格安SIMの通話料を節約して快適に使うテクニックが、これだ!

格安SIMの通話料を節約して快適に使うテクニックが、これだ!

今や、SNSアプリ全盛の時代。スマホを電話(通話用)として利用する頻度は、若い方を中心に減ってきています。

とはいえ、格安SIMの場合、大手キャリアのような「完全なかけ放題プラン」が用意されていないMVNOが殆ど。格安SIMを使用してついつい話し込んでしまうと、後日送られてきた請求書を見てビックリ!思わぬ通話料の高さに驚いてしまったということも…

格安SIMをできるだけ安く使うためにも、通話はできだけ控える、あるいは、LINE電話やビデオ通話を利用するのが賢い利用方法です。

ただし、どうしても音声通話が必要な場面が出てきます。「まだまだ、スマホは通話中心!」という方が多いのも事実。

そこで、格安SIMで通話料を節約するテクニックをいくつかご紹介します。

 

ガラケー、スマホの通話料のしくみ

まず、ドコモの2021年3月からスタートした新プランの通話料のしくみを見てみましょう。

スマホの場合、月額のデータ通信量が一番少ないギガライト(~1GB)の基本料金は、月額:3,150円(税込3,465円)。
国内通話かけ放題オプション:月額1,700円(税込1,870円)。
合計の月額料金は、4,850円(税込5,335円)となります。

一方、ケータイ(ガラケー)の場合、ケータイプランの月額料金は、1,200円(税込1,320円)。
国内通話かけ放題オプション:月額1,700円(税込1,870円)。
合計の月額料金は、2,900円(税込3,190円)です。

ここで注目したいのが、ドコモの場合、スマホでもケータイでも国内かけ放題オプションが、月額1,700円(税込1,870円)だということ。auやソフトバンクでも、同様のかけ放題オプションが用意されています。

格安SIMの場合、最近では、いろんなタイプの通話かけ放題オプションが出てきて、通話も大変利用しやすくなってきました。しかし、これらのオプションを追加しないと、22円/30秒の通話料金が発生してしまいます。

ドコモの「国内通話かけ放題:月額1,870円」と格安SIMの22円/30秒の通話料を、通話時間で比較してみると、

のように、毎月の合計通話時間が42分以内であれば格安SIMのほうが有利ですが、42分をこえると、ドコモのような「かけ放題オプション」を利用したほうがお得であることがわかります。

通話に関して、格安SIMは不利と言われてきた理由がここにあるのですが、最近では、

  • 1回の通話時間が5分・10分以内であればかけ放題
  • キャリアと同等の完全な国内通話かけ放題

というオプションサービスも出てきて、格安SIMでも、通話料金を節約することが可能になってきています。

 

 

Y!モバイルやUQモバイルの「かけ放題サービス」を利用する

コマーシャルでおなじみ、ソフトバンク系のワイモバイルの格安SIM。非常に人気のようですが、その理由のひとつが、他の格安SIMと違う「通話かけ放題」のサービスにあると言えるでしょう。

Y!モバイルの料金プランは、非常にシンプルで、

□シンプルS(月々最大3GB)
□シンプルM(月々最大15GB)
□シンプルL(月々最大25GB)

の3種類。ただ、これだけだと通話に関しては、22円/30秒の料金が発生してしまいます。

そこで用意されているのが、かけ放題オプション。ワイモバイルには、

  • 国内通話10分かけ放題:770円/月(税込)
  • 国内通話かけ放題(スーパーだれとでも定額):1,870円/月(税込)

があります。

ここで注目したいのは、2番目の「スーパーだれとでも定額」。

このオプションは、シンプルプランに月額1,870円(税込)を追加すれば、通話時間・回数とも無制限になるというもの。携帯キャリアで提供されている「国内通話かけ放題」と同等の通話サービスです。

誰とでも、何時間でも、何回国内通話してもかけ放題という、非常に有り難いサービスです。

3GBのシンプルプラン「S」の月額料金が2,178円(税込)ですので、これに月額1,870円をプラスした月額4,048円(税込)で、24時間国内通話かけ放題が可能になります。

 

