auの新ブランドpovo(ポヴォ)の評判や口コミは?メリット・デメリット、移行時の注意点等をご紹介

auの新ブランドpovo(ポヴォ)の評判や口コミは?メリット・デメリット、移行時の注意点等をご紹介

 

 

2021年3月23日、KDDIの新ブランド「povo」のサービスがスタートしました。
これで、KDDIからは、

  • au使い放題MAX4G
    0GB無制限
  • povo
    020GB
  • UQモバイルくりこしプラン
    025GB

という3つのブランドから、サービスが提供されるようになりました。

ここでは、povoの評判や口コミに焦点を当て、そのサービスを深堀りしています。乗り換えや移行時の注意点についても触れています。

povoへの乗り換えや移行を検討されている方は、是非、ご覧下さい。

 

>> povoの公式サイトへ!

 

povoのサービス内容まとめ

povoのネット上の評判や口コミをご紹介する前に、まず、povoのサービス内容について振り返ってみました。

povoのサービス仕様

povoのサービス仕様を下表にまとめました。

大項目項目説明




 

 

 

データ容量最大20GB
容量超過時
の通信速度
最大1Mbps
月額料金2,480円(税込2,728円)
使用回線au網
通話税込22円/30秒
ネットワーク5G(2021年夏予定)/4G
キャリアメールなし
契約申込み手続きオンライン専用。
(店頭での申込み
受付はありません)
各種割引家族割:対象外
auスマートバリュー:
対象外
eSIM対応済

 









国内通話
5分以内かけ放題

税込550円/月

国内通話
完全かけ放題
税込1,650円/月
データ使い放題
24時間
税込220円/24時間
データ追加1GB税込550円/1GB





テザリング○(無料)
国際ローミング提供予定
フィルタリング
(あんしんフィルター
for au)
緊急速報メール/
災害用伝言版


契約事務手数料0円
MNP転出手数料0円
契約解除料0円
au/UQ mobile/
povo間の
移行手数料
0円



支払い方法クレジットカード
(auからpovoに移行され
た場合、auでの支払い
方法の継続可能)

 

povoの料金は?

  • 類似サービスであるNTTドコモのahamo、ソフトバンクのLINEMOとの料金比較
  • KDDIが提供している大容量のau、小・中容量のUQモバイルとの料金比較

の2つの側面から、povoの料金を比較してみました。

ahamo、LINEMOとの料金比較

povoと類似のサービス(データ容量20GBまで)が、NTTドコモソフトバンクからも提供されています。料金をみてみると、

  • NTTドコモahamo2,700円(税込2,970円)。但し、「5分かけ放題」が予め組み込まれています。
  • KDDIpovo2,480円(税込2,728円)。「5分かけ放題」は、別途500円(税込550円)/月必要。
  • ソフトバンクLINEMO2,480円(税込2,728円)。「5分かけ放題」は、別途500円(税込550円)/月必要。

「5分かけ放題」が必要な場合は、ahamoが一番安くなります。

「5分かけ放題」は特になくても良い(通話は、LINE等のアプリで済ませられる)という場合は、povoもしくはLINEMOの方が安くなります。

 

auの使い放題MAX 4G、UQモバイルとの比較

同じKDDIのブランド間で、携帯・スマホサービスの料金を比較してみました。

  • au使い放題MAX4G:0GB ~ 無制限
  • povo:0 ~ 20GB
  • UQモバイルくりこしプラン:0~ 25GB

の3つのブランドで比較してみました。

 

ここでちょっと気になるのが、3GB超 ~15GBの料金です。povoUQモバイル(くりこしプラン「M」)の料金が同じ(どちらも税込月額2,728円)。どちらを選んだら良いのか迷ってしまいます。

どちらにしようか迷われている場合は、下表を参考にして下さい。それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

 povoUQモバイル
くりこしプラン



  • 同一料金で、20GBまで
    は使える。
  • トッピングの「使い放題
    24
    時間:220円」を使え
    ば、その間データが
    無制限で使える。
  • 完全かけ放題オプション
    の料金は、povoの方が
    安い(月額1,650円)。
  • 5G(2021年夏予定)。
  • UQ学割が利用可能。
  • 実店舗でのサポートを
    受けられる。
  • 端末の購入可能。また、
    UQモバイル内で、
    機種変更ができる。
  • 当月余ったデータ量
    を翌月に繰り越せる。
  • auのキャリアメールは
    使えないが、UQモバ
    イルのキャリアメール
    あり。
  • 留守番電話が使える
    (月額418円)。
  • 60歳以上の方は、UQ
    モバイルの方が
    おすすめ!
  • 5G(2021年夏予定)。




