格安スマホ・格安SIMのよくある質問!Q&A:基本編

格安スマホ・格安SIMのよくある質問!Q&A:基本編

格安スマホ・格安SIM(MVNO)に関する疑問(良くある質問)をQ&A形式でまとめてみました。

こちらは、これから格安スマホの導入(格安SIMへの乗り換え)を本格的に検討される方向けの、基本的な疑問を集めてみました。

 

キャリアとは何ですか?

ドコモ、au、ソフトバンクという、日本国中に携帯網を展開し直接運用を行っている会社を携帯キャリアと呼んでいます。下記のMVNOに対して、このキャリアのことをMNO(Mobile Network Operator)と呼ぶこともあります。

 

MVNOとは何ですか?

上記のキャリアから携帯網を借り受け、格安のサービスを提供している会社をMVNO(Mobile Virtual Network Operator)と呼んでいます。

MNOと違って、実際には携帯網を所有していません。借り受けながら格安スマホや格安SIMというサービスを提供しているので、Virtual(仮想の)という単語が含まれています。

 

格安SIMとは何ですか?

SIMとは、スマホに挿入する携帯の番号や通信に必要な情報が書き込まれた小さなカードのこと。携帯電話やスマホは、このSIMを機器に挿入して初めて通話や通信が可能になります。

このSIMを提供して格安の通信サービスをユーザーに提供しているという意味で、格安SIMとよんでいますが、格安SIMを提供している会社という意味でMVNOと同義で使うこともあります。

 

格安スマホとは何ですか?

定義が少し曖昧なところがありますが、ここでは、格安SIMを搭載した端末自体を「格安スマホ」と呼んでいます。

時には、格安SIMと格安な端末を合わせて格安スマホと呼んでいるところもあります。

 

MNPとは何ですか?

MNP (Mobile Number Portability) は、MVNOを含めて通信事業者を変更するときに、今まで使用していた電話番号をそのまま継続して使用すること、あるいはそのための手続きです。

詳細は、

キャリアから格安SIM(MVNO)へ乗り換える際のMNPのやり方
ドコモやau、ソフトバンクといったキャリアから、格安スマホ・格安SIMへ電話番号そのままで乗り換えるときには、MNP という手続きをする必要があります。この記事では、MNPの手順を解説します。

をご覧ください。

 

SIMロック、SIMフリーって何ですか?

SIMロックとは、ある携帯会社で購入した端末を、他の携帯会社で流用できないように制限したもの。一方、どこの携帯会社でも使えるように、最初からこの制限をかけていない端末のことをSIMフリー端末と呼んでいます。

日本の大手携帯会社(キャリア)では、ユーザーを獲得するために、スマホ本体の実質価格を大きく割り引いて販売しているため、簡単に他の携帯会社の乗り換えられてしまうと、損失が生じてしまいます。そこでユーザーを囲い込むためにとられた策が、「SIMロック」。

そこで総務省は、2015年5月以降に発表される端末は、ユーザーからの申し出があれば、SIMロックを解除することを義務付けたのです。

従来、携帯会社が販売する端末のほとんどは、このSIMロックのかかったものでしたが、今では、MVNOの興隆とともに要求すればSIMロックの解除が出来ますし、SIMフリー端末が当たり前となりました。

このSIMロックの解除が価格競争やサービス競争に結びつけば、消費者にとってもいいことです。実際のところはどうなのでしょうか。

他の携帯会社に移りやすくなったため、価格やサービスにプラスの影響が期待され、とくに格安SIMへの流入が注目されています。

ただ、格安SIMへ乗り換えるに際して、いくつか注意しなければならないことがあります。

格安SIMへ乗り換える場合、MNPで携帯番号はそのまま移すことができますが、携帯会社が提供するメールサービスは使えなくなります。乗り換えた途端、メールが届かなくなって慌てる人もいますので、必ず普段からやりとりしている人には、LINEやSkypeといった別の通信サービスから連絡しておくことが大切です。

また、格安SIMでは、料金の安さをセールスアピールにするため、最低料金プランが1Gや2Gからといったような、データ通信量が少ないことが特徴です。月額料金の安さに引かれて安易に乗り換えてしまうと、ヘビーユーザーほどデータ量が足らず、追加のデータ購入をする羽目になり、大手キャリアよりかえって高くつく場合もあります。

このように、SIMロック解除義務化は、サービスが多様化するきっかけとしては喜ばしい反面、ユーザーもどのサービスが自分にふさわしいのかを、しっかり判断することが求められるのです。

 

 

iphoneも格安SIMで使えるの?

