-PSK/WPA3-PSK
端末側の
有線LAN
2ポート
1000BASE-T(ギガビット対応)
100BASE-TX/10BASE-T
電源100-240V、50/60Hz
消費電力9W(最大)
同時接続台数有線LAN:2台
無線LAN:30台

 

モバイルルーター Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの特長

  • 5G対応。超高速・多数同時接続・超低遅延を実現。
  • コンパクトサイズなので、かばんやポケットに入れて持ち運び可能。
  • 受信速度最大2.2Gbps、送信速度最大183Mbpsの5G通信により、これまでにないストリーミングやケーム、ダウンロードが可能に!
  • 5,000mAhという大容量バッテリーを搭載。外出先でも充電切れの心配がなく、朝から夜まで5Gを楽しめます。
  • 見やすい大画面ディスプレイ(約5.3インチの大画面)
  • マルチインフォディスプレイ。データ使用量や設置場所の電波強度を分かりやすいメーター形式で表示するほか、充電中はカレンダー表示、画面の背景が白から黒に変わるダークモードの設定も可能。

 

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの仕様

写真
開発・製造SAMSUNG(韓国)
サイズ
(H x W x D)
約76 x 約147 x 約10.8 mm
重量約203g
UQコミュニ
ケーションズ
での本体価格
21,780円(税込)
(36回の分割購入も可能)
内蔵電池リチウムイオン、3.8V、5,000mAh
連続
待受時間
約790時間(無線LAN未接続時)
約1000分(無線LAN接続時)
対応
ネットワーク
・5G(sub6/<sub6・ミリ波>以外の周波数)
・4G LTE
・WiMAX 2+
端末側の
対応している
無線LAN
IEEE802.11a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5Ghz対応)
端末側の
セキュリティ
オープン
WPA2-PSK(AES)
端末側の
有線LAN
 –
同時接続台数10台

 

WiMAX+5Gの回線プラン

WiMAX+5G」を導入するには、上記のWiFiルーター以外に、UQコミュニケーションズが提供する回線プランも契約する必要があります。

WiMAX+5G」の回線プランは「ギガ放題プラス」と呼ばれるもので、下表のようになっています。

 ギガ放題プラス
 2年
自動更新
(あり・なし)
期間
条件なし
登録手数料3,300円
月額料金4,818円5,005円
WiMAX+5G
はじめる割
(本料金プラン
ご加入で適用)
▲550円(25ヶ月間)
割引適用後4,268円
(25ヶ月間)
4,455円
(25ヶ月間)
プラスエリアモード
ご利用の月
(お申し込み不要)
+1,100円
契約年数2年 なし
契約解除料1,100円0円
支払い方法クレジットカード
口座振替

UQコミュニケーションズの公式サイトから直接お申し込み頂くと、上表の料金が適用されます。

 

例えば、

  • HOME 5G L11(本体価格:21,780円)を36回分割購入
  • ギガ放題プラスは、2年契約自動更新なし

を選択すると、最初の25ヶ月間の月額料金は、

■HOME 5G L11機種代金:605円
■ギガ放題プラス月額:4,818円
■WiMAX+5Gはじめる割:▲550円
■割引適用中の合計月額料金:4,873円(税込)

となります。26ヶ月目以降は、

■HOME 5G L11機種代金:605円
■ギガ放題プラス月額:4,818円
合計月額料金:5,423円(税込)

となります。

 

 

>> UQWiMAXの公式サイトへ

 

 

WiMAX+5Gをお得に契約するには?

WiMAX+5G

  • WiFiルーター(HOME 5G L11もしくはGalaxy 5G Mobile Wi-Fi
  • 回線プラン(ギガ放題プラス)

は、上記UQコミュニケーションズの公式サイト以外にも、

  • UQスポット(UQ専売ショップ)
  • 家電量販店
  • UQWiMAXのプロバイダー(販売代理店)

経由でお申し込みが可能。その中でのおすすめは、UQWiMAXのプロバイダー(販売代理店)です。

 

ここからは、UQWiMAXのプロバイダー(販売代理店)経由で契約する場合について、詳細にみていきます。

メリットとしては、

  • オンラインで契約できる(来店不要、待ち時間なし)
  • キャッシュバックがある
  • WiFiルーターの代金が無料
  • プラスエリアモードの1,100円/月が発生しない(0円)ところが多い

があげられます。

当然、デメリットもあります。

  • 契約期間に縛りがある(1年から3年)
  • 契約期間の途中で解約すると、解約料が発生する。しかも、高額な場合が多い

メリット・デメリットをまとめると、下表のようになります。

プロバイダー(販売代理店)を利用する
メリット・デメリット
メリット
  • オンラインで契約できる(来店不要)。
  • キャッシュバックがある。
  • WiFiルーターの代金が無料。
  • プラスエリアモードの1,100円/月が
    発生しない(0円)ところが多い。
デメリット
  • 契約期間に縛りがある(1年から3年)。
  • 契約期間の途中で解約すると、解約金が
    発生する。しかも、高額な場合が多い。

 

  • UQコミュニケーションズの公式サイトで直接契約するか?
  • プロバイダー(販売代理店)経由で契約するか?その場合、どこが良いか?

