IIJmioのメリット・デメリット。ファミリーシェアや通話割引は必見!

IIJmioのメリット・デメリット。ファミリーシェアや通話割引は必見!

IIJmioは、東証一部上場の株式会社インターネットイニシアティブが運営する格安SIM(MVNO)です。

データプラン、通話プランともにファミリー向けのプランやオプションが充実しているので、ご家族で格安SIMへの乗り換えをご検討中の方に、特におすすめしたい格安SIMになります。

IIJmioメリットデメリットを中心にそのサービスをまとめてみました。

 

>> IIJmioの公式サイトヘ!

 

IIJmioお得情報

2022年4月1日より、料金プランが下表のように値下げされました。

(料金は税込)です。

プラン2GB4GB8GB15GB20GB
音声858円➡
850円
1,078円➡
990円
1,518円➡
1,500円
1,848円➡
1,800円
2,068円➡
2,000円
SMS825円➡
820円
1,045円➡
970円
1,485円➡
1,470円
1,815円➡
1,780円
2,035円➡
1,980円
データ748円➡
740円
968円➡
900円
1,408円➡
1,400円
1,738円➡
1,730円
1,958円➡
1,950円
eSIM440円660円1,100円1,430円1,650円

 

現在実施中のキャンペーンについて

“顧客満足度No.1” 記念キャンペーン

キャンペーン概要

IIJmioは、

  1. “携帯電話サービス顧客満足度2年連続No.1<MVNO>
    出典:J.D. パワー2021-2022年携帯電話サービス顧客満足度調査。
  2. MVNO業種 2年連続顧客満足度1位
    出典:2022年度 JCSI(日本版顧客満足度指数)第2回調査結果

のように、2年連続「顧客満足度No.1<MVNO部門>」という、大変高い評価を受けています。

これを記念して、以下のキャンペーンが実施中です!

  1. ギガプランをお申し込みの方を対象に、初期費用が割引されます。
    通常3,300円2,200円
  2. 通話定額オプションが、3ヶ月間410円割引!
    例えば、
    音声SIM2GB(850円/月)+
    5分かけ放題 通常550円/月 ⇨ 90円/月
    合計:1,400円/月 ⇨ 940円/月
  3. 他社からのお乗り換えで、スマホがお得に!
    例えば、
    OPPO A77が、22,400円2,480円
    他にも、多数取り揃えてあります(下記、人気スマホの価格をご確認ください)。

キャンペーン期間

2022年12月1日(木) ~ 2023年1月31日(火)

 

人気のスマホ、大特価セール!

キャンペーン概要

OPPO A77などの人気スマホが、他社からの乗り換えの場合、2,480円(税込)から。
期間限定、台数にも限りがあるのでお早めに!

おすすめスマホ(価格は税込)は、

■ OPPO A77:
2,480円
■ OPPO A55s 5G:
3,980円
■ SHARP AQUOS sense7:
32,800円
■ Google Pixel 6a:
39,800円

詳細は、IIJmioの公式サイトでご確認下さい。

キャンペーン期間

2022年12月01日(木)~ 2023年1月31日(火)

 

 

IIJmioのサービス概要

特徴
  • マルチキャリア対応(ドコモ、au)
  • データ容量プランは、2GB、4GB、8GB、
    15GB、20GBのデータ容量のコースがあり、
    それぞれ、データ通信専用/SMS/音声通話
    対応のSIMが選べます。
    データ通信専用なら毎月440円(税込)から。
  • eSIMもサポート(但し、データ通信のみ)。
  • 余ったデータ量を翌月に繰り越せます!
  • プラン間でデータをシェアできる、データ
    シェアをサポート。
  • みおふぉんダイアルの「通話定額オプション」
    で、国内通話かけ放題のプランも登場!!
おすすめはこんな方
  • とにかく月額料金を安くしたい
  • 2回線目としてeSIMを使いたい
  • 家族全員で格安SIMの乗り換えを検討している
取り扱いスマホ(2023年1月下旬現在)        

iPhone 13 128GB【未使用品】:
iPhone 12 64GB【未使用品】:
iPhone SE3 64GB【未使用品】:
iPhone 8 64GB【美品】:

