ドコモから格安SIM(MVNO)へ乗り換える。メリット・デメリット、乗り換え手順等を徹底解説!

ドコモから格安SIM(MVNO)へ乗り換える。メリット・デメリット、乗り換え手順等を徹底解説!

2019年10月から施行された「改正電気通信事業法」。これにより、携帯の解約料が、約10,000円から1,000円以下に!

でも実際は、携帯会社によって対応が微妙に異なるようです。

また、携帯料金の大幅な値下げに期待して、格安SIMへの乗り換えを控えてきたという方も、期待した程の値下げには至らず、そろそろ本格的に乗り換えを検討しているという方も多いのではないでしょうか?

ここでは、ドコモの解約に対する新しい対応を含めて、ドコモから格安SIMへ乗り換える具体的な手順や方法をご紹介します。

 

乗り換えはしやすくなったのか?

2019年10月から施行された改正電気通信事業法により、違約金(解約金)が9,500円から1,000円以下に値下げされ、乗り換えがしやすくなっているはずなのですが…

実際、ドコモの場合はどうでしょうか?

結論から言うと、2019年10月1日以降に新プランの契約をされた方以外は注意が必要です。

旧プラン(2019年9月30日以前)から格安SIMへ乗り換えようとした場合、従来と同じように、契約更新月を除いて9,500円の解約金が発生してしまいます。

旧プランから新プランに乗り換えても、旧プランの契約更新月以前に解約しようとすると9,500円の解約金が発生してしまいます。

 

具体的には?

2019年9月17日、ドコモより「解約金不要でおトクにご利用いただける料金プランの選択肢を拡充」の報道発表がありました。

解約金に関するポイントは、

  1. 2019年10月1日以降の受付分から、「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」の2年定期契約の解約金が9,500円から1,000円に。
  2. 定期契約なしの「ギガホ」「ギガライト」「ケータイ」で「dカードによるお支払い」に設定すると、解約金不要、2年定期契約と同じ月額料金となる。
  3. 2年定期契約の場合の解約金は、1,000円に値下げ。
  4. 旧プランの更新期間以外に新プランに移行し、旧プランの契約満了月前月までに解約した場合は、旧プランの解約金がかかる。

となります。

 

乗り換えのタイミングは?

ドコモの場合、

  1. 旧プラン(2019年9月30日以前のご契約)については、従来どおり更新月以外の解約には、9,500円が発生する。
  2. 旧プランから新プランに移行しても、旧プランの契約満了月前月までに解約すると、9,500円が発生する。
  3. 新プラン(2019年10月1日以降のご契約)については、解約金は1,000円以下になる。

となりますので、2019年9月30日以前に契約されていた方で、格安SIMへ乗り換えを検討されている方は、従来どおり、更新月まで待たれるのが良いでしょう。

 

もう一つ、忘れてならないのが、端末代金の残価です。
ドコモで購入した端末を分割で購入して残価がある場合、解約時に一括支払いが発生しますので、注意しましょう。

残価次第では、乗り換えを止めたほうが良いかもしれません。

 

 

 

乗り換えのメリット

ドコモから格安SIMへ乗り換える最大のメリットは、何と言っても「月額料金が安くなる!」ということです。

まず、ドコモの新プランの料金、次に格安SIM(MVNO)の料金をみて、本当に安くなるのかをみてみましょう。

ギガホ

◆毎月最大30GBまで通信速度制限なし
◆容量超過後も送受信最大1Mbpsの通信速度で利用可能

というプランです。

下表の料金は、「dカードお支払い割」適用後、または2年定期契約の料金です。

ドコモから格安SIM(MVNO)へ乗り換える。

  

3等身以内のご家族に
ドコモ契約者がいる場合
(「みんなドコモ割」適用)

~30GB1回線2回線3回線

最大
6ヶ月
まで

5,980円/月1回線あたり
5,480円/月
1回線あたり
4,980円/月
7ヶ月
目以降
6,980円/月1回線あたり
6,480円/月
1回線あたり
5,980円/月

