WiMAXのプロバイダー4社をUQWiMAX含めて徹底比較。おすすめと選択のポイントは?

WiMAXのプロバイダー4社をUQWiMAX含めて徹底比較。おすすめと選択のポイントは?

リモートワークが推進される中、WiMAXというモバイルWiFiに注目が集まっています。

リモートアクセス技術には、携帯キャリアの携帯網(4G LTE)を利用したサービスもありますが、このWiMAXは、このような携帯網とは異なるデータアクセス網を使って、高速なモバイルアクセスを実現しています。導入数も2000万件を超えており、実績が豊富で安定したモバイルWiFiと言えるでしょう。

そして今では、auやUQコミュニケーションズが提供しているUQWiMAXというブランドで知られたWiMAXのサービスを、多くのプロバイダー(販売代理店)が付加価値を付けて販売。ただ、WiMAXの導入を検討中の方には、どこのプロバイダーと契約するのが良いのか迷われている方も多いのでは?

ここでは、複数のプロバイダーが提供中のWiMAXサービスを徹底比較。いくつかの項目毎におすすめのプロバイダーをピックアップしてみました。

 

WiMAXはここがポイント

WiMAXは、携帯キャリアの4G LTEとは異なるサービスのため、特に初めて導入される方には押さえておきたいポイントが幾つかあります。

ここでは、WiMAXを導入する前に知っておきたいポイントを幾つかまとめました。

WiMAXの電波特性とサービスエリア

WiMAXは、大手携帯キャリアの4G LTEとは違う無モバイルアクセス技術です。「携帯やスマホが使えるから、WiMAXも使えるだろう」は誤りですのでご注意下さい。

WiMAXの特徴(気をつけておくべきこと)として、以下の2点があります。

  • サービスエリアが4G LTEより狭い
  • 電波の届きにくい場所がある

1. 4G LTEと比較してサービスエリアが狭い

既に2000万台以上の実績があるWiMAX。非常に多くの方が利用している実績あるモバイルアクセス技術ですが、スマホや携帯で使用される4G LTE と比べると基地局数が少ないです。そのため、

  • サービスエリアが4G LTEより狭い
  • サービスエリア内であっても、実際にはWiMAXが届かいないエリアがある

ので、ご利用の際には注意が必要です。

総務省の資料、

平成30年度携帯電話・全国BWAに係る電波の利用状況調査の調査結果及び評価結果の概要

の9ページには、各携帯キャリアの基地局数が示されています。それによれば、

  • NTTドコモのLTE/4G基地局数:202,400局
  • auのLTE/4G基地局数:119,100局
  • ソフトバンクのLTE/4G基地局数:126,500局

なのに対し、

  • UQのBWA(WiMAX)の基地局数:63,500局

と、UQWiMAXの基地局数は、各携帯キャリアのそれと比較して非常に少ないことがわかります。

 

■ 4G LTEよりサービスエリアが狭い

実際、auやソフトバンク等の4G LTEとWiMAXのサービスエリアを比較すれば、具体的で分かりやすいでしょう。

例えば、au 4G LTEの石川県・富山県のサービスエリアをみてみると、

UQWiMAXのサービスエリアに掲載されているau 4G LTEから引用)

一方、WiMAXのサービスエリアはどうでしょうか?上記au 4G LTEと同じエリアを見てみると、

UQWiMAXのサービスエリアから引用)

のように、UQWiMAXのサービスエリアが狭くなっています。

ちなみに、ソフトバンクの4G/4G LTE のサービスエリアは、

(ソフトバンクのサービスエリアから引用)

となっています。

 

■ サービスエリア内でも、WiMAXが届かないエリアがある

もう一つの問題は、WiMAXのサービスエリア内であっても電波が届かない空白のエリアが存在しやすいということです。これも、基地局数が少ないことから発生する問題と言えるでしょう。

ただ、具体的に何処が空白のエリアか?は、実際に試してみないと分からないというのが現状です。

 

2. 電波の届きにくい場所がある

WiMAXの特徴の一つに、高速通信が可能というのがあります。

現在の通信速度は下り最大440Mbps、上り最大30Mbpsと大幅に高速・大容量化されています(但し、機器や提供エリアの対応状況により、最大220Mbpsまたは110Mbpsとなります)。

ただ、高速通信が可能な反面、WiMAXの電波の特性として直進性が高いので、窓際で問題なく使えても奥まった室内では使えない、地上で使えても地下街に入ると使えなくなる、といった問題が発生する場合があります。

「サービスエリア内だから問題なく使える!」とはならないので、注意が必要です。

 

3.事前に試してみることが重要!