Google Pixel 6a:
Nothing Phone(1) 8GB/128GB:
Nothing Phone(1) 8GB/256GB:
Nothing Phone(1) 12GB/256GB:

OPPO A77:
OPPO Reno7 A:
OPPO A55s 5G:
OPPO Reno5 A:

SHARP AQUOS R6:
SHARP AQUOS wish:
SHARP AQUOS sense7:
SHARP AQUOS sense6 【6GB/128GB】:
SHARP AQUOS sense5G:

motorola moto g52j 5G:
motorola moto g50 5G:
motorola moto e32s:
moto g32:
motorola edge 30 pro ワイヤレス充電器SET
motorola edge 20 fusion:
motorola edge 20:

Xiaomi 12T Pro:
Xiaomi 11T:
Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5G:
Xiaomi Redmi Note 11:
Xiaomi Redmi Note 10T:
Xiaomi POCO F4 GT:

RedMagic 6:

ASUS ROG Phone 6 12GB/256GB:

HTC Desire 22 pro:
HTC Desire 22 pro VIVE Flowセット:

Zenfone 9 8GB/128GB:

サービスと機能
使用回線ドコモ、auの5G/4G LTE
学割
なし

家族割引


家族割自体は無いが、ファミリー
シェアプランや家族内で通話かけ
放題等のオプションあり。
通話かけ放題○(オプション)
みおふぉんダイアルで、
5分かけ放題:500円/月
10分かけ放題:700円/月
無制限かけ放題:1,400円/月
バースト機能
データ繰り越し
シェアプラン
最低利用期間
解約料
2年縛り等の期間制限はありません。
但し、最低利用期間は、「利用開始日
の翌月末日まで」となっています。
初期事務手数料3,300円(税込)+SIM手数料
その他■オプションサービス
・みまもりパック:550円/月(税込)
・ウィルスバスターモバイル:
275円(税込)
など

 

IIJmioのメリット・デメリット

IIJmioのメリット

  • ドコモとauの回線に対応したマルチキャリア対応の格安SIM。
  • 2021年4月1日からの新料金プランは、MVNOの中でも最安級の料金体系になっています。
  • データシェアが充実!
    ・契約者の名義だけで、ご家族まとめて乗り換えができる。
    ・ファミリープランで、同時に5枚のSIMを申し込みできる。
  • 新機種スマホが充実。キャンペーン等で大幅な値引きも!
  • MVNOの中で、いち早くeSIMをサポート(但し、データ通信のみ)。月額料金が安いので、2回線目の用途として最適!
  • データプランだけでなく音声通話についても、ご家族で利用すると大変お得なオプションが色々と用意されています。

 

IIJmioのデメリット

  • ドコモ/auの回線に対応するも、ソフトバンクには未対応。
  • MVNOなので、MNO(ahamo、povo2.0、LINEMO、UQモバイル、ワイモバイル)と比較すると、通信速度はやや劣る場合あり。

 

 

IIJmioのサービスについて

料金プランは?

格安SIMは、次のように3つのタイプに分けられます。

  • 音声通話機能付きSIM
    同時に通話機能(※)も欲しい方向け。迷ったらこのSIMタイプがおすすめ。
  • SMS機能付きSIM
    電話番号を知っている相手とやり取りが可能。アプリなどの認証にも使えます。
  • データ通信専用SIM
    通話機能(※)はいらない。データ通信のみでOKという方におすすめのSIM。
  • eSIM
    iPhoneやグーグルPixelなど、eSIMをサポートする端末の2回線目のSIMとしておすすめ!

(※)パケットを使用したIP電話ではなく、通常の電話回線を使用した音声劣化の少ない通話を指します。

IIJmioの場合、それぞれのタイプごとに料金が設定されているため、格安SIMの料金をさらに抑えることができます。

新料金プランを下表にまとめました。

(料金は税込)です。

プラン2GB4GB8GB15GB20GB
音声850円990円1,500円1,800円2,000円
SMS820円970円1,470円1,780円1,980円
データ740円900円1,400円1,730円1,950円
eSIM440円660円1,100円1,430円1,650円

※データ通信、ドコモ網のみ

格安SIMの中では、最安値級の月額料金になっています。また、格安SIMの中でいち早くeSIMをサポート。しかも料金がとても安いので、2回線目のSIMとしておすすめです。

 

通話機能は?

