UQモバイルの評判・口コミってどう?料金や通信速度などを徹底調査!

UQモバイルの評判・口コミってどう?料金や通信速度などを徹底調査!

格安SIMの中でも評判の良さでひときわ目立っているのが、このUQモバイル

TVのCMが大々的に放映されているというのもありますが、auサブブランドでもあることから、UQモバイルは、通信速度や通信の安定性でも評判が良いようです。

また、2021年1月13日に発表された「くりこしプラン」(スタートは、2021年2月1日)も、なかなかの高評価。

では、UQモバイルに死角はないのでしょうか?UQモバイルの評判や口コミを徹底的に調べてみました。

 

>> UQモバイルの公式サイトへ!

 

UQモバイルのメリット・デメリット

まず、UQモバイルのメリット・デメリットをみてみましょう。

UQモバイルのメリット

格安の新料金プランがスタート!

UQモバイルのスマホ向け新料金プラン(くりこしプラン)で、更に料金が値下げされました。

特に、くりこしプラン「S」では、3GB/月で1,628円(税込)と超格安。しかも、余ったデータ容量は翌月に繰り越せるというのも魅力です。

 くりこし
プラン
S
くりこし
プラン
M
くりこし
プラン
L
基本
データ容量
3GB15GB25GB
余ったデータ容量は、翌月に繰り越しできます!
月額料金
(税込)
1,628円2,728円3,828円
容量超過時
及び
節約モード
通信速度
最大
300kbps
最大
1Mbps
最大
1Mbps
節約モードなら、どれだけ使ってもデータ消費量ゼロ!
通話

別途、22円/30秒の通話料金が発生しますが、
以下の通話オプションが用意されています。

  • 最大60分/月の定額:550円/月(税込)
  • 国内通話10分かけ放題:770円/月(税込)
  • 国内通話かけ放題:1,870円/月(税込)
2年縛りや
契約解除料

なし

 

UQモバイルの場合は、上記の月額料金がそのままずーっと適用されるのも有り難いですね!(2年目以降値上がりするようなこともありません)。

 

60歳以上の方に特におすすめ!

60歳以上のシニア層を対象に、「国内通話し放題」のオプション料金(1,870円/月、税込)が、

  • 2ヶ月目~6ヶ月目:無料
  • 7ヶ月目以降:770円/月(1,100円/月オフ)

となるプランがあり(但し、機種が限定されます)、大変おトクです。

「遠方に住んでいる子供や孫との通話が殆ど!あとは、LINEやニュースをみるくらい」というシニア層の方には、大変有り難いですね!

 

データ節約モードがある

UQモバイルには、「節約モード」というのがあります。

データの送受信速度が、最大1Mbps(プラン「S」の場合は最大300kbps)と低速になるものの、低速でもストレス無く使えるアプリ、例えばSNSや音楽等、のデータ消費量が「ゼロ」になります。

Youtube等の動画の再生には少し無理があるかもしれませんが、普段はSNSや音楽の再生が中心という方にはとても有り難いモードです。

 

以上の他にも、当月データ量が余れば、翌月に繰り越しが出来るというデータ繰り越し」ができるのもいいですね。ワイモバイルにはありません。

 

UQモバイルのデメリット

新しいiPhoneが購入できない

携帯キャリアと比較した場合のUQモバイルの最大のデメリットは、「新しいiPhoneが購入できない」(但し、iPhoneSE2は除く)ということではないでしょうか。UQモバイルで端末セットとして購入できるiPhoneは、iPhoneSE2iPhone8(但し、au certified)のみとなっています。

とは言っても、購入できないだけ。

最新iPhone含めてiPhone11、iPhpneXは、Apple StoreやAppleの実店舗でSIMフリーのiPhoneを購入できます。既にUQモバイルで動作確認済ですので、問題なく使用することができます。

 

ガラケーが使えない

「軽い」「バッテリーの持ちが良い」「2つ折りだからアゴに挟んで使える」など、携帯電話を通話中心で使用するガラケーユーザーには、UQモバイルは利用できません。

「持ち込み」が出来ないし「ガラケー」タイプの端末の販売もないからです。

ガラケーにこだわりのある方は、ワイモバイルのご利用をおすすめします。

 