以上のことから、WiMAXを導入する前の「お試し」「検証」はとても重要です。

幸い、このWiMAXサービスを提供しているUQWiMAXには、「Try WiMAX」という15日間のお試しサービスがあります。他にも、GMOとくとくBBには、20日間のお試しサービスがあります。

サービスエリア内にあっても、WiMAXのWiFiルーターを設置予定の場所が奥まった部屋であったり、ビルの陰になるような場所では、WiMAXの電波をうまく受信できず、「通信速度が出ない」、最悪の場合は「繋がらない」「通信できない」という事態にもなりかねません。

特にWiMAXの場合は、事前の「お試し」が重要です。

 

WiMAXの通信モード

WiMAXには、WiMAX特有の

  • ハイスピードモード
  • ハイスピードプラスエリアモード
  • LTEモード

があります。これらはUQWiMAXの仕様であり、販売代理店であるプロバイダーによって仕様が変わることはありません(但し、LTEモードが有料か無料かは、プロバイダーによって違いがあります)。

 

WiMAXは、既にご説明したように、

  • 4G LTEと比較してサービスエリアが狭い
  • 電波の特性上直進性が高く、奥まった部屋やビルの陰、地下街等で届きにくい場合がある

といった性質があります。

この弱点をカバーする方法として、WiMAX4G LTEを併用するモードが用意されています。下表のハイスピードプラスエリアモード」は、この両者が併用できるモードです。

モードハイ
スピード
ハイスピード
プラスエリア
どのような
モード
WiMAX及びWiMAX2+を
利用するモード。
現在は、WiMAXのサービス
が縮小されているので、
WiMAX2+を利用すること
になります。

WiMAX2+に加えてauの
4G LTEを使えるように
するモード。

対応
通信方式
WiMAX2+WiMAX2+
au 4G LTE
最大速度110Mbps
220Mbps
440Mbps
75Mbps
350Mbps
メリット高速。
ギガ放題」プランであれ
ば、データ容量に制限が
ない。
通信エリアが広がる。
(室内や地下などでも
より使いやすくなる)
デメリット3日10GBの制限がある。
(注)
プランに関わらず
月間7GBの制限
3日で10GBの制限
(注)がある。
ギガ放題プランでも
こちらのモードで使用す
ると、月間7GBの制限が
適用される。

注)「3日で10GB」ってどれくらいでしょうか。こちらをご参照下さい。

LTEモードとは、「ハイスピードプラスエリアモード」が使えるようにするモード(オプション)です。このLTEオプションを使用すると、月額料金以外に1,005円/月の利用料が発生します(プロバイダーによっては、この料金が発生しないところもあります)。

 

データ容量と通信速度の制限

WiMAXを利用する際に気をつけなければならないのが、データ通信容量通信速度の制限です。

上記の「ハイスピードモード」 vs 「ハイスピードプラスエリアモード」の表にあるデメリットにも記載していますが、WiMAXには、2種類の制限があります。

  • 10GB/3日
  • 7GB/月

10GB/3日の制限

3日間で10GBを超えるデータ通信量が発生した時に、概ね1Mbpsの速度制限がかかるというものです。

速度制限がかかる
ご利用データ量
直近3日間で10GB以上(「WiMAX 2+」
と「au 4G LTE」のデータ量の合計)
制限時間3日間で10GBを超えた日の翌日の
ネットワーク混雑時間帯
(18時頃~翌2時頃)
制限後の最大通信速度概ね1Mbps(YouTube動画の標準
画質レベルが視聴可能な速度)

詳細は、UQWiMAXのこちらのページをご覧ください。

 

7GB/月の制限

ハイスピードプラスエリアモード」(LTEモードをオン)で使用した時に、当月の「WiMAX」と「au 4G LTE」の通信量の合計が7GBを超えた場合、当月末までの「WiMAX」及び「au 4G LTE」の通信速度が送受信最大128kbpsに制限されます。

この制限は、翌日の昼ごろから当月末まで128Kbpsに制限され、翌月1日の午前0時まで解除されません。

つまり、月の始めあたりでこの速度制限を受けてしまうと、その月の残りはずーっと128kbpsの速度制限を受けたままの状態。全く使い物にならないWiMAXとなりますので注意が必要です。

尚、WiMAXのみを使用した「ハイスピードモード」(ギガ放題)には、この制限はありません。

 

 

