LINEMOの評判や口コミから分かったメリット・デメリット。おすすめはこんな方!

LINEMOの口コミや評判から分かったメリット・デメリット。おすすめはこんな方

2021年3月17日、ソフトバンクからLINEMOという、データ容量20GBの新しいサービスがスタートしました。

「日本の携帯料金は高すぎる!値下げの余地が十分ある」と指摘されてきた日本の3大携帯キャリアの料金ですが。遂に、NTTドコモのahamoやKDDIのpovoよりも早く、ソフトバンクがそのサービスを開始。注目を浴びています。

特長は、何と言っても、月間のデータ容量20GBで月額2,480円(税込2,728円)という料金の安さ!携帯キャリアのメインブランドの半額以下!なんですから、指をくわえて見ている訳にはいきません。

でも、単に「料金が安いから!」という理由だけで、安易にLINEMOに乗り換えてしまっては、後々後悔することもあるので、要注意!

その様なリスクを避けるために、ここでは、まず、LINEMOのサービス内容を振り返ったあと、実際にLINEMOを使っている方の評判口コミをまとめてみました。是非、参考にしてみて下さい。

そして、これらをしっかり把握した上で、LINEMOへの乗り換えを検討してみて下さい。

 

LINEMOの公式サイトは、↓↓↓をクリック!

 

LINEMOが990円/3GBミニプランの提供を開始

LINEMOは、2021年7月15日、月額990円ミニプランの提供を開始しました。

  • データ容量:3GB/月
  • 月額容量:990円(税込)
  • データ容量超過時の通信速度:最大300kbps
  • LINEのトークや音声・ビデオ通話においてデータを消費しない

というプランです。

ターゲットとしているユーザーは、
スマホではLINEの利用がメイン。動画や映画はWi-Fi環境で閲覧するので、月間のデータ容量は3GBもあれば十分という方。

20GBのプランと比較してみました。

 ミニプランスマホプラン
月間の
データ容量
3GB20GB
基本料金
(税込)
990円/月2,728円/月
データ容量超過
時の通信速度
300kbps1Mbps
通話料22円/30秒
通話オプション
の割引(※)
LINEギガフリー
(LINEのトークや
音声・動画通話を
カウントしない)

※)5分以内の国内通話定額オプション(月額税込550円)が、加入から1年後まで無料になるキャンペーンです。

 

LINEMOのキャンペーンについて

通話オプション割引キャンペーン

キャンペーン概要

通話オプションに関して、以下の2種類のキャンペーンが実施中です!

  • 5分以内の国内通話が、加入から1年間無料(税込550円/月 -> 1年間無料に!)
  • 国内通話かけ放題「通話定額:月額1,650円」が、1年間税込1,100円/月に!

キャンペーン期間

2021年3月17日(水) ~ 終了日未定

 

PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン

キャンペーン概要

LINEMOスマホプラン(20GB/月プラン)あるいはミニプラン(3GB/月)に乗り換え・新規契約で、最大10,000円相当のPAYPAYボーナスがプレゼントされるキャンペーンです。

  1. スマホプラン(20GB/月)の場合、PayPayボーナス10,000円相当がプレゼントされます。
  2. ミニプラン(3GB/月)の場合、PayPayボーナス3,000円相当がプレゼントされます。
  3. 他社からの乗り換え、新しい電話番号での契約が対象になります。
  4. ソフトバンク・ワイモバイルからの乗り換えは対象外です。

※PayPayボーナスは、譲渡(送金)や出金(払い出し)ができません。また、PayPay公式ストア、ワイジェイカード公式ストアでも利用可能です。

【適用条件】

下記2点の条件を全て満たした方が、キャンペーンの適用対象となります。

  1. キャンペーン申込期間中に、LINEMOに新しい番号又は他社からの乗り換え(MNP)で申し込み、LINEMOの利用を開始(開通)すること。
  2. LINEMOの開通日が属する月の翌々月の料金プランと、申込時点の料金プランが同一であること。

※その他キャンペーンについての詳細は公式HPをご確認くださいませ。

キャンペーン期間

2021年9月10日(土) ~ 終了日未定

 

700万種類以上の対象クリエイターズスタンプが使い放題!

