ドコモ料金が高い!に朗報。テレワーク・動画見放題でも通信費を大幅削減!

ドコモ料金が高い!に朗報。テレワーク・動画見放題でも通信費を大幅削減!

最近、急速に導入が進みつつあるテレワーク。特に、ZoomやSkypeを使ったTV会議は、リモートワーカーには欠かせません。

でも、あまりにも急すぎる導入となったので、スマホをモバイルルーターとして代用されている方も多いのでは?

また、hulu、U-NEXTなどの動画・映画配信サービスも人気を博しています。TVでもそのCMを頻繁に見かけるようになりました。

今ではスマホでも簡単に動画を視聴できるので、映画好きの方には手放せないサービスになってきているようです。

でも、このような長時間に渡るスマホ利用で気がかりなのが、ドコモ料金等の通信料。

動画配信サービスそのものは、月額1,000円程度で視聴できるものの、例えばドコモ料金は月額8,000円(※)近くも掛かってしまい、「高い!」という悲鳴が…

そこで、もっと安くできる代替案はないかと色々と調べてみました。そしてみつけたのが、モバイルWiFiルーターの利用です。

これだと、8,000円/月近くもする高いドコモ料金を、この代替案なら4,000円/月以下にまで抑えることができます。しかも、データ使用量に制限なし!

モバイルWiFiルーターを使用するという代替案で、今までの高かった通信料金を抑える方法をご覧ください。

(※)ギガホ:7,150円/月+5分かけ放題:700円/月の料金

ドコモ料金と格安SIMの料金は?

料金を比較

まず、ドコモ料金格安SIM(ドコモ系)の料金をおさらいしておきましょう。

データ通信容量を10GBまでと10GB以上に分け、ドコモの料金とMVNOの料金をグラフにして比較してみました。

ご注意)下のグラフの料金は、ドコモの場合は「5分通話かけ放題」を加算、MVNOの料金には「10分国内通話かけ放題」の料金を加算しています。

データ容量が0から10GBまでは、格安SIM(MVNO)の料金はドコモの料金の半額位だということがわかります。

 

20GBあたりまではMVNOの料金の方が安いですが、30GB、50GBへとデータ容量が増えるに連れ、ドコモ料金の方が安くなります。

 

料金のレビュー

よく、

  • 格安SIM(MVNO)ライトユーザー向け
  • ドコモヘビーユーザービジネスユーザー向け

と言われていますが、上のグラフをみてもそのことがお分かりだと思います。

問題なのは、

  • 30GB以上と大容量になっていくと、格安SIMが格安ではなくなっていること(つまり、ドコモ料金の方が安い!)
  • でも、安いと言っても8,000円/月近くも掛かってしまう。高い!

最近では、動画配信サービスが人気を博しています。Youtube以外にも、U-NEXT、FODプレミアム、Hulu、dTV、TSUTAYA TVの他、まだまだたくさんあります。

動画のデータ容量は、画質やフレーム数によってデータ通信量が変わるので一概には言えませんが、一般的な画質(480p:SD画質)の場合、1時間で約0.5GB

仮に、スマホで毎日1時間視聴するとすると、1ヶ月で約15GB。HD画質だと、すぐに30GB使用してしまうことになります。

しかも、土日・祝日になると視聴時間はさらに増えるでしょうから、動画・映画好きの方にとって、「1ヶ月30GBから50GBというデータ通信容量は当たり前!」と言っても過言ではないでしょう。

動画配信サービスの月額料金を1,000円、そしてドコモの料金を8,000円だとすると、両方で約9,000円(税抜)。税込みだと約10,000円ですね。高いです!

WiFiを使えるようにと光回線をご自宅まで引き込めば、月額の通信料金は半額近くにはなるでしょう。でも工事が必要になったり設定も必要、場所によっては簡単に導入できないという方も多いと思います。

その点、スマホがあればすぐに簡単に視聴できます。でも、ネックは、ドコモの月額料金。高いです!この料金を代替方法で4,000円近くにまで抑えることができれば、安心して思う存分動画や映画が楽しめるのではないでしょうか!?

何か、良い方法はないものでしょうか?

 

無制限でも5,000円以下に!その裏技とは?

結論から言うと、

  • ネットへのアクセスは、モバイルWiFiルーターを利用。スマホタブレット等からそのモバイルルーター経由で動画・映画を視聴する。
  • 通話には、OCNモバイルONEあるいはLINEモバイルという格安SIM(MVNO)を利用する。

 

という方法です。この組み合わせですと、両方合わせても月額料金を4,000円(税抜)以下にまで抑えることが出来ます。

 

モバイルWiFiって何?