プロバイダー比較の前に知っておくべきこと

WiMAXを導入する方が増えています。同時に、WiMAXのサービスと機器を販売しているプロバイダーも増えてきました。

ここでは、プロバイダー選びで重要なポイントを幾つかまとめました。

全プロバイダーは、UQWiMAXを再販している

WiMAXは、UQコミュニケーションズ株式会社KDDIグループの電気通信事業者)が提供している高速通信が可能な無線アクセスサービスで、UQWiMAXとも呼ばれています。また、利用者が宅内やモバイル環境で使用するWiMAX用のWiFiルーターも、KDDIグループのUQコミュニケーションズからの提供になります。

以下、このページでご紹介していくGMOとくとくBBブロードワイマックスは、プロバイダー(もしくは代理店)と呼ばれ、UQWiMAXのルーターと回線サービスに付加価値を付けて再販しています。

ですので、GMOとくとくBBが販売しているWiMAXも、ブロードワイマックスが販売しているWiMAXも、実はUQWiMAXの回線とルーターであることに変わりはありません。

 

速度とエリアは、プロバイダーに依存しない

従って、どのプロバイダーが提供するWiMAXであっても、WiMAXのサービスエリアやWiMAXの通信速度に違いはありません。

10GB/3日という容量制限もUQWiMAXが実施しているものなので、プロバイダーを代えたからといってこの制限がなくなることはありません。

 

プロバイダー比較の重要ポイントは?

WiMAXのサービスエリアや回線スピード、WiMAXの通信仕様に関しては、プロバイダーによる差はありません。

違いは、料金(月額料金、キャッシュバック、LTEモードの有料/無料など)、お試しサービスの有無、契約期間や契約の縛り、サポートサービスです。

料金に関して

プロバイダーは、他プロバイダーとの差別化を図るために、月額料金を安くしたりキャッシュバックを導入しています。

確かに、月額料金が安いにこしたことはありませんが、料金でプロバイダーを比較する場合は、月額料金以外にもキャッシュバックの有り無し等含めて、2年間のトータル出費で比較すると良いでしょう。

以下でご紹介している「プロバイダー比較」では、2年間と3年間のトータル出費も算出していますので、是非、参考にして下さい。

キャッシュバックの注意点

キャッシュバックにも注意すべきところがあります。
確かに、高額のキャッシュバックは大変有り難いのですが、「裏」のある場合があるのでご注意下さい。

例えば、

  • 高額キャッシュバック適用の条件として、「自分には”不要”と思えるオプションに加入すること」が必要の場合があります。「数カ月後に解約可能!」とあっても、実際数カ月後にはその不要なオプションに加入していた事自体忘れていたということが多く、そのまま不要な料金を払い続けていたということも…
  • 実際にキャッシュバックされるタイミングは、10ヶ月や12ヶ月先!ということも。プロバイダーから通知がなければ、忘れてしまいますよね!

このような高額のキャッシュバックに誘導されないようご注意下さい。気がついたら「不要なオプションを払い続け、且つ、キャッシュバックされることすら忘れていた」とならないように…

サポート等のサービス

トラブルが起きた時の電話の繋がりやすさ、対応の質、レスポンスの良さなどです。実際には、Twitter等の口コミや評判が非常に参考になります。

この他にも、お試しが出来る、契約年数と契約の縛りの有り・無しで比較すると良いでしょう。

■ お試しが出来る

事前のお試しの重要性については、既に説明しました。

プロバイダーの中には、このお試しのサービスを提供しているところがあります。「8日のお試し」を謳っているところもありますが、この「8日間」で本当にお試しが出来るのかどうかは、人によって事情が違ってきますのでご検討ください。

UQWiMAXには、「Try WiMAX」という15日間のお試しサービスがありますので、積極的に活用しましょう。その後の実際の契約は、月額料金の安いプロバイダーと行うことも可能です。

 

■ 契約年数と契約の縛り

WiMAXの契約をプロバイダーと結ぶ際のネックが、この「契約年数」と「契約の縛り」です。

契約年数は3年、しかもその間の途中解約の解約料は高額!となっているプロバイダーが多いです。

技術革新が目まぐるしいスピードで進んでいく昨今、数年後のモバイルWiFi技術の進化を見通すのは難しいです。お住まいの地域で「5G」サービスが始まっているかもしれません。楽天モバイルのアンリミット Vのサービスが始まっているかもしれません。

なので、契約期間はできるだけ短いほうが良いのは言うまでもありません。一番良いのは、解約金なしでいつでも解約できることです。

特に、引っ越し等で途中解約する可能性のある方は、注意されたほうが良いですね。

 

 

UQWiMAX+プロバイダー4社を徹底比較

実は、UQWiMAXを直接提供しているUQコミュニケーションズともUQWiMAXの契約をすることができます。

ここでは、このUQコミュニケーションズ(UQWiMAX)を含めて、以下の5社のプロバイダーを比較してみました。

  • UQWiMAX
  • GMOとくとくBB(「高額キャッシュバック」と「月額低額」の2プランあり)
  • Biglobe WiMAX2+
  • Broad WiMAX
  • カシモ WiMAX

UQWiMAXの回線サービス

まず、UQコミュニケーションズが提供するUQWiMAXの回線サービスについてまとめてみました。

メリット

UQWiMAXを直接販売!