キャンペーン概要

LINEMOを契約の上でLINEスタンププレミアム(ベーシックコース/デラックスコース)をご加入中の方に、LINEポイント240ポイントをプレゼント。

スタンプのみは、月額わずか240円(税込)、スタンプ・絵文字は月額480円(税込)で使い放題!
毎月更新されるいろんなラインナップをお楽しみいただけます。

詳細は、LINEMO公式サイトでご確認下さい。

キャンペーン期間

2021年3月17日 ~ 終了日未定

 

 

LINEMOのサービスについて

冒頭で述べたように、2021年3月17日、LINEMOというデータ容量が20GBの新しいサービスがスタートしました。

まず最初に、LINEMOのサービス内容をおさえておきましょう。

乗り換え」をお考えの方に朗報!

2021年4月1日より、MNP(※)転出手数料無料となりました。
NTTドコモauからLINEMOへのMNPが、更にやりやすくなっています。

※)MNP:Mobile Number Portability。電話番号はそのままで携帯電話会社のサービスを乗り換えること。

 

LINEMOのサービス仕様

まず、LINEMOのサービス仕様からみていきます。

大項目項目説明




 

 

 

データ容量スマホプラン20GB/月
ミニプラン3GB/月
月額料金

スマホプラン(20GB/月):
2,480円(税込2,728円)

ミニプラン(3GB/月):
900円(税込990円)

使用回線SoftBank網
通話20円/30秒
(税込22円/30秒)
利用可能サービス4G/5G
(5Gも無料、但し対応端末必要)
キャリアメールなし
LINEデータトーク/音声通話/
ビデオ通話/スタンプ
は無料
(スタンプは、
2021年夏以降)
契約申込み手続きオンライン専用。
LINE経由
での
お申込みも可能
(店頭での申込み
受付はありません)
各種割引家族割:対象外
おうち割光セット
対象外
データ増量550円/1GB
容量超過時
の通信速度

スマホプラン(20GB/月):
最大1Mbps

ミニプラン(3GB/月):
最大300kbps

eSIM対応済

国内通話
5分以内かけ放題
オプション月額500円
(税込550円)
国内通話
完全かけ放題
オプション月額1,500円
(税込1,650円)





テザリング○(無料)
国際ローミング
フィルタリング
緊急速報メール/
災害用伝言版


契約事務手数料0円
SIM交換/再発行0円
MNP転出手数料0円
契約解除料0円
L
I
N
E


トーク0円
音声通話0円
ビデオ通話0円
スタンプ0円(2021年夏以降)

 

LINEMOの料金ってどうなの?

LINEMOの月額料金を、

  • NTTドコモのahamo、KDDIのpovoとの料金比較
  • ソフトバンク内でのSoftBank(メインブランド)、ワイモバイルとの料金比較

の両面から比較してみました。

ahamo、povoとの料金比較

既に、LINEMOと類似のサービスが、NTTドコモとKDDIからも提供されています。同じ20GBのサービスで、月額料金は、

  • NTTドコモのahamo2,700円(税込2,970円)。予め「5分かけ放題」が組み込まれている。
  • KDDIのpovo2,480円(税込2,728円)。「5分かけ放題」は、別途500円(税込550円)が必要。
  • SoftBankのLINEMO2,480円(税込2,728円)。「5分かけ放題」は、別途500円(税込550円)が必要。

月額料金の面でのahamoLINEMOの違いは、「5分かけ放題」。LINEMOにこのオプションを追加すると、2980円(税込3,278円)となり、ahamoよりも高くなってしまいます。

LINEMOお得情報:

  • 5分以内の国内通話が、加入から1年間無料(550円 -> 1年間無料
  • 国内通話かけ放題(月額1,650円)が、加入から1年間月額税込1,100円に。
  • 2021年7月15日、LINEMOから、ミニプラン3GB/月:月額税込990円)のサービスがスタートしました。
    これは、ahamopovoには無い、低額のサービスです。

