iPhoneをワイモバイルで使う。最新iPhoneSE、型落ち・持ち込み機種など徹底解説。

iPhoneをワイモバイルで使う。最新iPhoneSE、型落ち・持ち込み機種など徹底解説。

 

ワイモバイルiPhoneを使いたいという方が増えています。

ここでは、次の3つのパターンに分けてご紹介したいと思います。

  • iPhoneSE2やiPhone11、iPhoneXRなどの新しい機種を使う
  • iPhone7、iPhone6sをワイモバイルで購入して使う
  • 現在使用しているiPhoneを持ち込んで使う

併せて、乗り換えの場合に必要な手順・手続きについてもご紹介しています。

 

>> ワイモバイルの公式サイトへ!

 

新しいiPhoneは、ワイモバイルで買える?

残念ながら、下表に挙げている新しいiPhoneは、ワイモバイルで購入することはできません。オンラインのApple StoreあるいはAppleの実店舗で、SIMフリーiPhoneを購入することになります。

SIMフリー端末なので、ワイモバイルでも問題なく使用することができます。

【2020年8月27日追記】
iPhoneSE2 64GBが、ワイモバイルからも購入可能となりました。128GBモデルについても、9月上旬から購入出来るようになります。

 

下表の価格は、Apple Storeで表示されている税抜価格です。

機種定価
iPhoneSE(2020)

256GB:60,800円

iPhone11 Pro Max64GB:119,800円
256GB:135,800円
512GB:157,800円
iPhone11 Pro64GB:106,800円
256GB:122,800円
512GB:144,800円
iPhone1164GB:74,800円
128GB:79,800円
256GB:90,800円
iPhone XR64GB:64,800円
128GB:69,800円
iPhone XS Max

64GB:106,800円
256GB:122,800円
512GB:144,800円

iPhone XS64GB:96,800円
256GB:112,800円
512GB:134,800円
iPhone 8 Plus

(Apple Storeでの
販売終了)

64GB:62,800円
128GB:67,800円

iPhone 8

(Apple Storeでの
販売終了)
64GB:52,800円
128GB:57,800円

 

このSIMフリーの新しいiPhoneを使用してワイモバイルで新規契約する場合と、電話番号を継続して3大携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)からワイモバイルに乗り換える場合(MNP)とで、必要な手続きをまとめると次のようになります。

項目新規契約MNP
解約タイミング
の見極め
不要。旧プランに加入した
ままの方は必要。
解約料を抑えるため、
まず、旧プランから
新プランへ移行
する。(注)
乗り換えで発生
する費用
不要。最悪10,000円程度
の費用が発生する。
MNP転出
手続き
不要。必要。
SIMロック解除不要。不要。
MNPの
切り換え手続き
通話回線のアクティ
ベートは必要。
必要。
APN設定必要。必要。

注)旧プランとは、2019年9月以前に加入されたもの、新プランとは、2019年10月以降に加入されたプランです。
2019年10月に改正電気通信事業法が施行され、解約金が1,000円に値下げされました。それに伴い各携帯キャリアは新プランを発表しています。残念ながら、旧プランのままでは9,500円の解約金が発生するので、ワイモバイルへ乗り換える前に、一旦、新プランに移行する必要があります。詳細は、

格安SIMへの乗り換えが加速!?法改正がもたらしたもの
格安SIMに乗り換えるお得な方法をご紹介。タイミングは?MVNOはどこがいい?

 

両方の場合とも、ワイモバイルの申込みではSIMのみを購入することになります。

新規契約の場合、購入したSIMが自宅に届いたら、同封の説明書に従って通話回線をアクティベートして下さい。また、APNの設定を行うことでネットへアクセス可能となります。

それ以外の手続きは不要なので、全体の手続きは非常に簡単です。

一方のMNP(Mobile Number Portability)の場合は、現在の携帯キャリアとの契約を解除するための手続きが必要になります。

各項目の詳細は、

iPhoneを格安SIMで使う。乗り換え方法や注意点などを徹底解説
iPhoneを格安スマホとして利用する人が増えています。ここでは、格安SIM(MVNO)に乗り換える方法や注意点などを徹底解説しています。

を参照して下さい。

 

 