また、au回線を利用したUQモバイルも同様のかけ放題サービスを提供しています。

ワイモバイルと似たプランで、

□くりこしプランS(月々最大3GB)
□くりこしプランM(月々最大15GB)
□くりこしプランL(月々最大25GB)

があります。ただし、このプランには、ワイモバイルと同様、国内通話のかけ放題サービスは含まれていません。このままだと、22円/30秒の通話料が発生してしまいます。

そこで用意されているのが、次のような3種類の通話オプション。

  • 最大60分/月の通話パック:550円/(税込)
  • 10分以内の国内通話し放題:770円/月(税込)
  • 内通話し放題:1,870円/月(税込)

くりこしプランS(3GB)の月額料金が1,628円(税込)ですので、これに月額1,870円をプラスした月額3,498円(税込)で、携帯キャリアやワイモバイルと同様の24時間国内通話かけ放題が可能になります。

 

ただ残念ながら、ドコモ回線系の格安SIM(MVNO)で、ワイモバイルUQモバイルのような24時間国内通話かけ放題が可能となるところは、まだありません。

 

ワイモバイルでガラケー!?

ワイモバイルでガラケーが使えるってご存知でしたか?

しかも、通話だけなら月額の通信料は2,000円以下!

詳細は、

ワイモバイル(Y!mobile)でガラケーを使うには?持ち込みは可能?
ワイモバイル(Y!mobile)には、ガラケー端末と通話中心の方のための格安料金プランが揃えてあります。従来のガラケーを持ち込むことはできませんが、あの使い勝手の良い二つ折りが手放せないという方のための機種がちゃんと用意されています。

をご覧ください。

 

シニア層なら通話が格安に!

“スマホの使い道は、遠方にいる子供や孫との通話が中心。ネット利用は、LINE、ニュース、地図をみるくらい。簡単操作できるスマホが欲しい!”

そんなシニア層におすすめなのが、「かんたんスマホ」。

しかも60歳以上なら、かけ放題の通話料1,870円(税込)が、ワイモバイルの場合、ずーっと770円(税込)。

詳細は、

60歳以上で通話がずーっと無料!?ワイモバイルのかんたんスマホってどうなの?
60歳以上の方なら通話無料となるスマホが登場!ワイモバイルのかんたんスマホです。ベーシックプランに端末代金をあわせても、月額3,000円ちょっとから。しかも、60歳以上のシニア層なら、国内通話がズーッと無料。大変お得な格安スマホです。

 

UQモバイルの場合も、大幅割引で使えます。

詳細は、

UQ mobile(UQモバイル)の格安SIM。auの4G LTE+5Gで高速通信を!
UQ mobile(UQモバイル)が提供する格安SIMのプランやサービスについて。auの4G LTEを使用した高速通信が可能、5Gのサービスも加わりました。キャンペーンも豊富でWi-Fiサービスもあります。

 

 

格安でんわ

インターネット回線ではなく、電話回線を利用して安く通話できる通話アプリもあります。

格安でんわと呼ばれるもので、『OCNでんわ』などが代表的です。

電話回線を自動でレンタルして携帯や固定電話にかけるイメージを持つとわかりやすいでしょう。IP通話アプリより通話品質が良く安定していているので、人気が高まっています。

 

OCNでんわ

OCNモバイルONEが提供する格安でんわで、格安SIMの通話でも30秒10円で通話できます。月額935円の「10分かけ放題オプション」に入れば、国内通話は10分以内無料です。

また、OCNモバイルONEも、このOCNでんわを利用した「国内通話かけ放題オプション:月額1,430円(税込1,573円)」サービスをスタートしました。

ただ、これらの通話は電話回線を使用します。格安SIMのうちデータ通信専用SIMでは利用できませんので注意してください。

詳細は、

格安SIMも通話「かけ放題」。必見は、HISモバイル、ワイモバイル、UQモバイル
格安SIMでは、かけ放題プランを提供する会社も増えてきました。中には、HISモバイル、ワイモバイルやUQモバイルのように、完全なかけ放題を提供する会社も現れています。この記事では、格安スマホのかけ放題について解説します。

をご覧ください。

 

 

電話アプリを利用して通話料を抑える!