をご判断頂くために、必要な情報を以下にまとめてみました。

WiMAX+5Gのプロバイダーとは?

2021年9月現在、WiMAX+5Gは、以下のプロバイダー(販売代理店)経由で契約することができます。

  • ビッグローブモバイル
  • ブロードWiMAX
  • GMOとくとくBB
  • カシモWiMAX

プロバイダーのサービス内容を比較

「WiMAX+5G」WiFiルーターの販売元であるUQコミュニケーションズと各プロバイダーを比較してみました。
料金は、税込です。

(1/2)

 UQ
コミュニ
ケーションズ
ビッグローブ
モバイル
ブロード
WiMAX
HOME 5G L11
の価格
21,780円
(36回分割あり)
21,912円
(24回分割あり)
0円
Galaxy 5G
Wi-Fiの価格
21,780円
(36回分割あり)
21,912円
(24回分割あり)
0円
キャッシュ
バック
なし10,000円
(※1)
5,000円
(※2)
事務手数料3,300円3,300円
3,300円
月額料金

2年自動更新:
4,818円

契約期間なし:
5,005円

 – –
WiMAX+5G
はじめる割
(本料金プラン
ご加入で適用)
▲550円 –▲550円
(24ヶ月間)
月額料金
(割引適用中)

2年自動更新:
4,268円
(25ヶ月間)

契約期間なし:
4,455円
(25ヶ月間)

4,378円
(24ヶ月間)
4,763円
(24ヶ月間)
月額料金
(割引適用
終了以降)

2年自動更新:
4,818円
(26ヶ月目
以降)

契約期間なし:
5,005円
(26ヶ月目
以降)

4,928円
(25ヶ月目
以降)
5,313円
(25ヶ月目
以降)
プラスエリアモード
ご利用の月
(お申し込み不要)
1,100円1,100円0円
契約年数

2年自動更新の
場合:
あり・なし

契約期間なしの
場合:
なし

1年3年
契約解除料

2年自動更新
の場合:
1,100円

契約期間なし
の場合:
なし

1,100円12ヶ月以内:
28,050円
13-24ヶ月:
21,450円
25ヶ月目以降:
14,300円
更新月:
0円
更新月以降:
10,450円
支払い方法クレジットカード
口座振替
クレジットカード
口座振替
クレジットカード
公式サイトこちらこちらこちら

(※1)キャンペーンで実施中。サービス開始日翌月にキャッシュバックされる。
(※2)安心サポートプラス、My Broadサポートの初回加入が必要。キャッシュバックは契約から6ヶ月後。

(2/2)

 UQ
コミュニ
ケーションズ
GMO
とくとくBB
カシモ
WiMAX
HOME 5G L11
の価格
21,780円
(36回分割あり)
0円
0円
Galaxy 5G
Wi-Fiの価格
21,780円
(36回分割あり)
0円
0円
キャッシュ
バック
なし10,000円
(※3)
 –
事務手数料3,300円3,300円3,300円
月額料金

2年自動更新:
4,818円

契約期間なし:
5,005円

 – –
WiMAX+5G
はじめる割
(本料金プラン
ご加入で適用)
▲550円▲671円 –
月額料金
(割引適用中)

2年自動更新:
4,268円
(25ヶ月間)

契約期間なし:
4,455円
(25ヶ月間)

4,631円
(24ヶ月間)
初月:
0円
1ヶ月目:
4,500円
2ヶ月目以降:
4,750円
月額料金
(割引適用
終了以降)

2年自動更新:
4,818円
(26ヶ月目
以降)

契約期間なし:
5,005円
(26ヶ月目
以降)