 

上記料金には、通話料が含まれていませんので、別途、20円/30秒の通話料が発生します。

通話オプションとして、次のものがあります。

国内通話かけ放題オプション1,700円/月
1回あたり5分以内の国内通話が無料700円/月

 

ギガライト

◆毎月1~7GBまでの間で、使った分に応じて支払えるプラン。

というプランです。

下表の料金は、「dカードお支払い割」適用後、または2年定期契約の料金です。

  3等身以内のご家族に
ドコモ契約者がいる場合
(「みんなドコモ割」適用)
 1回線2回線3回線
~7GB5,980円/月1回線あたり
5,480円/月
1回線あたり
4,980円/月
~5GB4,980円/月1回線あたり
4,480円/月
1回線あたり
3,980円/月
~3GB3,980円/月1回線あたり
3,480円/月
1回線あたり
2,980円/月
~1GB2,980円/月1回線あたり
2,480円/月
1回線あたり
1,980円/月

 

ギガホと同じように、上記料金には、通話料が含まれていませんので、別途、20円/30秒の通話料が発生します。

通話オプションとして、次のものがあります。

国内通話かけ放題オプション1,700円/月
1回あたり5分以内の国内通話が無料700円/月

 

 

格安SIM(MVNO)各社の価格

では、ドコモから格安SIMへ乗り換えた場合どれくらい安くなるか、2つの例で比較してみます。

全く同じ条件での比較はできませんが、10分のかけ放題の月額料を含めて、月当たりの通信データ容量が

◆ 3GBの場合
◆ 6GBの場合

の格安SIM(MVNO)の料金は以下のようになります。

 

通話機能付き 3GB

データ通信量=3GB、通話10分かけ放題を含める”に近い条件の通常の月額料金比較
(キャンペーンや割引期間の料金等は考慮していません)

 MVNO名月額料金
(税抜)
備考



OCNモバイル
ONE
2,330円 
IIJmio2,430円ミニマムスタートプラン
mineo2,450円Dプラン
au

UQモバイル2,680円スマホプラン「S」
楽天モバイル2,980円楽天回線とパートナー
回線(=au)がある。
データ容量無制限。
mineo2,360円Aプラン
BIGLOBE
モバイル
2,430円Aプラン





ワイモバイル2,680円但し、4GB
LINEモバイル2,360円LINEデータ
フリーのプラン
mineo2,800円Sプラン



楽天モバイル
2,980円データ容量無制限。

 

通話機能付き 6GB

“データ通信量=6GB、通話10分かけ放題を含める”に近い条件の通常の月額料金比較
(キャンペーンや割引期間の料金等は考慮していません)

 MVNO名月額料金
(税抜)
備考



OCNモバイル
ONE
2,830円 
IIJmio3,050円ライトスタートプラン
mineo3,130円Dプラン
au

UQモバイル3,680円スマホプラン「R」。
最大10GBまで
同一料金。
楽天モバイル2,980円楽天回線とパートナー
回線(=au)がある。
au回線は最大5GB。
mineo3,040円Aプラン
BIGLOBE
モバイル
2,980円Aプラン





ワイモバイル3,180円但し、4GB
LINEモバイル3,080円LINEデータ
フリーのプラン
mineo3,480円Sプラン



楽天モバイル
2,980円データ容量無制限。

 

料金を比較してみた

もう少しわかりやすくするために、料金体系を図式化してみました。

  • 通信データ容量が10GB以下の場合
  • 通信データ容量が10GB以上の場合

の両方でみてみましょう。

【料金算出の条件】

  • 各キャリアやMVNOからは、料金が安くなるような条件(キャンペーンや〇〇割など)をもとに、料金が提示されるケースが多いですが、ここでは一切無視して、単純に通常の月額料金をもとに表示しています。
  • ドコモの「ギガホ」「ギガライト」の場合、通話料金として「1回の通話が5分以内の国内通話かけ放題:700円/月」を含んでいます。
  • 格安SIMの場合、通話料金として「1回の通話が10分以内の国内通話かけ放題」を含んでいます(オプション料金は、MVNOにより微妙に異なります)。
  • 楽天モバイル(楽天1:スーパーホーダイ)の価格は、楽天会員価格ではありません。
  • LINEモバイルは、LINEデータフリーで算出しています。

10GB以下の場合

この場合、格安SIMにすると、かなりお安くなることが分かります。

 

10GB以上の場合

では、10GBを超える場合はどうでしょうか?