今では、SIMロックの解除ができるようになったので、iPhoneでも格安SIMで使えるようになっています。キャリアまたぎ(ドコモ -> MVNOのau回線、au -> MVNOのドコモ回線など)も殆どの場合、可能になってきています。

SIMフリー版のiphoneを入手することが出来れば、格安SIMでも利用することができます。

ただ、対応機種やOSのバージョンによっては、上手く動作しない場合がありますので、格安SIMを販売しているMVNOのホームページ等で確認する必要があります。

 

 

格安SIMは、申し込んだらすぐに使える?

格安SIM(MVNO)のサイト経由で購入する場合は、当然、申し込んでからの発送となりますので、少なくとも宅急便などの配送日数は待つ必要があります。また、通話付きのSIMやMNPを契約する場合は、さらに数日必要とします。

実店舗で「データ通信専用の格安SIM」に格安スマホ本体をセットで購入する場合は、多くの場合、その日のうちに使えるようになります。

 

 

格安SIMへの乗り換えでもMNPできる?電話番号はそのまま使いたい

大手キャリアから格安SIMへ乗り換えることで、毎月の通信料金を大きく節約できる可能性が出てきた格安SIM。乗り換えを考えている人も多いことでしょう。

ただ、長年使ってきた今の携帯番号が変わってしまっては、仕事でもプライベートでも大変です。

電話番号をそのまま引き継ぐことは、できるのでしょうか?

結論からいうと、格安SIMでも、今の電話番号を持ったままMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)することができます。MNPは、携帯会社を変えてもこれまでと同じ番号が使えるという制度ですが、その手順は次の通りです。

まず、これから使いたい格安SIMとスマホ端末を決めたら、音声通話プランがあってMNPできるかどうかを、格安SIM会社の公式サイトで確認しましょう。なかでも、スマホ端末がSIMに対応しているかは重要です。SIMフリー、もしくはSIMロック解除できるかをチェックします。

いよいよMNPの作業ですが、利用中の携帯会社で転出手続きをした後、格安SIM会社で転入手続きをします。
この作業は、15日間しか有効期限がないので、気をつけましょう。

①いまの携帯会社から「MNP予約番号」をもらいます。携帯ショップやWEBから申し込むことができます。なお、MNPには、転出手数料が発生します。
②そして、格安SIM会社でMNP予約番号を使った転入手続きを行いましょう。

格安SIMでMNPを利用する場合、もっとも注意したいのは、スマホが利用できない期間が生まれることです。

最近では、実店舗をもったMVNOが増えてきました。とはいえ、まだまだ全国を網羅できる規模にはなっていません。実店舗が近くになくWEBのみの手続きとなるような場合、新規購入なら、SIMが届けばすぐにスマホが使えるようになります。しかしMNPでは、予約番号を取得してから格安SIM申し込みとなるため、どうしても自宅に届くまでの数日というタイムラグが生じます。

連絡ツールとしてスマホしかない人は、気をつけるようにしましょう。

 

 

タブレットでも格安SIMを使いたい

LTE対応、もしくはモバイルデータデータ通信対応の機種で、SIMフリー版と明記してあるものであれば、この「格安SIM」を使用することが出来ます。

スマホとタブレットの2台を一枚のSIMで使用したい場合は、
①SIMカードを差し替えて使用する
②一方をテザリングで使用する
ことで、可能になります。

複数枚のSIMで使いたいという場合、MVNOのプランの中に複数枚のSIMでシェアできるプランがありますので確認してみましょう。

 

 

家族割りみたいなプランは、格安SIMにはないの?

いくつかの格安SIM(MVNO)は、家族割りに近いプランを提供しています。

IIJmio
IIJが提供しているIIJmioの「ファミリーシェアプラン」は、最大10枚のSIMを低価格で使用でき、データ容量の追加も可能になっています。

最初は一人で使っていて、二人目、三人目を追加するような使い方も可能です。詳細は、こちらをご覧ください。

BIGLOBE モバイル
音声通話の3Gバイト以上のプランをご利用の場合、データ通信容量をご家族でわけあえるシェアSIM(最大4枚)の利用が可能です。余ったデータ容量は翌月に繰り越したり、MNPでの転入も可能なプランとなっています。詳細は、こちらをご覧ください。

尚、

格安SIMでおすすめの家族割やファミリープランはどれ?
格安SIMの中には、家族での利用に最適なものがいくつかあります。もしも家族で乗り換えるなら、家族向けのサービスが充実しているものを選ぶと良いでしょう。この記事では、格安SIMでおすすめのファミリーシェアや家族割をご紹介しています。

でも詳しくご紹介しています。

 

 

解約時には、SIMカードの返却が必要?

SIMカードは原則貸出し品で、しかも、格安SIM(MVNO)のものでもなく、通信回線を提供している大手キャリ(NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク)の所有物です。MVNOのホームページには、不要になったSIMカードは返却する必要がある旨をしっかり記載しているところもあります。