  • 学割等の割引なし。
  • 家族割、auスマートバ
    リューの割引なし。
  • 実店舗での申込みや
    サポートが受けられない。
  • 端末の販売がないので
    povo内で機種変更が
    できない。
  • キャリアメールが使え
    ない
  • 留守番電話が使えない。
  • トッピングのような
    オプションはない。
  • データ容量25GBを超過
    すると、容量追加しない
    限り通信速度が最大
    1Mbpsに制限される。
  • 完全かけ放題オプション
    の料金は、UQモバイル
    の方が高い
    (月額1,980円)。
  • 家族割、auスマートバ
    リューの割引なし。

 

povoの特長、「トッピング」とは?

povoのご利用に合わせて、自由に追加できるオプションサービスです。料金は、

基本料金(2,728円)+トッピングの料金

となります(複数のトッピングを同時に申し込みことも出来ます)。

povoでは、2021年6月現在、以下の4つのトッピング(オプション)を用意。使い方に合わせて簡単に追加することが出来ます。

  • 5分以内の通話かけ放題:月額500円(税込550円)
  • 国内通話かけ放題:月額1,500円(税込1,650円)
  • データ使い放題24時間:200円(税込220円)/24時間
    (今日は、思いっきり映画を楽しむぞ!という時に便利!)
  • データの追加:500円(税込550円)/1GB
    (20GBを使い切りそうな時に、データ容量を追加!)

 

povo(ポヴォ)のネット上の評判・口コミ

ではここから、既にpovoを申し込んで実際に使っておられる方のネット上の評判や口コミを集めてみました。

当然、「良かったという口コミ」だけではありません。「ここはなんとかして欲しい」「ここは要注意!」といった評判や口コミも投稿されていますので、povoへの乗り換えや移行を検討されている方は、是非、参考にして下さい。

povoの良かったという評判・口コミ

では、まず、povoの「ここが良かったという評判や口コミ」をご紹介します。

povoへの乗り換えはスムーズか?

povoへの乗り換えには、大きく

  • 他社もしくはUQモバイルからの乗り換え
  • auからの乗り換え(番号移行と呼んでいます)

があります。どちらも、具体的なご利用手続き方法は、

povo2.0始動!! 基本料ゼロから始めるオールトッピングプラン|povo2.0
ゼロから、君のやりかたで。 全員に「あなただけ」の最適なプランを。新プランpovo2.0/トッピングが登場 5Gにも対応!

に記載されています。

移行時の注意事項や、povoでご利用頂けないサービスなども記載されています。スムーズな乗り換えや移行を行うためにも、是非、ご一読下さい。

実際の移行は、下のツイッターのツイートにもあるように、スムーズに行えているようです。

 

povoの月額料金は?

携帯キャリアのサービスからpovoに乗り換える最大のメリットは、月額料金が安くなること。

そもそも、povoをはじめahamoLINEMOという新しいサービスが誕生した理由は、高すぎるスマホ・携帯料金にあった訳ですから…

まだサービスが始まって3ヶ月あまりしか経っていないので、実際に料金がどれ位削減出来たかの具体的な例の評判・口コミは少ないですが、このメリットに対する期待感は大きいようです。

 

povoの通信速度は?

povoのサービスエリアは、こちらに記載されているように、人口カバー率99.9%。auで使用されている4G LTE網(5Gの対応は、2021年夏の予定)を使用しています。従って、auと同等の通信速度や安定した通信品質が期待できます。

 

povoのトッピングについて

povo最大の特長が、この「トッピングです。使い方に合わせて、

  • 5分以内の通話かけ放題:月額500円(税込550円)
  • 国内通話かけ放題:月額1,500円(税込1,650円)
  • データ使い放題24時間:200円(税込220円)/24時間
    (今日は、思いっきり映画を楽しむぞ!という時に便利!)
  • データの追加:500円(税込550円)/1GB
    (20GBを使い切りそうな時に、データ容量を追加!)