Try WiMAX」で、15日間の
「お試し」ができる。

契約期間が3種類あって
「期間条件なし」も選べる。

解約時の解約料が安い
1,000円以下)

デメリット

プロバイダー経由と比較して、
月額料金が高い。

端末代金が発生する。

利用できる
回線

WiMAX2+
au LTE

通信量

WiMAX2+:ギガ放題
LTE:7GB/月

キャンペーン
キャッシュ
バック

取り扱いルーター
の種類
W06/WX06、
W05/WX05
HOME 02/L02、
HOME 01/L01
ルーター代金
(税抜)
15,000円
送料なし
配送申込み完了後、約1週間。
お試し15日間お試しができる
Try WiMAX
がある。
ギガ放題プラン
ギガ放題
プラン月額
料金(税抜)
2年自動更新あり・なし:
3,880円
期間条件なし:
4,050円
7GBプラン
7GBプラン料金
LTEオプション○(1,005円/月)
契約期間・2年自動更新あり
・2年自動更新なし
・期間条件なし
が選べます。
解約料
(税抜)
1,000円
0円(期間条件なしの場合)
事務手数料3,000円(税抜)
2年トータル
(税抜)

2年自動更新あり・なし
111,120円

契約期間条件なし
115,200円

実質月額
(税抜)

2年自動更新あり・なし
4,630円

契約期間条件なし
4,800円

支払い方法クレジットカード
口座振替

 

>> UQWiMAXの公式サイトヘ!

 

WiMAXのおすすめプロバイダーを比較

まず、UQWiMAXプロバイダーを利用するメリット・デメリットをあげてみました。

■ メリット

  • 月額料金が、auやUQWiMAXより安くなるところが多い。
  • モバイルWiFiルーターの端末代金が0円になるところが多い。
  • 特典やキャッシュバックが用意されているところもある。
  • データ容量無制限以外に、7GBのサービスが提供されている。

が挙げられます。

 

一方、デメリットとしては、

■ デメリット

  • 契約期間が3年というところが多い。
  • 契約違約金(解約料)も高く設定されているところが多い。

が挙げられます。

 

UQWiMAXの導入を検討される場合は、以下のおすすめプロバイダーとの契約を検討してみても良いでしょう。

ここでは、

■ GMOとくとくBB(「高額キャッシュバック」と「月額低額」の2プランあり)

■ Biglobe WiMAX2+

■ Broad WiMAX

■ カシモ WiMAX

について、徹底比較してみました。

ご注意)下表は← スワイプ → できます。

メリット・デメリットで比較

 

GMO
高額CB

GMO
月額低額
Biglobe
WiMAX2+
Broad
WiMAX
カシモ
WiMAX
メリット

キャッシュ
バックが高額。

8日間、20日
間のお試しが
できる。

月額料金が
安い。

8日間、20日
間のお試しが
できる。

契約期間が
1年と短い。

解約時の解約
料が安い。

キャッシュ
バックは、
翌月に可能。

月額料金が
安い。

乗り換え
キャンペーン
がある
(注1)

月額料金が
安い。
デメリット

キャッシュ
バックの支払
いは、
約12ヶ月後。

契約期間が
3年と長い。

キャッシュ
バックの支払
いは、
約12ヶ月後。

契約期間が
3年と長い。

端末代金が
発生する。

LTEオプショ
ンは有料。

お試し不可。

契約期間が
3年長い。

解約時の解約
料が高い。

お試し不可。

サポートの
評判が悪い。

契約期間が
3年長い。

解約時の解約
料が高い。

注1)ブロードワイマックスの「乗り換えキャンペーン」とは、現在ご利用中のインターネットサービスの解約解除料として、最大19,000円のキャッシュバックがもらえるというものです。

料金で比較

 

