ahamo(アハモ)と楽天モバイルのアンリミットを徹底比較!おすすめは?

ahamo(アハモ)と楽天モバイルのアンリミットを徹底比較!おすすめは?

2020年12月頭、NTTドコモよりahamoアハモ)が発表されました。

楽天モバイルのUN-LIMITアンリミット)を強く意識したのかどうかは分かりませんが、

  • 月額データ容量:最大20GB
  • 5分かけ放題付きで月額料金:2,970円(税込)

という価格的にインパクトのあるサービスが、NTTドコモより提供されたのです。

そして、2022年6月9日、ahamo100GB4,950円/月という「ahamo大盛り」のサービスもスタートしました。
契約の縛りがなく解約料も0円など、月額データ容量を除いて楽天モバイルの「アンリミット VII」に近いサービスが、NTTドコモから提供されたのです。

ここでは、NTTドコモのahamo(アハモ)と楽天モバイルの最新UN-LIMIT VII(アンリミット セブン)を徹底比較してみました。

ご注意:

1. 楽天モバイルUN-LIMIT(アンリミット)には、

  • 楽天モバイル自身が携帯回線を所有しサービスを提供する楽天回線(データ容量は無制限
  • 楽天回線のエリア外では、パートナー回線(=au)を使用(データ容量は5GB/月)

の2種類の回線がありますが、ここでは、前者の楽天回線について比較しています。

 

2. 2022年7月よりUN-LIMIT VIIの提供が開始されました。データ使用量と料金が以下のように改定されています(料金は税込)。

0 ~ 3GB:1,078円
3 ~ 20GB:2,178円
20GB ~ 無制限:3,278円

 

 

ahamoと楽天モバイルのUN-LIMIT。おすすめは?

NTTドコモの「ahamo(アハモ)」と楽天モバイルの「UN-LIMIT VII」。

まず、大きく何が違うのでしょうか?比較してみました(料金は税込)。

 NTTドコモ
ahamo
楽天モバイル
UN-LIMIT VII
利用回線

ドコモ
5G/4G LTE

楽天回線
5G/4G LTE
5G対応
(追加料金なし)

(追加料金なし)
サービス
エリア


(既に、日本全体
を広くカバー)

プラチナバンドが
使えるので、ビル
内等でも繋がり
やすい。


(2022年11月末現在、
4Gの人口カバー率
97%を達成)

プラチナバンド未対応
ビル内に入ると繋がら
ないことも…

月間の
データ容量

20GB

ahamo大盛りは
100GB

無制限
通話1回の通話が5分以内
であれば、かけ放題。
アプリ(楽天リンク)
を使えば、回数・通話
時間に関係なく、
無料でかけ放題
月額料金

0 ~ 20GB:
2,970円

ahamo大盛り
(0 ~ 100GB):
4,950円

0 ~ 3GB:
1,078円
3 ~ 20GB:
2,178円
20GB ~ 無制限:
3,278円

 

おすすめは、ahamo!

ahamo(アハモ)か?楽天モバイルUN-LIMIT VII(アンリミット VII)か?
おすすめはどちらでしょうか?

ahamoです!

ahamoは、ドコモと同じ携帯回線を使うので(但し、3Gは除く)、サービスエリアが広くビル等内に入っても繋がりやすいです。つまり、安心して使えます。

 

ただ、料金面で出来るだけ携帯料金を抑えたいという場合は、楽天モバイルも検討の対象となるでしょう。

  • 月間のデータ使用量が20GBを超える。
  • 逆に、自宅や会社などでWiFiを使えば、月間のデータ使用量は数GB程度。なので、使ったデータ容量分の料金に抑えたい。
  • 楽天ポイントを貯めたい・使いたい。

のであれば、楽天モバイルUN-LIMIT VIIも検討の対象になるでしょう。あるいは、「メインはahamoで!サブは楽天モバイルで!」というのも良いですね。

また、楽天モバイルの最大のメリットは、月間のデータ使用量に制限が無いこと。ほぼ無制限に使えます。

頻繁に映画・動画をご覧になる方は、20GB/月では足りないかもしれません。楽天モバイルの電波が安定して利用できれば、料金的には楽天モバイルがおすすめです!