を追加出来ます。その中でも、データ使い放題24時間」が特に人気のようです。

「今日は一日、映画鑑賞に集中するゾ!」という場合、「データ使い放題24時間:税込220円/24時間」のトッピングを追加して下さい。24時間の間はデータが使い放題になります。しかもわずか220円/24時間で利用できるので、とってもお得です!

 

その他

他には、povoのこんなところも良いという評判や口コミです。

 

povoのここはちょっと?という評判・口コミ

auからpovoへ移行される場合、「auで使えていた機能やサービスがpovoでは使えなくなる」というのが幾つかあります。

代表的なものは、

  • 実店舗のサポートなし(手続きやサポートはオンラインのみ)
  • キャリアメールが使えない
  • 家族割やauスマートバリュー等の割引が使えない
  • 留守番電話が使えない

ですが、他にも幾つかあります。移行される前に「auからpovoへの移行時の注意事項」を必ずお読み下さい。

キャリアメールが使えなくなる

auからpovoに乗り換える(移行する)と、

  • 〇〇@au.com
  • △△@ezweb.ne.jp

というauのキャリアメールが使えなくなるので、ご注意下さい。

また、povoには、独自のキャリアメールは用意されていません。gmail等をお使いいただくことになります。

上記のキャリアメール以外にも、

  • 留守番電話が使えない
  • 端末の販売がない
  • au契約者向けの特典(au PAY カードの年会費無料特典など)が使えない

などの制限がありますので、ご注意下さい。

支払い方法は、クレジットカードのみ

povoの支払い方法は、基本、クレジットカードのみとなっています。auから移行の場合は、auの支払い方法をpovoでも継続できるようですが…

他社からの乗り換えや、UQモバイルからの移行を検討されている方は、ご注意下さい。

 

auのWiFiが使えなくなった

auにご加入時、駅やカフェで公衆無線LAN(au Wi-Fi SPOT)をご利用になっていた方も多いと思います。

とありますが、povoで引き続き「au Wi-Fi SPOT」をご利用になりたい場合は、再設定が必要です。こちらを参照して下さい。

 

povo(ポヴォ)のメリット・デメリット

以上、auからの新しいサービス「povo」のサービス概要や実際に使ってみた方の評判や口コミをご紹介してきました。

改めて、povoメリット(おすすめポイント)・デメリット(ここは要注意)、こんな方におすすめ!をまとめてみました。

povoのおすすめポイント(メリット)

  • KDDIが直接運営・管理しているネットワークを利用。通信速度や安定した通信品質に期待が持てる。
  • 20GBまでは、月額2,480円(税込2,728円)で使える。20GB迄なら、auの使い放題MAX 4Gの半額以下と非常に安いのでお得!
  • 料金体系は、20GB2,480円(税込2,728円)のみ。とてもシンプルで分かりやす料金体系!
  • トッピングを利用すれば、簡単にオプションが追加できる。「今日は1日中映画を楽しむゾ!」という日は、データ24時間使い放題(220円/24時間)のトッピングを追加して下さい。24時間の間、データ容量がカウントされません。
  • 契約の縛りなし。解約料0円、MNP転出料も0円。従って、データ容量が足りない、データ容量が余り気味という場合、au使い放題MAX 4GUQモバイルに、いつでも乗り換え可能!

 

povoのここは注意(デメリット)

  • キャリアメールが使えない。
  • 申込みや契約後のサポートはオンラインのみ。実店頭でのサポート無し。
  • au使い放題MAX 4Gで用意されている家族割auスマートバリューが、このpovoにはない。
  • 留守番電話機能がない。
  • povoには、端末の販売がありません。povo内での機種変更はできません。
  • お申し込みは、20歳以上の個人の方に限られる。

 

povoはこんな方におすすめ!

  • 契約申込みやサポートが、オンラインのみでも問題無いという、デジタル・ネイティブや20代の方。
  • 動画や映画をよく視聴される方。
  • 家族でのご利用ではなく、お一人様での利用をお考えの方
  • auのネットワークを使いたいという方。

 

>> povoの公式サイトへ