データ通信で「3G回線」が使えない

こちらも、携帯キャリアと比較した場合のデメリットになります。他のMVNOもデータ通信で「3G回線」は使用できません。

UQモバイルは、auから「4G LTE」という高速回線を借りていますが、3Gの回線は借りていません。従って、電波の入りにくいところや地方にいくと、圏外になってしまうことがよくあるようです。

アウトドアで山や海に出かける機会の多い方や、地方出身の方で地元に帰省した場合、データ通信が出来なかった(例えば、Webが閲覧できない等)といった問題が発生するかもしれません。

ただし、通話に関しては、3G回線も使っているので上記のような問題は起こりにくいです。

携帯キャリアでは、既に「3G回線のサポート終了予定」を表明しています。

キャリアサービス終了時期発表詳細
NTTドコモ

2026年3月末

こちら
KDDI(au)2022年3月末

こちら
ソフトバンク2024年1月下旬

こちら

なので、それ程大きなデメリットとは言えないでしょう。

 

通信速度の制限

これは、「3日間のデータ通信量が6GB以上になると通信速度を制限する」というものです(公式サイトには細かい文字で記載されています)。

速度制限の解除につきましては、直近3日間の通信量が「6GB」を下回った翌日に解除されるようです。

 

UQモバイルのもっと詳しい情報は、

UQ mobile(UQモバイル)の格安SIM。auの4G LTEで高速通信を!
UQ mobile(UQモバイル)が提供する格安SIMのプランやサービスについて。auの4G LTEを使用した高速通信が可能、キャンペーンも豊富でWi-Fiサービスも。

 

次からは、実際のUQモバイルの評判や口コミです。

 

 

良かったという評判・口コミ

評判や口コミで特に多いのが、

に関するものです。この3点について徹底的に調べてみました。

まず、料金プランに関する評判や口コミをみてみましょう。

 

UQモバイルの料金プランについて

その前に、UQモバイルの料金って、

  • キャリアであるauと比較してどうなの?
  • 他のMVNOと比較してどうなの?

は、最初にチェックしておく必要があります。

まず、auメインブランドと、UQモバイルの新しい「くりこしプラン」の料金比較です。新ブランドの「povo」も加えてあります。

NTTドコモソフトバンクのメインブランドの料金は、上記auとそれ程の差はありません。

上記グラフから、10GBまでを拡大したのが下のグラフになります。

auメインブランドUQモバイルでは、その料金差がかなり大きいことがお分かり頂けると思います。UQモバイルauの1/2以下です。

ただ、25GB超の大容量になると、auのメインブランドがおすすめになります。

povoとの比較では、3GBまではUQの方が安いですが、3GB ~15GBまでは同じ料金となっています。

 

次に、au回線を扱っている他の格安SIMと比較してみました(↓↓)。

他の格安SIMと比較すると、UQモバイルは決して安い方ではありません。料金だけでみるなら、IIJmioイオンモバイルの方が安いです。

以上のことを踏まえて、以下の評判や口コミを見ていただくと分かりやすいと思います。

良かったという評判

まず、料金に対する評判や口コミをみてみましょう。

(Twitterより引用。実際のツイートは、こちら

 

(Twitterより引用。実際のツイートは、こちら

 

(Twitterより引用。実際のツイートは、こちら

 

(Twitterより引用。実際のツイートは、こちら

 

このように、データ容量が10GB/月程度までであれば、「3大携帯キャリアの時と比較して、通信料金を大幅に削減できた」と多くの方が喜ばれています。

 

通信速度に関する評判・口コミ

MMD研究所「2019年3月格安SIMサービス通信速度調査結果」や、RBB SPEED TESTの結果をみても、UQモバイルの通信速度は、他のMVNOと比較して優れていることがお分かりでしょう。

実際、以下のUQモバイルを利用されている口コミをみても、評判が良いのが分かります。

良かったという評判・口コミ

■ 通常モードでの通信速度は?