10GB以下の場合と違って、通信データ量が20GBを超えるあたりから、ドコモの料金と格安SIMの料金の間には差がなくなってきているのがわかります。

 

乗り換えをおすすめする方は?

以上のように、現在ドコモをお使いの方で月間の通信容量が~20GB程度の方は、格安SIMに乗り換えたほうが料金が安くなります。

実際にどれくらいの額が削減できるかは、データ容量やMVNOのプランによって違ってきます。オプションや〇〇割等の条件によっても違ってきますので、ドコモの明細をみながらご自身でご確認ください。

 

 

乗り換えのデメリット

ドコモから格安SIM(MVNO)へ乗り換えるメリットは、多くの場合、「月額料金が抑えられる」ことを説明してきましたが、メリットばかりではありません。

乗り換えた後に後悔がないように、事前にデメリットも把握しておき、納得した上で格安SIMをご利用ください。

 

乗り換え費用が発生する

MNP(Mobile Number Portability)と言って、今まで使用していた電話番号をそのまま引き継ぎたい場合、MNP転出料がかかります。

MNP転出料は、ドコモの新プランの場合3,000円(旧プランでは、2,000円)。

また、ドコモを解約する際、2年縛りの更新月以外のタイミングで解約すると、違約金として9,500円が発生します。

他に、端末代を分割で支払っている場合、その残価費用もかかります。

一方、乗り換え先の格安SIM(MVNO)に支払う登録手数料が3,000円

つまり、更新月以外でドコモを解約、MNPで格安SIMに乗り換え、端末残金がないとすると、

9,500円 + 2,000円 + 3,000円 = 14,500円(税抜)。

解約金のかからないタイミング(注)でドコモを解約、MNPで格安SIMに乗り換えた場合は、それでも

3,000円 + 3,000円 = 6,000円【税抜)

の費用がかかってしまいます。

注)解約金のかからないタイミングと確認方法

解約金が発生しない「更新期間」は、契約満了月の当月・翌月・翌々月の3ヶ月です。

契約の更新月がいつか不明な場合は、「My docomo」で確認できます。

1.My docomoにアクセスし、「dログイン」ボタンをタップします。

2.IDとパスワードを入力し、dアカウントにログインします。

3.ログインしたら、下の方にスクロールします。「ご契約内容の確認・変更」をタップします。

4.下にスクロールして“ご契約内容 1/3ページ”の下にある「2」をタップします。

5. “契約満了月はXXXX年XX月です。”をご確認ください。

 

 

キャリアメールが使えなくなる

キャリアメールとは、docomoやau、SoftBankといった大手携帯会社から提供されるメールアドレスのことです。

代表的なメールアドレスは次の3つです。

xxx@docomo.ne.jp
yyy@ezweb.ne.jp
zzz@softbank.ne.jp

キャリアから格安SIM(MVNO)に乗り換えるとき、大きなネックになるのは、今まで使用していたこの『キャリアメールが使えなくなる』ことです。

基本的に格安SIMの場合は、WEBメール(gmailやyahooメールなど)がメインとなります。

従って、長年使ってきたキャリアメールからWEBメールに変更したことを、アドレス帳のメンバーに連絡しなければなりません。

 

通信速度が安定していない

格安SIM(MVNO)の通信速度は、携帯キャリアと比較すると、まだまだ安定していないと言えるでしょう。回線が混雑していない時間帯は速度が速いのですが、混雑しているときは鈍足です。

お昼や夜には回線が混雑し、速度が低下してしまいがちです。そのため、24時間常に快適に通信をしたい人は、ストレスを感じられるかもしれません。

 