 

SoftBank(メインブランド)やワイモバイルとの料金比較

上記2021年3月17日のサービス開始により、ソフトバンク系の携帯・スマホ回線サービスは、

  • SoftBank(2021年3月17日に、新料金プラン「メリハリ無制限」を開始)
  • LINEMO(2021年3月17日に、サービス開始)
  • ワイモバイルシンプルプラン(新料金プランが既にスタート済)

となりました(もうひとつ、「LINEモバイル」がありましたが、3月31日をもって新規申し込み受け付けを終了しました)。

3者の詳細な比較は、

SoftBank、LINEMO、ワイモバイルの新料金プランを徹底比較
LINEMOの登場により、SoftBank、LINEMO、ワイモバイルの新料金プランが出揃い、2021年3月17日、新しいサービスがスタート。ここでは、3ブランドを徹底比較してみました。

をご覧ください。

ここでは、上記3者の料金を比較してみました(但し、割引等を考慮していない料金の比較です)。

SoftBankとは、3/17スタートの「メリハリ無制限」です。
また、上図のLINEMOとは、スマホプランのことです。)

 

割引等を考慮しない料金だけをみると…

上表でお分かりの通り、SoftBankの「メリハリ無制限」と、LINEMOワイモバイルとの間には、大きな料金差があります。単純に料金だけで「良い・悪い」を判断することは出来ませんが、料金面でこれほどの差があることは認識しておきましょう。

 

次に、ワイモバイルとの料金比較です。

まず、3GB以下の月間データ容量では、ワイモバイルが一番安くなっています。

ご注意:
2021年7月15日、LINEMOから3GB/月:月額税込990円の「ミニプラン」の提供がスタートしました。料金だけでみると、3GB以下では、LINEMOミニプランの方が安くなっています。

 

世間では、20GBという数値が独り歩きしている感じがありますが、総務省の「携帯電話料金の低廉化に向けた二大臣会合」第1回会議資料」の3ページ目にあるように、「スマホや携帯電話を利用している方の約50%は、月間のデータ容量使用量は2GB未満」となっています。

なので、「NTTドコモのahamoやKDDIのpovo、あるいはソフトバンクのLINEMOって、安そう?!」と何となく思われている方は、ワイモバイルも検討してみた方が良いかもしれません(是非、現在の「データ使用量」をチェックしてみて下さい。3GB未満なら、ワイモバイルを検討してみる価値あり!です)。

 

3GB超 ~20GBの月間データ量域においては、LINEMOの料金が一番安くなっています。

加えて、LINEMOの場合、LINE経由での音声通話やビデオ通話等が無料で利用できます。従って、20GBというデータ容量は、それ以外に使うことが出来ます。映画や動画を十分視聴できますよ!

とは言っても、3GBとか20GBってどれ位の容量なの?という素朴な疑問が…

そこで、データ容量の多い動画について、通信量はどれ位なのか、どれ位の時間観れるのか調べてみました。

映像
サービス
1時間の
通信量
3GB迄の
視聴
可能時間
20GB迄の
視聴
可能時間
Youtube
(360p)
0.2GB15時間100時間
Amazon
Prime VIDEO
0.6GB5時間33時間
NETFLIX1.2GB2.5時間16時間
参考:
LINE音声通話
18MB
(0.018GB)
166時間1,111時間
参考:
LINEビデオ通話
307MB
(0.307GB)
9.7時間65時間

月間3GBの容量であれば、Youtubeなら15時間/月、NETFLIXなら2.5時間/月視聴することが出来ます。
月間20GBの容量であれば、Youtubeなら100時間/月、NETFLIXなら16時間/月視聴することができます。
(毎週末の土・日曜日にNETFLIXを観るとすると、2時間ずつ(映画なら約1本)鑑賞できることになります)

 

つまり、LINEを毎日使うのは当たり前、LINE経由での音声通話やビデオ通話も当たり前。しかも、Youtubeや映画などの動画も頻繁に観るという方には、このLINEMOはおすすめですね!月額2,480円(税込2,728円)で済んでしまうのですから…。

 

但し、ここは注意!