ワイモバイルでiPhoneを購入する

ワイモバイルの公式サイトで購入できるiPhoneは、

  • iPhoneSE2 64GB/128GB
  • iPhone7 32GB/128GB

の2機種です(2020年9月中旬現在)。

項目新規契約MNP
解約タイミング
の見極め
不要。旧プランに加入した
ままの方は必要。
解約料を抑えるため、
まず、旧プランから
新プランへ移行
する。
乗り換えで発生
する費用
不要。最悪10,000円程度
の費用が発生する。
MNP転出
手続き
不要。必要。
SIMロック解除不要。不要。
MNPの
切り換え手続き
不要。必要。
APN設定不要。不要。

 

新規契約の場合は、ワイモバイルもしくはヤングモバイルの申込みサイト経由で、iPhoneSE2及びiPhone7の端末セットを申し込むだけです。通話回線のアクティベートやAPNの設定はご自身で行う必要はありません。

MNPの場合、現在の携帯キャリアとの契約解除に係る手続きと、通話回線のアクティベートをご自身で行う必要があります。

各項目の詳細は、

iPhoneを格安SIMで使う。乗り換え方法や注意点などを徹底解説
iPhoneを格安スマホとして利用する人が増えています。ここでは、格安SIM(MVNO)に乗り換える方法や注意点などを徹底解説しています。

を参照して下さい。

 

ワイモバイルでの価格・料金

では、ワイモバイルでこの端末セットを購入した場合の価格・料金についてみてみましょう。

例えば、次のような条件で購入・契約した場合、月額料金がどれくらいになるかみてみます。

■契約方法:乗り換え(MNP)
■現在の契約:ドコモもしくはau(ソフトバンクではない)
■料金プラン:スマホ ベーシックプラン「S」(データ容量 3GB → 4GB)
■機種代金の支払い方法:36回払い
■オプション:「スーパー誰とでも定額:月額1,100円」を付加
■頭金:0円

下表の価格は、2020年9月上旬現在の税込表示です。

項目iPhone7iPhone SE2
メモリ32GB128GB64GB128GB
通常価格36,720円50,400円57,600円64,080円
端末割引※▲12,240円▲12,240円▲14,400円▲14,400円
割賦販売
価格
24,480円36,000円43,200円49,680円
機種代金/月680円1,060円1,200円1,380円
スマホ
ベーシック
プランS月額
2,948円2,948円2,948円2,948円
データ増量
オプション※
月額無料月額無料月額無料月額無料
スーパー
誰とでも
定額月額
1,100円1,100円1,100円1,100円
新規割り
月額※
▲770円▲770円▲770円▲770円
1~6ヶ月目
までの
月額料金
3,958円4,338円4,478円4,658円
7~12ヶ月目
までの
月額料金
4,728円
5,108円
5,248円
5,428円
2年目以降
月額料金
5,278円
5,658円
5,798円5,978円

ご注意:

  1. 端末割引は、現在の契約がソフトバンクの場合、適用されません。
  2. 端末割引額は、2020年9月中旬現在、ベーシックプラン「S」の場合12,240円、「M」「R」の場合15,840円です。この割引額は、タイミングによって変動する場合があります。
  3. 端末割引は、機種変更の場合、ベーシックプラン[S」「M」「R」いずれも7,200円です。
  4. データ増量オプションの無料期間は、1年間のみです。2年目以降550円/月が加算されます。
  5. 新規割りの適用期間は、ご契約翌月より6ヵ月間です。それ以降は、770円/月が加算されます。

 

ちなみにUQモバイルは?

ちなみに、UQモバイルではどうなるでしょうか?

ワイモバイルと同様、iPhone7iPhoneSE2の端末セットをUQモバイルで購入した場合の価格・料金についてみてみましょう。

例えば、次のような条件で購入・契約した場合、月額料金がどれくらいになるかみてみます。

■契約方法:乗り換え
■現在の契約:ドコモもしくはソフトバンク
■料金プラン:スマホ プラン「S」(データ容量 3GB → 4GB)
■機種代金の支払い方法:36回払い
■オプション:「国内通話24時間掛け放題:月額1,870円」を付加
■頭金:0円

下表の価格は、2020年8月下旬現在の税込表示です。

項目iPhone7iPhone SE2
メモリ32GB128GB64GB128GB
割賦販売
価格
19,800円27,720円35,640円47,520円
機種代金/月550円770円990円1,320円
スマホ
プランS月額
2,178円2,178円2,178円2,178円
データ増量
オプション※
月額無料月額無料月額無料月額無料
24時間かけ
放題月額
1,870円1,870円1,870円1,870円
新規割り
月額※
なしなしなしなし
12ヶ月目まで
の月額料金
4,598円4,818円5,038円5,368円
2年目以降
月額料金
5,698円
5,918円
6,138円6,468円