(Twitterより引用。実際のツイートは、こちら

 

(Twitterより引用。実際のツイートは、こちら

 

(Twitterより引用。実際のツイートは、こちら

 

(Twitterより引用。実際のツイートは、こちら

 

このように、通信速度に関しても、他のMVNOよりは評判が良いようです。

数年前までは、UQモバイルauから携帯回線を借り受けていたので、auと比較すると通信品質が劣ると言っても過言ではありませんでした。しかし、auのサブブランドになってからは、より安定した通信品質のサービスを提供しているようです。

 

■ 節約モードでの通信速度は?

UQモバイルには、節約モードというのがあります。SNSやWebブラウジングなど、低速でもストレスなく閲覧できるものはこの「節約モード」に切り替えて、データ消費量を「ゼロ」にすることができます。

では、この「節約モード」の通信速度は?

くりこしプラン「S」では最大300kbpsとなっていますが、くりこしプラン「M」「L」では最大1Mbps

では、この最大1Mbpsという通信速度はどのような感じなのでしょうか?

(Twitterより引用。実際のツイートは、こちら

 

(Twitterより引用。実際のツイートは、こちら

 

このように、この節約モードも好評のようですね!

 

サポートに関する評判や口コミ

UQモバイルに限らず、携帯キャリアや他の格安SIMでも、サポートに関する評判や口コミは分かれます。良かったという口コミもあれば悪いという口コミも…

結局は、サポートしてくれるスタッフの対応力(受け答えや知識など)次第のようです。

良かったという評判や口コミ

(Twitterより引用。実際のツイートは、こちら

 

(Twitterより引用。実際のツイートは、こちら

 

良かったという評判や口コミのまとめ

2020年6月1日に新プランが始まって、UQモバイルの評判や口コミがさらに良くなってきているようです。

比較されるのが、

まず、楽天モバイルの「UN-LIMIT(アンリミット)との比較ですが、

  • UN-LIMIT(アンリミット)は、まだサービスエリアが限定的。それに対しUQモバイルの回線はauなので、ほぼ全国的に使える。
  • UN-LIMIT(アンリミット)では、iPhoneがまだサポート外。それに対しUQモバイルでは、ほとんどのiPhoneが使える。

などの優位性があります。

ワイモバイルとの比較については、

  • データアクセスをメインで使うのであれば、UQモバイルが有利。月額料金が安い、余った容量を翌月に繰り越せるなどのメリットがある。

といえます。

ワイモバイルとの比較は、

ワイモバイルとUQモバイルの違いを徹底比較。おすすめはどっち?
ワイモバイルとUQモバイルを徹底比較してみました。両社の新しいプランは非常によく似ていて分かりやすくなっていますが、微妙に違うところがあります。通話中心の方はワイモバイル、データ通信が中心の方はUQモバイルがおすすめです。

でも詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

 

 

あまり良くない(悪い)評判・口コミ

何を比較対象にするかにより評判や口コミは違ってきます。

  • 他の格安SIMと比較した場合、良くない・悪いという評判や口コミは殆どありません。強いてあげれば、「料金が特別安いという訳ではない」というくらいです。
  • 3大キャリアと比較した場合、通信速度が遅くなるという方がいますが、格安SIMという位置づけからこれは仕方ありません(auのサブブランドになって、この問題は改善されているようです)。

このように、悪い口コミがあまり無いUQモバイルですが、敢えて、ここは改善してもらえると有り難いという評判・口コミを挙げてみました。

料金に関して

UQモバイルの料金は、3大携帯キャリアと比べると大幅に安いです。でも、他の格安SIM(MVNO)と比較すると、それほど安くはありません。

(Twitterより引用。実際のツイートは、こちら

 

でも、通信速度や通信の安定性という通信の質で、評価を上げているようですね。

 

サポートに関して

UQモバイルのサポートに関しても、「あまり良くない(悪い)口コミ」が挙がっています。

「サポートの電話がなかなかつながらない」という口コミ以外にも、次のような口コミが挙がっています。

(Twitterより引用。実際のツイートは、こちら

 

(Twitterより引用。実際のツイートは、こちら

 