上表の料金だけをみると、3GB超からはLINEMOの方が、ワイモバイルより安くなっています。

ワイモバイルって、そもそもは格安SIMだったはず!20GB迄と言っても、ワイモバイルの料金の方が安いと思っていたのに、LINEMOより高くなっている。何故?」「ワイモバイルの魅力って何なの?」という声が聞こえてきそうです。

LINEMOワイモバイルの大きな違いの一つに、

  • LINEMOお一人様向き。
  • ワイモバイルファミリー向き。家族でご利用頂くと、家族割学割おうち割が適用できる。シンプルプラン「S」や「M」なら、月額900円(税込990円)から利用可能。

というのがあります。

他にも、両者には下表のような違いがあります。

 LINEMOワイモバイル
(シンプルプラン)
メリット
  • 20GBまでは、同一料金
    で使える。
  • データ容量が3GB超に
    なると、LINEMOの方が
    安い。
  • LINEのトークや音声通話
    ・ビデオ通話が使い放題。
  • 完全かけ放題オプション
    は、LINEMOの方が安い
    (月額1,650円)。
  • 5Gが使える。
  • 新しく「ミニプラン
    (3GB/月:税込990円)が
    スタート。
  • 実店舗でのサポートを
    受けられる。
  • 家族割、おうち割、学割
    が利用可能。
  • 端末の購入可能。また、
    ワイモバイル内で、
    機種変更ができる。
  • SoftBankのキャリア
    メールは使えないが、
    ワイモバイルのキャ
    リアメールあり。
  • 留守番電話が使える
    (無料)。
  • Yahoo!プレミアム
    との連携あり。
  • 60歳以上の方は、
    ワイモバイルの方が
    おすすめ(特典あり)。
  • 5Gが使える。
デメリット
  • 実店舗での申込みや
    サポートが受けられない。
  • 家族割、おうち割、学割
    等の割引なし。
  • キャリアメールが使え
    ない。
  • 端末の販売がないので、
    LINEMO内で機種変更が
    できない。
  • 留守番電話が使えない。
  • Yahoo!プレミアムとの
    連携なし。
  • データ容量を使い切った
    時、容量を追加しない
    限り通信速度が最大
    1Mbpsに制限される。
    (「S」は最大300kbps)
  • 完全かけ放題オプション
    の料金は、ワイモバイル
    の方が高い
    (月額1,870円)。

 

特に、ご家族でLINEMOへの乗り換えを検討されているのであれば、ワイモバイルもじっくり検討されてみては如何でしょうか?

 

ワイモバイルの詳細は、

ワイモバイル(Y!mobile)の強み・弱みと、3通りある申込み・契約方法
ワイモバイル(Y!mobile)の強みと弱みと具体的なサービス内容についてご紹介。実は、ワイモバイルの申し込み・契約方法には3通りあるのをご存知ですか?

 

 

LINEMOの評判・口コミ

2021年2月18日のLINEMOの発表以降、ツイッターには、様々なツイートがあがっています。

その中で、参考になると思えるツイートを以下にご紹介します。

当然、

  • 良かったという評判・口コミ(メリット)
  • あまり良くないという評判・口コミ(デメリット)

がありますので、2つに分けてご紹介します。

LINEMOの良かったという評判・口コミ

まず、良かったという評判や口コミをみてみましょう。

スムーズに乗り換えできた!

他社からの乗り換えも、SoftBank/ワイモバイルからの乗り換えも、それ程難しくはありません。

乗換方法は、

他社からLINEMOへのりかえ(MNP)方法|手続き方法|【公式】LINEMO - ラインモ|格安SIM
MNP(モバイル ナンバー ポータビリティ)を利用して、LINEMOに転入する場合の契約の流れを、利用開始まで説明しています。電話番号を変えずにのりかえたい方はこちらをご確認ください。

に詳しく説明されているので、是非、参考にしてみて下さい。

(Twitterより引用。実際のツイートは、こちら

 

料金が安くなるのは嬉しい!