2021年12月7日より、新しく3つの「通話定額オプション」が登場しています。

1. みおふぉんダイアル 通話定額5分
1回5分以内の国内通話が無料
月額500円(税込)

2. みおふぉんダイヤル 通話定額10分
1回10分以内の国内通話が無料
月額700円(税込)

3. みおふぉんダイヤル かけ放題
無制限で国内通話が無料
月額1,400円(税込)

ご参考:
日本での国内通話の平均時間はどれくらいだと思いますか?
総務省の調査によれば、平均通話時間は2分25秒。メールやSNS等の普及の影響でしょうか、3分以内におさまっています。

 

IIJmioのデータシェアについて

IIJmioの特徴の一つに「ファミリーシェア」があります。データ容量を家族間でシェアして、効率良くデータを消費するというもの。

そのファミリーシェアを実現する方法として、従来は「ファミリープラン」が用意されていて、1プランで複数のSIMを持てる仕様でした。

新プランでは、1プランに付きSIMカードは1枚。シェアグループを作成して、そのグループ間でデータをシェアする仕様となります。

下図のように家族でそれぞれプランを契約します。このときの総データ容量は29GBになりますが、この容量を家族でシェアします。

次の例では、ご夫婦で12GB(8GB+4GB)をシェアしておきます。後日、息子さんから1GB欲しいという要求が合った場合、適切なタイミングでその1GBをプレゼントするということも可能になります。

このように、ファミリーシェアの実現方法は従来と変わりますが、家族間でデータ容量をシェアできるようにする機能はサポートされるので、ご家族でお乗り換えをお考えの場合は、IIJmioはおすすめです。

 

IIJmioを使った方の口コミ・評判

IIJmioのインターネットの速度・つながりやすさ

IIJmio固有の問題ではなく、はやり、MVNOの難点は、「キャリアに比べてインターネットの速度が遅い!」というところに、ユーザーは不満を感じているようです。

特に昼間12時近くの時間帯、及び夕方の時間帯は繋がりにくいようです。これらの時間帯にYoutube等の動画を見ようとしても、動きがギクシャク、たまに止まってしまうこともあるようですね。

ただ、動画以外であれば、それ程不満は感じないという方が多いようです。

キャリア(ドコモ)と比べてIIJmioのDプランでは、2年間の利用料金が約1/6に圧縮できるケースもあるので、速度が遅くなるのは致し方ない、という意見もありました。

 

通話に関して

頻繁に通話を利用される方は、それ程多くはない様子。

通話定額制の場合、通話品質やつながりやすさはキャリアと殆ど同じで問題なし。1回の通話時間さえ気にしていれば、通話料も安く利用しやすい、と感じている方も。

 

IIJmioの手続き・設定の簡単さ

IIJmioの公式サイトには、設定の仕方が動画で説明されているので、「初期設定はどんな人でも一発で出来てしまうのではないか?」という位簡単です。

送られてきたSIMに同梱されている説明書も分かりやすい。プロファイルだけきちんとインストールできれば、問題なく使えるというご意見が多いですね。

 

IIJmioのサポートは?

サポートに関しては、評価が2つに分かれます。

サポートの電話はスムーズに繋がり、オペレーターの対応も丁寧で満足している。メールで問い合わせた際も、親切に対応してもらえたという、満足派。

一方、電話が繋がらない(おまけに、待っている間も電話料金がかかってしまい、余計イライラ)、仕方がないのでメールにて回答を求めた処、上から目線の回答で「客を何だと思っているのか?」と思ってしまうくらいのひどい対応だったと怒りをあらわにする不満派。改めて欲しいですね。

ブログやTwitterでの情報発信と、新OS配布時の動作確認の早さに驚いている方もいました。

 

IIJmioの総評

通話品質や価格、サポートに関しては、概ね満足しているユーザーが多いようです。

データ通信時のインターネットの速度に関しては、不満を覚えるユーザーが多いようですが、キャリア時代の高価な契約に比べると、月々の利用料金が大きく圧縮されるので、仕方ないのでは?という方が多いですね。

IIJmioの特徴とも言える「ファミリーシェアプラン」に興味を示されるユーザーも多いようです。