5,302円
(25ヶ月目
以降)
プラスエリアモード
ご利用の月
(お申し込み不要)
1,100円0円0円
契約年数

2年自動更新の
場合:
あり・なし

契約期間なしの
場合:
なし

3年3年
契約解除料

2年自動更新
の場合:
1,100円

契約期間なし
の場合:
なし

12ヶ月以内:
28,050円
13-24ヶ月:
21,450円
25ヶ月目以降:
14,300円
更新月:
0円
更新月以降:
10,450円

24ヶ月以内:
16,000円
25-36ヶ月:
11,000円
更新月:
0円
更新月以降:
10,450円

更に、
更新月より前に
解約された場合、
端末代金
25,000円
発生します。

支払い方法クレジットカード
口座振込
クレジットカードクレジットカード
公式サイトこちらこちら 

(※3)キャッシュバックの振り込みは、約12ヶ月後になります。

UQコミュニケーションズを含めて各プロバイダー(販売代理店)の

  • おすすめポイント
  • 注意すべきポイント

を下表にまとめてみました。

 おすすめ
ポイント
注意すべき
ポイント
UQコミュニ
ケーションズ
15日間のお試しがで
きる
Try WiMAX
がある。
■契約期間なしが
選べる。
■キャッシュバック等
の特典がない。
■端末代:21,780円
■プラスエリアモード
は、1,100円。
ビッグローブ
モバイル
■KDDIグループの一員
の会社なので安心感が
ある。
■他のプロバイダーと
比べて、契約期間が1年
と短い。
しかも、
解約料も安い。
■サービス開始日翌月
に10,000円キャッシュ
バックされる。
■契約期間1年という縛り
がある(但し、解約料は
1,100円)。
■端末代:21,912円
■「契約期間なし」が提供
されていない。
■プラスエリアモード
は、1,100円。

ブロード
WiMAX
■5,000円のキャッシュ
バック
あり。
■端末代:0円、プラス
エリアモード:0円
■3年契約の縛りあり。
■途中解約料が高価。
■キャッシュバックは、
安心サポートプラス、
My Broadサポートの
初回加入が必要。
GMO
とくとくBB
■10,000円のキャッシュ
バック
あり。
■端末代:0円、プラス
エリアモード:0円
■3年契約の縛りあり。
■途中解約料が高価。
■キャッシュバックの
振込は約12ヶ月後。
カシモ
WiMAX
■端末代:0円、プラス
エリアモード:0円
■キャッシュバック
等の特典がない。
■3年契約の縛りあり。
■途中解約料が高価。
更新月より前に契約を
キャンセルすると、端末
代金(25,000円)も発生!

 

トータル料金で比較してみた

  • 1年間使ってみる
  • 2年間使ってみる
  • 3年間使ってみる

とした場合、トータルの費用を算出し比較してみます。
その前に、プロバイダー別に各料金をもう一度比較してみました。

 UQ
コミュ
(※)
ビッグ
ローブ
ブロード
WiMAX
GMO
とくとく
カシモ
WiMAX
キャッシュ
バック
 –10,000円5,000円10,000円 –
事務
手数料
3,300円3,300円3,300円3,300円3,300円
ルーター
代金
21,780円21,912円0円0円0円
回線の
月額料金
24ヶ月まで
4,628円

25ヶ月以降
4,818円

24ヶ月まで
4,378円

25ヶ月以降
4,928円

24ヶ月まで
4,763円

25ヶ月以降
5,313円

24ヶ月まで
4,631円

25ヶ月以降
5,302円

初月:
0円
1ヶ月目:
4,500円
2ヶ月目以降:
4,750円
プラスエリア
モード
1,100円1,100円0円0円0円
契約
期間

2年自動
更新
あり・なし

1年3年3年3年
解約料1,100円
(2年自動
更新時)
1,100円12ヶ月以内:
28,050円
13-24ヶ月:
21,450円
25ヶ月目以降:
14,300円
更新月:
0円
更新月以降:
10,450円
12ヶ月以内:
28,050円
13-24ヶ月:
21,450円
25ヶ月目以降:
14,300円
更新月:
0円
更新月以降:
10,450円

24ヶ月以内:
16,000円
25-36ヶ月:
11,000円
更新月:
0円
更新月以降:
10,450円

更に、
更新月より前に
解約された場合、
端末代金
25,000円
発生します。

(※)UQコミュニケーションズの場合は、2年契約更新の場合の料金を示しています。

上の表をもとに、トータルの費用を算出してみます。

年間のトータル費用
= 事務手数料
+ ルーター代金
+ 月額料金 x ご利用期間の月数
+ 解約料(※)
– キャッシュバック

(※)途中解約の場合、ルーター代金の残債が発生する場合があります。

で算出しています。

 UQ
コミュ
(※)
ビッグ
ローブ
ブロード
WiMAX
GMO
とくとく
カシモ
WiMAX
1年間81,716円67,748円83,506円76,922円101,050円
2年間136,152円120,284円134,062円125,894円158,050円
3年間193,968円179,420円176,368円168,068円199,050円

(※)2年契約更新の場合で算出しています。
(ご注意)プラスエリアモード代金は考慮していません。

 

WiMAX+5G各プロバイダーの特徴

以上、WiMAX+5Gを販売するプロバイダーを料金的な面から比較してきました。

その他にも、各プロバイダーの特徴をご紹介します。

ビッグローブモバイル

KDDIグループの一員であるビッグローブ(株)が運営しています。

UQコミュニケーションズのWiMAXの販売及びサポート以外にも、格安SIMの販売及びサポートも行う代表的なMVNOとしても知られて、モバイル機器やネットワーク事業に長年携わっている会社です。