ご注意:

  1. データ増量オプションの無料期間は、1年間のみです。2年目以降1,100円/月が加算されます。

 

ワイモバイルとUQモバイルの料金比較

購入して2年間のトータル料金がどうなるか、ワイモバイルUQモバイルを比較してみました。

両社の料金比較で大きく変わるのが、オプションの「国内通話24時間かけ放題」です。
このオプション料金(税込)は、

  • ワイモバイル1,100円/月
  • UQモバイル1,870円/月

となっています。

「24時間かけ放題」無しの場合

契約して2年間に発生するトータル料金を、以下の条件で比較してみました。

■契約方法:乗り換え
■現在の契約:ドコモ
■料金プラン:スマホ プラン「S」(データ容量 3GB → 4GB)
■機種代金の支払い方法:36回払い
オプション:「国内通話24時間掛け放題」なし
■頭金:0円

(表示は、税込)

 ワイモバイルUQモバイル差額
iPhone7 32GB89,052円78,672円10,380円
iPhone7 128GB98,172円83,952円14,220円
iPhoneSE2 64GB101,532円89,232円12,300円
iPhoneSE2 128GB105,852円97,152円8,700円
「国内通話24時間かけ放題」無しの場合、2年間のトータル費用はワイモバイルの方が高い!

ご注意)この場合でも、ワイモバイルでは「10分以内の国内通話がかけ放題」が可能となっています。

「24時間かけ放題」有りの場合

以下の条件で比較してみました。

■契約方法:乗り換え
■現在の契約:ドコモ
■料金プラン:スマホ プラン「S」(データ容量 3GB → 4GB)
■機種代金の支払い方法:36回払い
オプション:「国内通話24時間掛け放題」あり
■頭金:0円

(表示は税込)

 ワイモバイルUQモバイル差額
iPhone7 32GB115,452円123,552円▲8,100円
iPhone7 128GB124,572円128,832円▲4,260円
iPhoneSE2 64GB127,932円134,112円▲6,180円
iPhoneSE2 128GB132,252円142,032円▲9,780円
「国内通話24時間かけ放題」有りの場合、2年間のトータル費用はワイモバイルの方が安い!

 

ワイモバイルとUQモバイルの違い

以上のように、

  • スマホで通話を重視する方には、ワイモバイル
  • スマホはデータ通信をメインに使用するという方には、UQモバイル

と言えるでしょう!

 

 

 

iphoneをワイモバイルに持ち込んで使う

NTTドコモやau、ソフトバンクで現在使用しているiPhoneをそのままワイモバイルに持ち込んで利用するパターンです。電話番号もそのまま持ち込んで使用するものとします。

項目新規契約MNP
解約タイミング
の見極め
旧プランに加入した
ままの方は必要。
解約料を抑えるため、
まず、旧プランから
新プランへ移行
する。(注)
乗り換えで発生
する費用
10,000円程度の
費用がが発生する。
MNP転出
手続き
必要。
SIMロック解除基本的に必要
MNPの
切り換え手続き
必要。
APN設定必要。

注)旧プランとは2019年9月以前のもの、新プランとは2019年10月以降のプランです。
2019年10月に改正電気通信事業法が施行され、解約金が1,000円に値下げされました。それに伴い各携帯キャリアは新プランを発表しています。残念ながら、旧プランのままでは9,500円の解約金が発生するので、乗り換える前に一旦新プランに移行する必要があります(詳細は、こちら)。

各項目の詳細は、こちらをご覧ください。

 

持ち込む予定のiPhoneはワイモバイルで動作する?