通話かけ放題

スマホを通話メインで使用されている方には、格安スマホは向いていないかもしれません。

ドコモの場合、24時間の国内かけ放題のオプション価格は、1,700円/月。このオプションに申し込めば、いつでもどこでも誰とでも国内通話がかけ放題となります。

一方の格安SIM(MVNO)の場合、このかけ放題がサービスが提供されているのは、UQモバイル(au系、月額1,700円)とワイモバイル(ソフトバンク系、月額1,000円)の2社だけです。

残念ながら、ドコモ系の格安SIM(MVNO)でこの「かけ放題」のサービスが提供されているところはありません。

 

 

その他乗り換え時の注意点

テザリング

テザリングとは、モバイルデータ通信ができる端末(親機)を利用して、PC、タブレット、ゲーム機など(子機)をインターネットに接続出来るようにする機能です。

親機と子機の通信は、Wi-Fi、Bluetooth、USB接続で行います。

ドコモで使用されていたスマホ端末を格安SIM(MVNO)でも使い続ける場合、テザリングが出来なくなる場合があります。

このテザリングを格安SIMでも利用したい場合は、乗り換え先の格安SIM(MVNO)のWEBサイトに掲載されている対応端末一覧にて事前にチェックしましょう。

 

LINE ID の検索

格安スマホでもLINEは問題なく利用できます。ただ、格安SIMでは、LINEのID検索が出来ません(LINEモバイルを除く)。

そのため、LINEで友達を追加するには、

  • 近くにいる人に対しては、「ふるふる」を
  • 遠方の人に対しては、QRコードリーダーから自分専用のURLを発行して送る

ことで可能になります。

詳細は、格安SIMに乗り換えたらLINEのID検索ができないのはなぜ?でご確認ください。

 

GPSの利用

格安スマホでもGPSを使用することができます。

ただ、

  1. 「SIMフリースマホ + 格安SIM」と
  2. 「キャリアで使用していたスマホ + 格安SIM」

では、事情が少し異なるようです。

1.の場合、特に問題なくGPSを利用することが出来ます。

2.のドコモのandroid端末で格安SIMを利用する場合、位置取得のために、一度ドコモのサーバーに接続を試みる過程がそのまま残ってしまい、多少時間が掛かってしまいます。

 

dポイントはどうなる?

ドコモ契約時に貯まっていたdポイント。ポイントがどれくらい貯まっているかは、明細書以外に目にする機会があまりなく、dポイントが貯まっていることすら忘れてしまっている方も多いことでしょう。

でも、解約しようと思っているときに意外と気がつくことが多く、チェックしてみたら結構なポイントが貯まっていることも多いようです。

せっかく貯まっていたdポイント。ドコモを解約してしまうと使えなくなってしまうのでは?と思っている方も多いようですが…

心配ご無用!ドコモを解約後も問題なく使えます。

ただ、条件があります。解約前にdアカウントを発行している必要があります。

dアカウントを発行していれば、dポイントは引き続き利用できますし、ドコモ回線解約前に利用者情報登録していたdポイントカードも引き続きご利用する事ができます。

詳細は、「d point CLUBの良くある質問」をご参照ください。

 

 

格安SIM(MVNO)の選び方

ドコモから格安SIM(MVNO)に乗り換えるにあたって、

  1. NTTドコモ/au/ソフトバンク。どこ系のMVNOが良いか?
  2. 音声通話の有り・無し
  3. 月間の通信データ容量で選ぶ
  4. 価格もチェック
  5. SIMのサイズの確認も忘れずに!

の順に検討されていくのが一般的でしょう。

詳しくは、こちらの「格安スマホ・格安SIMの種類と選び方」でご紹介していますので、ご参照ください。

【ご注意】

格安SIM(MVNO)でも端末をそのまま継続して使いたいという場合は、各MVNOのサイトで、その端末が動作可能かどうかをご確認ください。

ドコモからドコモ系のMVNOへ乗り換える場合は、殆どが動作可能と思われますが、au系やソフトバンク系のMVNOへ乗り換える場合は、動作しない場合がありますので、必ずご確認ください。

 

 

格安SIM(MVNO)への乗り換えの手順

格安SIMへの乗り換え手順・流れを理解する」で詳しくご紹介していますので、是非、ご参照ください。

 

 

SIMロックの解除は?