キャッシュバックの条件も好意的。サービス開始日の翌月には振り込まれますし、不要なオプションに加入する必要もありません。

1年という契約期間が設定されていますが、他のプロバイダーと比べて短く解約料も1,100円と高くありません。

WiMAX+5Gの料金をみても最安値級なので、おすすめのプロバイダーと言えます。

 会社名ビッグローブ株式会社
所在地〒140-0002
東京都品川区東品川4-12-4
品川シーサイドパークタワー
事業内容インターネット等のネットワークを利用した
情報サービスの提供および、これに付帯
または関連する一切の業務
URLhttps://www.biglobe.co.jp/
お問い合わせ0120-985-962
年中無休
受付時間 9:00~20:00

 

>> ビッグローブモバイルの公式サイトヘ

 

ブロードWiMAX

株式会社リンクライフ(Link Life)が運営するプロバイダーとしてのブランドです。WiMAX以外には、UQモバイルの端末や料金プランの販売及びサポートも行っています。

親会社は、福井県に本社を構える(株)オールコネクト。オールコネクト グループには、(株)グッド・ラックや(株)ネットナビ等があり、グループ全体で販売代理業、MVNO事業、EC/メディア事業等を展開するなど、モバイル関連事業を手広く展開しています。

 会社名株式会社リンクライフ
所在地〒141-0022
東京都品川区東五反田
1-2-33-7F
事業内容インターネット接続サービス
インターネット会員サービス
その他インターネット関連事業
URLhttps://linklife.co.jp/
お問い合わせ専用のフォームに必要事項を
記入して、連絡を待つ方式に
なっています。

 

>> ブロードWiMAXの公式サイトへ

 

GMOとくとくBB

「GMOとくとくBB」は、東証一部上場のGMOインターネット(株)が展開するインターネット・プロバイダー事業のブランド名です。

GMOとくとくBBが生まれて11年、今では、WiMAX製品・サービスの販売・サポート以外にも、ドコモ光やauひかりなどのプロバイダー事業も展開しています。

 会社名GMOインターネット株式会社
所在地〒150-8512
東京都渋谷区桜丘町26番1号
セルリアンタワー
事業内容インターネットインフラ事業
インターネット広告・メディア事業
インターネット金融事業
暗号資産(仮想通貨)事業
URLhttps://www.gmo.jp/
お問い合わせ0120-377-109
年中無休
受付時間10:00~19:00
  

 

>> GMOとくとくBBの公式サイトへ

 

 

そもそも5Gって何?

5Gとは、5th Generation(第5世代)の略で、携帯向け無線通信規格の第5世代という意味です。

現在、広く使われているのは第4世代の4Gですが、

  • 昨今のスマホやタブレットの普及
  • スマホ等で利用されるアプリの大容量化(動画の普及や動画品質の高画質化など)
  • ゲームなどリアルタイム性・高速レスポンスが求められるアプリの普及

などで、通信速度の高速化・大容量化、サポート可能な端末数の増大化、低遅延化が求められるようになってきました。
また、今後、携帯の回線を利用して、家電製品等も含めて様々な機器を回線に接続して高度な利用ができるようにしたり、遠隔医療や車社会への活用(位置情報のリアルタイム化やリアルタイムな交通情報の収集など)にも活かしたいというニーズも増え、次世代の通信規格の普及・整備が求められていました。
このような背景で誕生したのが、この5Gという通信規格です。

繰り返しになりますが、5Gの特長は、

  • 超高速・大容量
  • 低遅延
  • 多数同時接続

です。

とはいえ、現在、この5Gが利用できるエリアは、東京都内やその他大都市の一部に限られます。5Gの拡大と整備が着々と進められていますが、より多くの方がこの5Gの恩恵を受けられるようになるまでには、もう少し時間がかかりそうです。

WiMAX+5Gで利用するau5Gサービスエリアについては、こちらで確認できます。

WiFiルーターの導入を検討されていて、「まもなく5Gが使えそうだ!」という方には、この「WiMAX+5G」はおすすめです。

WiMAX+5Gでも、WiMAX2+と4Gが使えます。5Gのサポートエリア内に入れば、そのまま5Gを使って高速通信が期待できます。

 

現行のWiMAXサービスの詳細は、

WiMAXのプロバイダー4社をUQWiMAX含めて徹底比較。おすすめと選択のポイントは?
WiMAXのプロバイダー(代理店)4社をUQWiMAX含めて徹底比較。おすすめは?月額料金や端末代金、契約期間・解約料にもプロバイダーごとに特徴があります。