現在大手キャリアでお使いのiPhoneを、乗り換え先のワイモバイルでも継続して使用したいという場合、まず、そのiPhoneがワイモバイルで動作確認済であるかどうかを確認しましょう。

ワイモバイルのホームページには「動作確認済端末」のリストがあり、キャリア別にiPhoneの動作検証が行われています。ドコモで使っていたiPhoneの場合、auで使っていたiPhoneの場合というふうに。

必ずチェックしましょう。リストに掲載されていないiPhoneは使えません。

ワイモバイルの場合の動作確認済み機種は下表のようになります。
注)2020年9月中旬現在のものです。
契約される前に、必ずこちらで再度ご確認ください。

機種SIM
フリー
ドコモで
使用して
いた場合
auで
使用して
いた場合
ソフトバンク
で使用して
いた場合
iPhone11
Pro Max
iPhone 11
Pro
iPhone 11
iPhone XR
iPhone XS
Max
iPhone XS
iPhone X
iPhone 8
Plus
iPhone 8
iPhone 7
Plus
iPhone 7
iPhone SE
iPhone 6s
Plus
iPhone 6s
iPhone 6
Plus
iPhone 6
iPhone 5s

出典)ワイモバイルの「動作確認済端末」から

 

契約プランの申込みは?

  1. iPhoneは新規購入?それとも継続して使う(ワイモバイルで新規にiPhoneを購入する場合は、スマホセットが利用できます)
  2. 毎月の通信データ容量はだいたいどれくらい?
  3. その他必要なオプション(通話機能、データ増量、学割・家族割な)

が決まったら、ワイモバイルの料金プランを契約します。

ワイモバイルの公式サイトでもできますが、ワイモバイルの正規代理店であるヤングモバイル経由でもお申し込みできます(最大20,000円のキャッシュバックがあります)。

他には、ワイモバイルの実店舗でも契約を行うことが出来ます。

 

ヤングモバイルをおすすめする理由

ヤングモバイルは、ワイモバイルの正規代理店です。もともとは、約10年ほど前から「おトクケータイ.net」で、ソフトバンク向けの携帯と回線を販売していた実績のあるサイトです。

そんなヤングモバイルが、ワイモバイル向けにもスマホとワイモバイル回線の販売を開始しました。

ヤングモバイルがお得なポイントは、

  • オンラインサイトでありながら、同時に電話を利用してスタッフと契約を進めることができます。つまり、不明な点があっても、対面しているような感覚でサポートを受けることができるので、安心して契約を進めることができます。
  • 最大2万円のキャッシュバックがあります。
  • ワイモバイルの公式サイトで端末セットを購入する場合、端末割引は、現携帯キャリアがソフトバンクの場合、適用されませんでした。
    ヤングモバイルの場合、最大1万円のキャッシュバックが適用されます。

ヤングモバイルの詳細は、こちらをご覧ください。

 

乗り換えの注意事項

現在ご利用の携帯キャリア(ドコモ、au、あるいはソフトバンク)からワイモバイルへ乗り換える際には、幾つか注意しなければならないポイントがあります。

詳細は、こちらでご確認下さい。

 

乗り換えの手順

準備も出来たようなので、手順に沿ってワイモバイルへの乗り換えの作業をすすめましょう。

こちらに、「乗り換えの手順」を詳しくご紹介していますので、ぜひ、ご覧ください。

 

 

ワイモバイル(Y!mobile)ってどうなの?

ワイモバイルの詳細は、こちらをご覧頂くとして、その特徴を簡単にまとめておきます。

  1. ソフトバンクサブキャリアで、携帯網の運用者(MNO)でもあります。他の格安SIMの会社(MVNO)のように携帯網を借り受けて運用している訳ではありません。
  2. 従って、通信速度が早い、通信が安定していると高評価を得ています。
  3. シンプルで分かりやすい料金体系になっています。
  4. 通話重視の方にはおすすめ!料金体系にあらかじめ「国内通話10分かけ放題」が組み込まれている他、1,000円/月のオプション追加で「24時間国内通話がかけ放題」が可能に!
  5. ワイモバ学割(但し、季節による)・家族割も用意されています。
  6. ワイモバイルの公式サイト以外に、ヤフーモバイルヤングモバイル経由でも契約可能。特にヤングモバイルの場合、最大20,000円キャッシュバックがもらえます。

 

 

 

iPhoneをワイモバイルで利用するメリット・デメリット

今まで、iPhoneを使ってNTTドコモ、au、ソフトバンクという携帯キャリアと契約されていた多くの方が、ワイモバイルへの乗り換えを検討されているようです。

でもその前に、ワイモバイルへ乗り換えるメリット・デメリットをしっかり押さえておきましょう。

メリット

ワイモバイルへ乗り換えるメリットして、大きく次の3つがあげられます。

  1. 月額料金が安くなる
  2. 追加料金1,000円/月で国内通話かけ放題
  3. テザリングが無料で利用できる

月額料金が安くなる

現在、大手携帯キャリアへ毎月の支払額はどれくらいでしょうか?7,000円?8,000円?10,000円以上?