GMO
高額CB

GMO
月額低額
Biglobe
WiMAX2+
Broad
WiMAX
カシモ
WiMAX
取り扱い
ルーター

W06/WX06
HOME 02/L02

W06/WX06
HOME 02/L02

W06/WX06
HOME 02/L02

W06/WX06
HOME 02

W06/WX06
HOME 02/L02
ルーター
代金

0円

0円

どれも
19,200円

0円

0円
キャッシュ
バック
最大
31,500円
(ルーター
に依存)
3,000円15,000円0円0円
ギガ放題
月額
(税抜)
サービス
開始月:
日割り
1~2ヶ月目:
3,609円/月
3ヶ月目以降:
4,263円/月
サービス
開始月:
日割り
1~2ヶ月目:
2,590円/月
3~24ヶ月目:
3,344円/月
25ヶ月目以降:
4,263円/月
サービス
開始月:
0円
1ヶ月目以降:
3,980円/月
サービス
開始月:
日割り
1~2ヶ月目:
2,726円/月
3~24ヶ月目:
3,411円/月
25ヶ月目以降:
4,011円/月
サービス
開始月:
1,380円
1ヶ月目:
1,380円/月
2~24ヶ月目:
3,580円/月
25ヶ月目以降:
4,079円/月
LTE
オプション
0円0円1,005円/月0円0円
初期費用
(税抜)
事務手数料
3,000円
端末代:
0円
送料:
0円
事務手数料
3,000円
端末代:
0円
送料:
0円

事務手数料
3,000円
端末代:
19,200円
送料:
0円

 

事務手数料
3,000円
端末代:
0円
送料:
0円

18,857円の
初期費用
割引あり

事務手数料
3,000円
端末代:
0円
送料:
0円
2年
トータル
(注2)
72,504円78,748円102,720円83,494円

86,720円

3年
トータル
(注3)
123,660円129,904円150,480円131,626円135,668円
2年実質
月額
3,021円3,282円4,280円3,479円3,614円
3年実質
月額
3,435円3,609円4,180円3,656円3,769円
7GBプランなし
7GBプラン
月額
(税抜)
3,609円サービス
開始月:
日割り
1~2ヶ月目:
2,590円/月
3~24ヶ月目:
2,690円/月
25ヶ月目以降:
3,609円/月
 –サービス
開始月:
日割り
1~24ヶ月目:
2,726円/月
25ヶ月目以降:
3,326円/月
サービス
開始月:
1,380円
1ヶ月目:
1,380円/月
2~24ヶ月目:
2,980円/月
25ヶ月目以降:
3,379円/月
 

GMO
高額CB

GMO
月額低額
Biglobe
WiMAX2+
Broad
WiMAX
カシモ
WiMAX

注2)2年間のトータル費用は、月額料金 x 24 +事務手数料+端末代金 – キャッシュバックで計算しています。注3)3年間のトータル費用は、月額料金 x 36 +事務手数料+端末代金 – キャッシュバックで計算しています。

 

料金で比較した場合のおすすめのプロバイダーは?

2年間のトータル出費額(税抜)を計算し、安い順番に並べてみると、

1.GMOとくとくBB 高額キャッシュバックプラン
72,504円

2.GMOとくとくBB 月額料金定額プラン
78,748円

3.ブロードワイマックス
83,494円

4.カシモWiMAX
86,720円

5.Biglobe WiMAX2+
102,720円

6.UQWiMAX(UQコミュニケーションズ)
111,120円

となります。

お試し・契約期間・解約料で比較

 

GMO
高額CB

GMO
月額低額
Biglobe
WiMAX2+
Broad
WiMAX
カシモ
WiMAX
お試し
8日間
20日間

8日間
20日間

契約期間3年
自動更新
3年
自動更新
1年
自動更新
なし
3年
自動更新
3年
自動更新
解約料
(税抜)
1~12ヶ月:
19,000円
13~24ヶ月:
14,000円
25ヶ月以降:
9,500円
(但し、更新月
は0円)
1~12ヶ月:
19,000円
13~24ヶ月:
14,000円
25ヶ月以降:
9,500円
(但し、更新月
は0円)
1~12ヶ月:
1,000円
13ヶ月目以降:
0円
12ヶ月以内:
19,000円
13~24ヶ月:
14,000円
25ヶ月目以降:
9,500円
(但し、更新月
は0円)
12ヶ月以内:19,000円
13~24ヶ月:14,000円
25ヶ月目以降:9,500円
(但し、更新月は0円)

 

■ 契約期間と解約金で比較した場合のおすすめのプロバイダーは?