SIMロックとは、ある携帯会社で購入した端末を、格安SIM(MVNO)を含む他の携帯会社(キャリア)で流用できないように制限したもの。

日本の大手携帯会社(キャリア)では、簡単に他のキャリアに乗り換えられないようにと、ユーザーを囲い込むためにとられた策が、この「SIMロック」でした。

5年ほど前までは、携帯会社が販売する端末のほとんどは、このSIMロックのかかったものでしたが、2015年5月以降、ユーザーからの申し出があれば、SIMロックを解除出来るようになっています。

 

ドコモ系の格安SIM(MVNO)へ乗り換える場合

現在、ドコモを利用されていて、以下のドコモ系の格安SIM(MVNO)へ乗り換えられる場合、SIMロックの解除は必要ありません。

OCNモバイルONE

mineo

IIJmio

BIGLOBEモバイル

LINEモバイル

イオンモバイル

 

auやソフトバンク系の格安SIM(MVNO)へ乗り換える場合

au系の格安SIM(MVNO)、

UQモバイル

BIGLOBEモバイル

楽天モバイル

mineo

LINEモバイル

 

あるいは、ソフトバンク系の格安SIM(MVNO)、

ワイモバイル

LINEモバイル

mineo

に乗り換える場合、SIMロック解除を行う必要があります。

 

SIMロックの解除法

ドコモの場合、SIMロックの解除は、

  • ユーザー専用のWEBページ
  • ショップでの店頭での手続き
  • 電話

で行えます。

パソコンなどのMy docomoでの手続きだと無料なのでおすすめです。あらかじめアカウントを設定しておき、ウェブ上から手続きをするのがオススメです。

ショップや電話で解除手続きを行う場合、3,000円(税抜)のSIMロック解除手続き料が発生しますのでご注意ください。

 

NTTドコモのホームページの「SIMロック解除の手続き」も併せてご覧ください。

 

iPhoneでの注意点

SIMロック解除ができるのは、iPhone6s以降のものに限られます。iPhone 6sより古い機種、例えば、iPhone 6や5sはSIMロックを解除できないので、ドコモ以外の回線を使った格安SIM(MVNO)では使えません。

 

 

MNPを利用する場合

MNP(Mobile Number Portability)とは、格安SIM会社(MVNO)に乗り換えても、ドコモで使用していた電話番号をそのまま継続して使用することです。

そのためには、MNPの手続きが必要になります。

まずは、ドコモでMNP予約番号を発行しましょう。

ドコモの場合、ドコモショップや電話の他に、パソコンなどのMy docomoでも手続きができます。あらかじめアカウントを設定しておき、ウェブ上から手続きをするのがオススメです。

MNP予約番号を発行したら、格安SIMの契約手続きに入りましょう。手続きの途中でMNP予約番号を入力する項目があるので、そこに番号を入力すればMNPで契約できます。

 

キャリアから格安SIM(MVNO)へ乗り換えるの際のMNPのやり方」で詳しく説明していますので、是非、ご覧ください。

 

 

SIMが届いたら

MNP手続きが終わり新しいSIMカードを手に入れたら、それをこれから使うスマホに入れて「APN設定」や「プロファイル設定」を行いましょう。

これで、乗り換えの手続きは完了です。

 

 

まとめ

ドコモからドコモ系格安スマホ(MVNO)に乗り換えるのは、他のキャリアに比べてハードルが低いです。

SIMロックの解除は不要ですし、利用にあたって本当に注意したいのは、テザリングができない場合があることくらいでしょう。

 

また解約のタイミングには注意したいですね。もしも残債が数万円残っているなら、乗り換えによってかえって高くつくかもしれません。