LINEMOの最大のメリットは、「料金が安くなる!」こと。そして、LINEがフリーで使えること!
これに尽きるようです!

(twitterより引用。実際のツイートは、こちら

 

(twitterより引用。実際のツイートは、こちら

 

(twitterより引用。実際のツイートは、こちら

 

LINEが思う存分使える!

(Twitterより引用。実際のツイートは、こちら

 

LINEMOのあまり良くなかったという評判や口コミ

人によってスマホの使い方やお使いになる環境等が変わってきます。従って、LINEMOに対する感じ方も人それぞれ。「ここは注意しておきたい」と感じる点も人それぞれです。

ここでは、LINEMOに乗り換える上での注意点等をよく知って頂きたいと思いましたので、取り上げる件数を増やしています。是非、参考にしてみて下さい。

主に、以下の点について、「ここは注意しておきたい」という声があがっていました。

  • 店頭でのサポートが受けられない。
  • キャリアメール(○○@softbank.ne.jp)が使えない。LINEMO独自のキャリアメールも無い。
  • 端末の購入ができない。LINEMO内での機種変更が出来ない。
  • Yahoo!プレミアムの対象外
  • セット割(家族割やおうち割等)がない
  • 海外で利用する場合は不利
  • 留守番電話機能がない
  • 支払いはクレジットカードのみ。
  • LINEMOに変えると、「My SoftBank」に入れなくなる。

など。

 

実際のツイートをみてみましょう。

店頭でのサポートが受けられない

LINEMOでは、店頭での契約申し込みの受付やサポートは対象外となっています。

(twitterより引用。実際のツイートは、こちら

 

(twitterより引用。実際のツイートは、こちら

 

Yahoo!プレミアムの対象外

ソフトバンクやワイモバイルをご利用の場合、Yahoo!プレミアムの特典が使えます。一方、LINEMOでは、この特典が除外されるようです。

(twitterより引用。実際のツイートは、こちら

 

セット割がない

ワイモバイルでは、家族割やワイモバ学割、おうち割が使え、シンプル「M」の場合、両割引を適用すると月額900円(税込990円)から利用できます。残念ながらLINEMOには、そのようなセット割引がありません。

(twitterより引用。実際のツイートは、こちら

 

海外で利用する場合は不利

海外出張等で利用する機会が多いという場合は、NTTドコモのahamoをおすすめします。

ahamoの発表資料には、「海外82の国々・地域で、20GBの月間データ容量を追加料金なくご利用いただけます」と書かれています。

LINEMOのサイトにも「国際ローミング無料」と書かれていますが、これは、その先の説明をよく読むと「ローミングオプションが無料」と記載されており、ahamoと同等の「国際ローミングで追加料金なし」ということではないのでご注意下さい。

ソフトバンクやワイモバイルの例から推測すると、LINEMOも、

  • 音声通話は使った分
  • データ通信は1日単位で料金が発生する

という仕組みになっていて、1日あたりで最大2,980円(税込3,278円)の海外データローミング料金が発生するものと思われます(2月末現在)。

また、「LINEMOを契約しても、その後4ヶ月末日までは国際ローミングを使えない」となっている点も注意が必要です。

口コミをみてみましょう。

(twitterより引用。実際のツイートは、こちら

 

留守番電話機能がない

LINEMOでは、サービス開始当初は用意していないようです。今後どうなるかは、今のところ不明です。

(twitterより引用。実際のツイートは、こちら

 

LINEMOがおすすめの方は?