UQモバイルをおすすめしない人

このようにUQモバイルの評判や口コミを見てきましたが、「良かった」という評判や口コミが殆どで、「悪い」「ここは改善して欲しい」という評判や口コミが本当に少ないと思いました。

ただ、次のような方には、残念ながらUQモバイルはおすすめできません。

1.新しいiPhoneを購入したい方

UQモバイルで購入出来るiPhoneは、今の所、iPhoneSE2 64GB/128GBiPhone 8のみ。iPhoneSE2 256GBやiPhone 12、iPhone 11、iPhone Xといった新しいモデルは購入できません。

但し、Apple Store でSIMフリーのiPhoneを購入してUQモバイルで使用することは、何ら問題ありません。

 

2.データ使用容量が25GBを超えるようなヘビーユーザーの方

UQモバイルに限らず、格安SIM(MVNO)のメリットは、料金が格段に安くなることですが、これは、月間のデータ使用量が小・中規模(おおよそ10GB以下)というライトユーザーの方です。

最近、動画やYoutube等をスマホで長時間視聴する方が増え、「月間のデータ使用量が30GB、50GBは当たり前!」という方も増えてきました。
このようなヘビーユーザー方は、ドコモ、au、ソフトバンクのほうが安くなります。

 

4.LINEID検索、キャリアメールが必要な方

UQモバイルでは、LINE IDの検索機能が使えません。

また、キャリアメール(@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jpのような、今まで3大キャリアでお使いのメールアドレス)も使えません。

 

 

UQモバイルの概要

UQモバイルは、2020年10月よりauサブブランドになり、ネットワーク回線を自ら運営・管理するMNO(Mobile Network Operator)になりました。

これは、ユーザーの伸びに併せて適切なタイミングで回線を拡張したりメンテナンスできるので、より信頼度の高いネットワークサービスを提供できるようなったことを意味します。

また、格安SIM(MVNO)の中で「国内通話かけ放題」の通話サービスを提供している会社でもあります(このサービスを提供しているのは、ワイモバイルUQモバイルの2社のみ)。

UQモバイルの詳細は、

 

 

 

 

UQモバイルお買い得情報

iPhoneSE2がUQモバイルにも登場

UQモバイルが、今大人気のiPhoneSE(第二世代)の販売を開始しました。

iPhoneSE2 64GB(価格は税込)
一括購入:35,640円、24回:1,485円/回、36回:990円/

iPhoneSE2 128GB(価格は税込):
一括購入:47,520円、24回:1,980円/回、36回:1,320円/回

上記価格は、スマホプラン購入(新規及びMNP)時。

詳細は、

UQモバイルでiPhoneSE2を使う。メリットや乗り換え方法について詳しく解説
iPhoneSE2(第二世代)がUQモバイルからも販売されました。最強の組み合わせですが、最大のメリットは何?そして、そのメリットを享受するユーザーとはどんな人かを徹底解説しました。

をご覧ください。

 

 

まとめ

知名度と通信速度や通信の安定性に対する評価が高いことから、UQモバイルに乗りかえる方が多いようです。

格安SIMの中で、とりわけ料金が安いという訳ではありませんが、UQモバイルに乗り換えるだけで通信料が1/2から1/3に抑えられて、そこそこ安定して使えるとなれば、UQモバイルを推さない理由はないですね。

同様のサブブランドという位置づけで、ワイモバイルと比較検討される方もおられるので、下記の参考記事も参考にしてみて下さい。

UQモバイルの公式サイトは、こちらをご覧ください。

 

ご参考記事:

ワイモバイルとUQモバイルの違いを徹底比較。おすすめはどっち?
ワイモバイルとUQモバイルを徹底比較してみました。両社の新しいプランは非常によく似ていて分かりやすくなっていますが、微妙に違うところがあります。通話中心の方はワイモバイル、データ通信が中心の方はUQモバイルがおすすめです。

 

格安SIM(MVNO)のおすすめを徹底比較【2021年最新】。料金・速度・目的別など
おすすめの格安SIM(MVNO)9社を徹底比較しました。料金や通信速度をはじめ通話中心で使いたい、Youtubeを観るならどこ?など、おすすめの格安SIM会社を目的別でもピックアップ。