1.UQWiMAX(UQコミュニケーションズ)
契約期間の有無が選べる1,000円

2.Biglobe WiMAX2+
契約期間1年1,000円

3.GMOとくとくBB 高額キャッシュバックプラン
契約期間3年、最大19,000円

3.GMOとくとくBB 月額料金定額プラン
契約期間3年、最大19,000円

3.ブロードワイマックス
契約期間3年、最大19,000円

3.カシモ WiMAX
契約期間3年、最大19,000円

となります。

支払い方法で比較

 

GMO
高額CB

GMO
月額低額
Biglobe
WiMAX2+
Broad
WiMAX
カシモ
WiMAX
支払方法クレジット
カード
クレジット
カード
クレジット
カード
口座振替
クレジット
カード
口座振替
クレジット
カード
セゾンカード

 

 

WiMAXルーターはどれを選ぶべき?

WiMAXルーターには、大きさ・形状と使い方により大きく2つのタイプがあります。

  • モバイルルーター(小型・軽量。持ち運びが出来る)
  • ホームルーター(据え置き型。主に自宅に設置しAC電源を使用)

UQWiMAXが取り扱っているWiMAXルーターを比較してみました。

 

WiMAXモバイルルーター

形状がスマホ程度の小型・軽量タイプになります。持ち運びができるので、外出先でも使えます。

ご注意)下表は← スワイプ → できます。

 WX06W06WX05W05
写真
メーカーNECプラット
フォームズ
HUAWEINECプラット
フォームズ
HUAWEI
特徴WiFi
2.4/5GHz
同時利用可能
下り最大
1.2Gbps
対応
WiMAX
ハイパワー
対応
下り最大
758Mbps
対応
対応
ネットワーク
WiMAX 2+
au 4G LTE
WiMAX 2+
au 4G LTE
WiMAX 2+
au 4G LTE
WiMAX 2+
au 4G LTE
通信速度
(最大値)
下り:
440Mbps
上り:
75Mbps
下り:
1.2Gbps
上り:
75Mbps
下り:
440Mbps
上り:
75Mbps
下り:
758Mbps
上り:
112.5Mbps
サイズ111×
62×
13.3mm
128×
64×
11.9mm
111×
62×
13.3mm
130×
55×
12.6mm
重量127g125g128g131g
連続
通信時間
約11.5時間約9時間約11.5時間約9時間
バッテリー

約630分
(注1)
約540分
(注2)
約10.5時間
(注1)
約540分
(注2)
WiFi2.4GHz:
n/g/b
5GHz:
ac/n/a
2.4GHz:
n/g/b
5GHz:
ac/n/a
2.4GHz:
n/g/b
5GHz:
ac/n/a
2.4GHz:
n/g/b
5GHz:
ac/n/a
同時接続
台数
16台16台16台16台
UQWiMAX
販売価格
15,000円15,000円15,000円15,000円

注1)ハイスピードプラスエリア(HS+A)モードのスタンダード設定時。
注2)WiMAX 2+、スマート設定時

UQWiMAXの場合、どのモバイルルーターも15,000円(税抜)です。

Biglobe WiMAX2+の場合、どのモバイルルーターも、19,200円(税抜)です。

その他のプロバイダーでは、0円です。

 

WiMAX2+ ホームルーター

据え置き型になります。ACコンセントにつないで使用するので、ご自宅での使用となります。

ご注意)下表は← スワイプ → できます。

 HOME
02
HOME
L02
HOME
01
HOME
L01
写真
メーカー

NECプラット
フォームズ

HUAWEINECプラット
フォームズ
HUAWEI
特徴下り最大
440Mbps
下り最大
1.0Gbps
WiMAX
ハイパワー
対応
下り最大
440Mbps
対応
ネットワーク
WiMAX 2+
au 4G LTE
WiMAX 2+
au 4G LTE
WiMAX 2+
au 4G LTE
WiMAX 2+
au 4G LTE
通信速度
(最大値)
下り:
440Mbps
上り:
75Mbps
下り:
1.0Gbps
上り:
75Mbps
下り:
440Mbps
上り:
75Mbps
下り:
440Mbps
上り:
75Mbps
サイズ50×
118×
100mm
93×
178×
93mm
70×
155×
100mm
93x
180×
93mm
重量218g436g338g493g
有線LAN1000BASE-T/
100BASE-
TX×1ポート
10BASE-T、
100BASE-
TX、
1000BASE-
T
(ギガビット対応)
/2ポート
1000BASE-
T/
100BASE-
LANポート:
2台
1000Base-T/
100Base-TX/
10Base-T
WiFi2.4GHz:
n/g/b
5GHz:
ac/n/a
2.4GHz:
n/g/b
5GHz:
ac/n/a
2.4GHz:
n/g/b
5GHz:
ac/n/a
2.4GHz:
n/g/b
5GHz:
ac/n/a
同時
接続台数
20台40台最大22台
(LANポート:
2台、
2.4GHz:10台、
5GHz:10台)
42台
(LANポート×2台、
Wi-Fi
SSID×2×20台)
UQWiMAX
販売価格
15,000円15,000円15,000円15,000円