モバイルWiFiルーターとは、

  • ネットへのアクセスには、ドコモ等の携帯回線やWiMAXを利用する。
  • スマホやタブレット等端末とのデータ通信接続は、WiFiを利用。

という小型で軽量の機器です。「どんなときもWiFi」のTVコマーシャルをよく見かけますが、あれです。

詳細は、

モバイルWiFiルーターと回線を徹底比較【2021版】。おすすめはこれだ!
モバイルWiFiのルーターと回線サービスのおすすめを徹底比較。2021年の最新情報をお届けします。携帯キャリア系から新興系のものまで比較してみました。

を是非ご覧ください。

今では、モバイルWiFiルーターにも多くのタイプやモデルがありますが、最近人気なのが、スマホに似た形状のもの(例えば上図)。特徴としては、

  • 月額料金は2,590円からと非常に安い(とくとくBBのWiMAXの場合)。
  • しかも、データ容量は無制限(上限なし)。
  • スマホみたいな形状だから、小型・軽量。持ち運びにも便利。
  • 3大携帯キャリアの回線や実績豊富なWiMAXを利用するので、安心です。

動画や映画の視聴だけでなく、もちろんLINEや通常のネットアクセスにも利用できます。

データアクセス全てをこのモバイルWiFiルーター経由で行えば、下記のように格安スマホにした時のデータ通信容量を最小限に抑えることが出来ます。

 

スマホの通話は格安SIMで!

スマホのもう一つの役割として通話がありますが、格安SIMを利用します。

ドコモ系で一番安いのは、

OCNモバイルONEの1GB1,180円/月

LINEモバイルの05GB1,100円/月

このままでは、通話料金に20円/30秒が発生しますので、必要に応じて「国内通話10分かけ放題」のオプション(OCNモバイルONE850円/月、LINEモバイル880円/月)を追加すると良いでしょう。

 

動画見放題が5,000円以下!

以上をまとめると、

  • 格安SIM(通話と最小限のデータ容量):1,100円1,180円/月
  • 動画・映画等の視聴(しかも見放題)、他のデータアクセスには、モバイルWiFi:2,590円/月から

合計:3,690円3,770円/月(税抜)で、動画・映画の見放題が可能になります。

ドコモのギガホの場合、約8,000円(税抜)でしたので、毎月4,000円以上が節約できることになります。

 

この裏技のメリットは?

  • 月額2,590円からの安い通信費で、動画・映画が見放題。
  • モバイルWiFiルーターは小型・軽量なので、持ち運びに便利。お出かけ先でも動画を楽しめる。
  • 山や海等のアウトドア先で休憩中の時でも、携帯の電波が届けば、映画・動画が思う存分楽しめる。
  • 携帯の電波が自宅の部屋に届いていれば、自宅に光回線等の設置不要。自宅にあるパソコンやタブレットでも動画や映画が視聴できます。

この裏技のデメリットは?

  • スマホモバイルWiFiルーターの2台持ちがちょっと煩わしい。
  • 必要に応じて充電する必要がある。
  • 格安SIMモバイルWiFiで別々の支払いが煩わしいかも。

 

まとめ

テレビのコマーシャルでも、huluやAmazon Prime等の動画配信サービスが頻繁に紹介されていて、人気を博しています。

また、スマホの高性能化により、大きめの画面で高精度の動画視聴も可能になり、スマホで動画や映画の視聴が当たり前になりつつあります。

ご自宅に光回線などの設備が整っていれば、WiFi経由で思う存分視聴出来ますが、場所によっては、光回線が引き込めなかったり工事や設定が発生するので、導入を諦めていた方も多かったのではないでしょうか。

そのような理由で携帯のドコモ回線をそのまま使っていたら、月額料金が8,000円近くにも!

このモバイルWiFiを使えば、工事不要、設定も簡単、そして格安SIMを併用すれば、トータル通信費の月額費を4,000円(税抜)以下に抑えることも可能です。

「高画質の映像が、4,000円以下という通信費でいつでもどこでも楽しめる!」なんて素晴らしいですね!

モバイルWiFiの詳細は、

モバイルWiFiルーターと回線を徹底比較【2021版】。おすすめはこれだ!
モバイルWiFiのルーターと回線サービスのおすすめを徹底比較。2021年の最新情報をお届けします。携帯キャリア系から新興系のものまで比較してみました。

ご覧ください!