【2020年4月12日追記】
2020年4月8日、楽天モバイルは新しく「UN-LIMIT」というサービスを開始しました。データ容量無制限、無料で国内通話かけ放題、しかも月額2,980円(税込3,278円)というサービスです。

詳細は、こちら

 

格安スマホのみで生活していくのであれば、第一に通話機能は使わず、待受専用として考えましょう。そのうえで、発信用にはIP電話のアプリを積極的に利用するようにします。

そこで最近注目されているのが、電話アプリです。代表的なサービスに『LINE Out』『050 plus』『LaLa Call』などがあります。

 

これは、専用アプリを使ってインターネット回線を経由した通話をすると、格安スマホの標準通話より大幅に安く利用できるものです。

携帯電話への通話料は1分あたり16.5円前後、固定電話への通話なら3分8.8円程度が相場です。

電話アプリ最大のメリットは、この安さです。反面、携帯回線ではなくインターネット回線を使って通話するというデメリットもあります。通話環境などにより雑音が入ったり、たまに途切れたりすることがあります。

 

LINE Outとは

LINEには、LINEユーザー同士なら無料で使える無料電話があります。

インターネット回線を使用して通話をするため、通話品質はネット環境次第。時には音声が途切れてしまったり突然通話が切れてしまうことも。

実はLINEにはもう一つ、「LINE Out」と呼ばれる電話回線を使用して、携帯電話や固定電話にもかけられる有料の通話サービスがあります。
(ただし警察、消防・救急といった緊急機関などは除きます)

料金プランには、2種類あります。

◆コールクレジット
チャージタイプの料金プランです。チャージされた料金のことをコールクレジットと呼びます。

このプランの通話料金は、携帯電話へ1分あたり14円、固定電話へ1分あたり3円です。

◆30日プラン
30日ごとに料金が発生します。720円コースなら携帯と固定に120分まで、390円コースなら携帯と固定に60分まで、120円コースなら固定のみ60分まで通話できます。

ちなみに30日プラン・390円コースの場合、1分あたりの通話料金は携帯6.5円、固定2円です。

実はこの「LINE Out」には、無料版の「LINE Out Free」というのがあります。無料である分、いくつかの制限が付きます。

  • 電話を掛ける前に、15秒ほどの広告を視聴する。
  • 一日の利用回数は5回まで。
  • 1回の国内通話時間は、相手が携帯電話なら1分、固定電話の場合は3分。

このような制限がついてしまいますが、うまく使いこなせば通話料金を大幅に削減できます。

ご参考:LINE Outとは?

050 plusとは

OCNモバイルONEが提供しています(月額:300円。別にパケット通信料がかかります)。050Plus同士なら無料、携帯へは1分あたり16円、固定電話なら3分8円で掛けられます。

魅力的なのは、050から始まる電話番号を持てること。仕事は携帯電話番号、プライベートなどには050番号と使い分けできます。

無料で留守番電話機能が使えます。伝言を音声ファイル化したメッセージで届けてくれるので、スマホやパソコンから留守電を聞くことができます。不在着信をメールで知らせてくれる機能もあり便利です。

ご参考:OCN 050Plus

LaLa Callとは

オプテージのmineoが運営するIP電話サービスです。月額基本料100円(eo光/mineo契約者なら無料)とリーズナブルに利用できます。

携帯電話へは1分16円、固定電話へは3分8円で、キャリアの通話料金より大幅な節約となります。無料の留守番電話機能や、LaLa Call同士なら最大で30人までテキストや画像がやりとりできるチャットサービスを提供しています。

ご参考:LaLaCall

 

 

通話はガラケーで、通信は格安SIMで!

仕事で頻繁にやりとりするのであれば、大手キャリアのガラケーとこの格安スマホの2台持ちをした方が、通話料を抑え、トータルでスマホ代を安くすることができるでしょう。

というのも、多くの格安SIMの通話料は、上記のように割高(20円/30秒というのが主流)に設定されていますので、「通話はガラケー、データ通信は格安スマホ」と使い分ける方が、一ヶ月あたりのトータルのスマホ料金は安くなるケースが多いからです。

詳細は、

ガラケーユーザーが格安SIMへ乗り換える際のポイント
ガラケーを使ってきたユーザーが、格安SIMへ移行するメリット/デメリット、及び移行する際の端末やMVNO選定のポイントとうについて解説します。

をご覧ください。