以上、2021年8月時点で分かっているLINEMOについて、ご紹介してきました。

上記の口コミや評判にもあるようなデメリット(ここは注意しておきたい)という点をそれほど気にされない方は、LINEMOはおすすめです。

特に、

  • とにかくスマホ代を節約したいという方。月間データ容量20GBまでが月額2,480円(税込2,728円)で済みます!
  • 契約やサポートは、オンライン専用でも問題ないという方
  • スマホの主な使い方は、LINEや動画(YoutubeやNETFLIXなどの映画)の視聴が主で、それでも月間20GBを超えることはないという方
  • お一人様でのご利用をお考えの方
  • ソフトバンクと同一のネットワークを利用できるなら安心という方

に、LINEMOはおすすめです。

 

 

LINEMOまとめ(メリット・デメリット)

LINEMOのメリット

  1. 【LINEMO 料金プラン】
    スマホプラン 20GB2,480円/月(税込2,728円)
    ミニプラン 3GB: 900円/月(税込990円)
    ※通話料別 時間帯により速度制御の場合あり。
  2. 【LINEのギガ消費なし】
    LINEのデータ通信量を気にせずご利用できる(LINEギガフリー)ので、LINE音声通話やビデオ通話を気にせず楽しめます。
    ※一部ギガフリーの適用外あり 有料サービスは別途支払必要
  3. 【スマホプランなら通信制限にかかっても最大1Mbps】
    月末に通信速度制限にかかっても、最大1Mbpsの速度で利用することができます。
    ※ミニプランのデータ量超過後の通信速度は300kbpsとなります。
  4. 【無料オプション 国際ローミング】
    海外でもスマホが使える国際ローミングを無料オプションでご用意。
    ※別途通信料がかかります。
    ※通信料はご利用される国・地域によって異なります。
    ※新規契約(MNP、ソフトバンク・ワイモバイルからの移行除く)より4ヶ月目の末日まではご利用いただけません。
    ※ご利用開始にはお申込みが必要です。
  5. 【キャリアの安定感での高速通信】
    LINEMOはソフトバンクの回線をそのまま利用。お昼も夕方も繋がりやすい。
    ※時間帯により速度制御の場合あり。
    ※高速大容量5G(新周波数)は限定エリアのみ。
  6. 【eSIM対応】
    契約完了後はQRコードを読み込んで設定完了。
    SIMカード配送を待つ必要なし。
    ※eSIMを利用するためには、eSIM対応の端末が必要です。
  7. 【5Gも使える】
    対応スマホ・エリアであれば別料金なしで利用可能。
    ※高速大容量(新周波数)は限定エリアで提供。
    ※5G通信サービスを利用するためには、5G対応端末が必要です。
  8. 【LINEスタンププレミアム ポイントバックキャンペーン】
    700万種類以上の対象クリエイターズスタンプ使い放題!
    LINEMOスマホプランを契約の上でLINEスタンププレミアム(ベーシックコース/デラックスコース)をご加入の方にLINEポイント240ポイントをプレゼント。
    ※「ミニプラン」は対象外です。
    ※学割プランをご利用の場合は120ポイントになります
    ※LINEスタンプ プレミアムの無料体験期間中は対象外です
  9. 【通話オプション割引キャンペーン】
    5分以内の国内通話が無料になる通話オプション通話準定額」(税込み550円/月) ※1が、スマホプラン加入から1年後まで無料 ※2で利用できます。
    また、通話時間・回数ともに無制限で、国内通話がかけ放題になる通話オプション「通話定額」(税込1,650円/月) ※1は、LINEMO契約から1年後まで月額1,100円(税込)で利用できます。
    ※一部対象外通話あり。
    ※通話準定額における1回あたり5分を超える国内通話は、30秒につき22円(税込)の通話料が別途かかります。
    ※2通話準定額又は通話定額に加入していない月は割引適用されません。オプションに加入していない期間も通算して割引適用期間をカウントします。

 

LINEMOのデメリット

  1. 店舗での申込み・受付がない。
  2. お一人様向きのサービス!家族割、学割、おうち割といった割引サービスの適用なし。
  3. キャリアメールが使えない。
  4. 端末の販売がない。
  5. 留守番電話が使えなし。
  6. Yahoo!プレミアムとの連携がない。

 

 

LINEMOの公式サイトは、↓↓↓をクリック!