WiMAXで使用されるWiMAXルーターは、プロバイダー経由の販売含めて上記でご紹介したもの、あるいは型落ちしたルーターになります。

UQWiMAXの場合、どのモバイルルーターも15,000円(税抜)です。

Biglobe WiMAX2+の場合、どのモバイルルーターも、19,200円(税抜)です。

その他のプロバイダーでは、0円です。

 

 

 

2つある料金プラン。どちらがおすすめ?

WiMAXには、大きく2つの料金プランがあります。

  • ギガ放題プラン
  • 7GBプラン

です。

ギガ放題プラン

WiMAX2+という高速通信回線をメインに使用します。LTEモードをオンにしておけば、WiMAX2+が受信できない場合、4G LTEが利用できます。

メリット

  • 10GB/3日のデータ容量制限内であれば、データ容量を気にすることなく無制限に使えます。
  • クラウドSIM方式等に比べると、高速通信が期待できます(但し、電波の受信状態によります)。
  • LTEモードをオンにすれば、WiMAX2+の電波が受信できない時、4G LTEが使える。
  • 10GB/3日で1Mbpsの速度制限がかかっても、翌々日には制限が解除されます(解除のタイミングが早い)。

デメリット

  • このページの最初の方で触れていますが、WiMAX2+4G LTEと比べてサポートエリアが狭いので、導入時には「お試し」を行うなど十分な検討が必要です。
  • また、場所を移動してWiMAXを使う場合、電波が届かないエリアもあるので要注意(地下街など)。
  • LTEモードをオンにして少しでも4G LTEを使用してしまうと、その月のデータ容量が7GBに制限されてしまいます。またその月は、LTEモードを使用したとして、別途1,005円/月の料金が発生する場合があります(但し、プロバイダーによります)。
  • 10GB/3日を超えた場合は、概ね翌日の18:00~26:00の間、通信速度が1Mbpsに制限されます。

 

7GBプラン

毎月のデータ容量を7GBに制限したプランです。

メリット

  • ギガ放題プランより月額料金が安い。
  • WiMAXのみでは通信出来ない時、4G LTEが使える。

デメリット

  • WiMAXのみでは通信出来ない時、4G LTEが使えるというメリットがありますが、月間最大7GBまでしか使えません。
  • 少しでも7GBを超えてしまうと、翌月1日の午前0時まで通信速度が128kbpsに制限されたまま(当月中は解除されません。)。

 

おすすめは、「ギガ放題」

以上、「ギガ放題プラン」と「7GB/月プラン」のメリット・デメリットを比較してもお分かりの通り、おすすめは「ギガ放題プラン」です。

ただ、場所を移動して使用しWiMAXの電波の受信状態が思わしくない場合は、LTEモードをオンにして使用する必要があり、プロバイダーによっては、別途料金が発生してしまうのでご注意下さい。

 

 

WiMAXのよくある質問

WiMAXのメリット・デメリットは?

WiMAXのメリットは、

  • WiMAXの電波状況が良ければ、4G LTEと比べて高速通信が可能。
  • 「ギガ放題」プランの場合、3日間で10GBを超えなければ使いたい放題。
  • 3日間で10GBを超えても、制限される通信速度は1Mbpsなので、動画以外はそこそこ使える。
  • UQWiMAXの「Try WiMAX」で導入前のお試しができる。

一方、WiMAXのデメリットは、

  • 携帯キャリアの4G LTEと比べると、サービスエリアが狭い。
  • WiMAXの電波は直進性が高いので、奥まった部屋やビルの陰にあたるところ、地下街等では、通信速度が低下したり、最悪、通信できない事態に陥る場合がある。
  • ハイスピードプラスエリアモード(WiMAXと4G LTEの併用モード)で少しでも4G LTEを使用してしまうと、「ギガ放題」プランでも月間の使用量が7GBに制限されてしまう。

 

ルーター設置の注意点

WiMAXのデメリットは、4G LTE と比べてサービスエリアが狭いことです。

また、電波の特性上直進性が高いので、奥まった部屋やビルの陰にあたるところでは受信できない可能性があります。しかも、ホームルーターの場合、AC電源を使用するので設置場所が限られてしまいます。設置場所には気を使う必要があります。

UQコミュニケーションズのUQWiMAXの「Try WiMAX」等を利用して、導入前に「お試し」されることをおすすめします。設置可能な場所の確認とそこでの通信速度を把握して下さい。

 

10GB/3日の制限とは?