2019年10月に大手携帯キャリア3社から新プランがスタートしました。多くの方が月額料金の大幅値下げに期待されていたようですが、空振りに終わってしまったようです。

例えば、ソフトバンクとワイモバイルの新料金プランの違いは?両者を比較してみました。
(条件を出来るだけ揃えるために、ソフトバンクの料金には「5分かけ放題:500円/月を加算しています。ワイモバイルにはあらかじめ「10分かけ放題」が組み込まれています。)

毎月の月額データ使用量が17GB以下であれば、圧倒的にワイモバイルのほうが安くなります。毎月の通信データ使用量が5GB、10GBのところをみても、約半額になっているのがおわかりでしょう。

 

追加料金1,000円/月で国内通話かけ放題

もう一つ、通話かけ放題でもワイモバイルのほうが有利になっています。

上記のように、ワイモバイルの新しい料金体系「スマホベーシックプラン」には、あらかじめ「国内通話10分かけ放題」が組み込まれています。

1回の国内通話が10分以内の場合がほとんどという方は、ベーシックプランのみの契約で済んでしまいます。

「iPhoneは、通話中心で利用している」という方には、1,000円/月の追加で「24時間国内通話かけ放題」が可能になります。

この追加オプションも、キャリアの場合は1,500円/月から1,700円/月なので、ワイモバイルのほうがお得です。

 

テザリングが無料で利用できる

テザリングとは、お手持ちのiPhoneを介して、PCやゲーム機、タブレット等をインターネット接続出来るようにする機能です。

iPhoneとタブレット等はWi-FiやUSB、BlueToothで接続します。iPhoneが中継機という役割を担って携帯網を経由してインターネットへ接続します。

au、ソフトバンクといった携帯キャリアでは、テザリング機能を使用するには申込みが必要でしかも有料でした。

それが、ワイモバイルをはじめとする多くのMVNOでは、申込不要。無料で利用することができます。

今では、殆どのiPhoneがワイモバイルで利用可能となっています。

 

デメリット

メリットばかりではありません。ワイモバイルに乗り換えるデメリットもあるので、しっかり把握して、あとで後悔することのないようにしたいですね。

キャリアメールが使えない

キャリアで使用していた、次のようなメールアドレスが使えなくなります。

○○○@docomo.ne.jp
○○○@ezweb.ne.jp
○○○@softbank.ne.jp

ネットバンキング等で利用されている方も多いのではないでしょうか。このキャリアメールが使えなくなると不都合が生じるという方は、乗り換えができません。

尚、ワイモバイルの場合、他のMVNOと違って、お申込み不要、月額無料で使えるワイモバイルのメールアドレス「@ymobile.ne.jp」がもらえます。

 

大容量の通信をするならキャリアがお得

上記の料金比較のグラフでお気づきだと思いますが、ワイモバイルでは、毎月のデータ通信量が17GBを超えるヘビーユーザービジネスユーザーの方には不向きと言えます。

ソフトバンク自身、

  • ライトユーザーワイモバイル
  • ヘビーユーザー/ビジネスユーザーソフトバンク

という棲み分けをしているようで、iPhoneでたっぷりデータ通信をされる方は、NTTドコモやau、ソフトバンクを利用された方が良いでしょう。

ソフトバンク(株):2019年3月期第3四半期決算説明会資料より引用

 

 

まとめ

日本で一番の人気スマホといえば、iPhoneです。既にワイモバイルと契約してiPhoneをご利用になっている方もたくさんいます。

残念ながら、ワイモバイルで最新のiPhoneを購入することはできませんが、Apple Store やAppleの実店舗でiPhoneXRやiPhone8などSIMフリーのiPhoneを購入すれば、ワイモバイルでも新しいiPhoneを使うことが出来ます。

最新のiPhoneにこだわらなければ、型落ちのiPhoneをワイモバイルで購入できます。面倒な手続きも一部省けますし、分割で購入することも可能です。

月額料金を大きく抑えながら、お気に入りのiPhoneでネットアクセス。

是非、iPhoneをワイモバイルで使ってみてください!

 

>> ワイモバイルの公式サイトへ!