WiMAXを「ギガ放題」で使用した場合のデータ使用量の制限です。10GB/3日を超えて使用すると、概ね翌日の18:00~26:00の間、通信速度が1Mbpsに制限されます。それ以降は、通常通り使えるようになります。

 

ハイスピード+エリアモードとは

ハイスピード+エリアモードは、「WiMAXは4G LTEと比べてサービスエリアが狭い」というデメリットをカバーするために生まれた、WiMAXと4G LTEを併用して使用できる通信モードです。

WiMAXは、地下街等に入ってしまうと受信できなくなる場合があります。そのような時に「LTEモード」をオンにしてこの「ハイスピードプラスエリアモード」を使えるようにしておくと、4G LTEで通信できるようになります。

但し、4G LTEを少しでも使用してしまうと、その月のデータ使用量は7GBに制限されてしまうのでご注意下さい。また、プロバイダーによっては、月額料金とは別に、1,005円/月の料金が発生してしまう場合があるのでご注意下さい。

 

 

WiMAX2+とW06を試してみた

WiMAX2+の電波はauの携帯(4G LTE)と異なり、最適な電波をつかめる場所を見つけ出すのが難しいと言えます。

場所によっては電波の届かないところがあったり、電波が届いても微弱なため通信速度が遅いといった問題が発生しがち。従って、事前に「お試し」されることをおすすめします。

このサイトの管理人である私も、実際にWiMAX2+のW06ルーターを契約して実際に試してみました。

評判や口コミとしてまとめてみましたので、以下の記事を、是非、ご覧ください。

WiMAXの評判や口コミは?実際に使って徹底評価してみた!
WiMAXの評判や口コミです。実際にWiMAXルーターのW06を契約してお試ししてみました。併せてネットの評判や口コミも徹底レビュー。導入前にしっかり押さえておくべきポイントもまとめています。

 

 

おすすめプロバイダーはこれ!

料金で比較した時のおすすめプロバイダーは?

2年間のトータル出費額(税抜)を計算し、安い順番に並べてみると、

1.GMOとくとくBB 高額キャッシュバックプラン
72,504円

2.GMOとくとくBB 月額料金低額プラン
78,748円

3.ブロードワイマックス
83,494円

4.カシモWiMAX
86,720円

5.Biglobe WiMAX2+
102,720円

6.UQWiMAX(UQコミュニケーションズ)
111,120円

となります。

 

お試し・契約期間・解約料で比較した時のおすすめプロバイダーは?

1.UQWiMAX(UQコミュニケーションズ)
契約期間の有無が選べる1,000円

2.Biglobe WiMAX2+
契約期間1年1,000円

3.GMOとくとくBB 高額キャッシュバックプラン
契約期間3年、最大19,000円

3.GMOとくとくBB 月額料金低額プラン
契約期間3年、最大19,000円

3.ブロードワイマックス
契約期間3年、最大19,000円

3.カシモ WiMAX
契約期間3年、最大19,000円

となります。

 

 

まとめ

月間のデータ容量が30GBでも50GBでも足りない!というヘビーユーザーの方が増えています。

主に、動画や映画の視聴、ゲーム等が主な使い方だと思われますが、スマホの携帯回線では料金が高すぎるし通信速度が遅いという不満がありました。

そのようなヘビーな使い方をされる方には、固定の光回線を導入するという選択肢があります。しかし、そもそも設置できない、工事が大変、直ぐに光回線を引けない等の理由から、光回線の導入を諦める方も多いようです。

そんな方々におすすめしたいのが、ここで取り上げたWiMAXを利用したモバイルWiFiです。

WiMAXには、

  • 設置・導入が簡単。設定がほとんど不要、すぐに繋がる
  • 月額3,000円程度の料金から使える
  • 自宅だけでなく外出先でも使える
  • WiMAX回線サービスに付加価値を付けて再販するプロバイダーが多い

等のメリットがあり、今、注目を浴びています。

「契約の縛り」や「速度制限」を設けているプロバイダーもありますが、選択肢は多数あります。

このページの内容を、モバイルWiFiプロバイダー選びに活かして頂ければ幸いです。