 

それぞれのメリット・デメリットは?

ahamo楽天モバイルUN-LIMIT VIIを比較した場合の

  • メリット(おすすめのポイント)
  • デメリット(残念なポイント)

をまとめてみました。

 NTTドコモ
アハモ
楽天モバイルの
UN-LIMIT VII
メリット
(おすすめ
ポイント)
  • サービスエリアが広い
    ので、繋がりやすい。
  • プラチナバンドが使え
    るので、ビル内等でも
    比較的安心して使える。
  • 4G LTEでも結構速い
    プレミアム4G
    注目!)
  • ahamo大盛りなら
    100GBまでOK!
  • トラブルが少ない。
  • iPhoneが使える。
  • 端末は、ドコモで購入可。
  • データ容量が無制限。
  • 20GB以下であれば、
    料金は、使った分だけ!
  • 楽天ポイントが貯まる
    ・使える。
  • 楽天リンクを使えば
    無料で通話かけ放題。
  • iPhoneが使える。
デメリット
(残念な
ポイント)
  • 楽天に比べてdポイント
    の認知度が低い。
  • 通話かけ放題には、別途
    1,100円/月が必要。
  • サービスエリアの広さ
    は、ドコモにはかなわ
    ない。
  • プラチナバンドが使えな
    いので、ビル内等では
    不安定。

繰り返しになりますが、アハモ(ahamo)の最大のメリット(おすすめポイント)は、

  • サービスエリアの広いドコモの5G/4G(LTE)回線を使用。
  • 4GでもPremium 4Gで高速通信が可能。

ということです。iPhoneも安心して使用できます。

そして、ahamo大盛りが登場し、100GB/月も可能になりました。

 

一方の楽天モバイルUN-LIMIT VIIのメリット(おすすめポイント)は、

  • 月間のデータ容量に制限がない(無制限でも月額3,278円
  • 楽天ポイントが貯まる・使える。
  • 無料通話アプリの楽天リンクを使えば、無料でかけ放題。

があげられます。

 

 

ahamo・楽天モバイル、おすすめはこんな方!

 NTTドコモ
アハモ
楽天モバイルの
UN-LIMIT VII
こんな方に
おすすめ
  • ドコモの回線が良い
    という方
  • 回線サービスに
    安定性を求める方
  • 楽天回線が使えな
    い方
  • 100GB/月もあれば
    十分な方
  • 楽天回線が使え
    る方
  • データ使用量が少
    ないので、料金を
    出来るだけ抑えた
    いという方
  • 100GB/月以上必要
    なヘビーユーザー
  • 回線に多少のトラ
    ブルがあっても
    我慢できる方
  • 通話かけ放題を
    必要とされる方
  • 楽天ポイントに魅力
    を感じる方
特にこんな
方に

新社会人
(家族支払いから自分
支払いのタイミングで
家族割から脱出する
ユーザー)

スマホの使い方に詳し
デジタルネイティブ
世代

ヘビーユーザー
(頻繁に動画や映画を
閲覧される方、あるい
は、テザリング等で
大容量を利用される方)

逆に、月間数GBしか
使用しない方

ahamoがターゲットとしている年齢層は主に20代。特に、4月に新社会人となり、今までご家族の方に払ってもらっていた携帯料金を「自分払い」に切り替えるという方です。

そのタイミングで他の携帯キャリアへの乗り換えを検討している新社会人に、20GB/月で月額2,700円(税込:2,970円)という大変お得な料金プランを利用してもらいたいようです。

楽天モバイルのUN-LIMIT VIIも、もちろん新社会人はターゲット層になります。その中でも、20GB/月では足りないというヘビーユーザーの方に、特におすすめ。
また、生活費をできるだけ節約するために、「楽天ポイント」を貯め・上手く活用したいという方にもおすすめです!

 

>> ahamoの公式サイトヘ

 

>> 楽天モバイル公式サイトへ!

 

更に細かい仕様(スペック)で比較してみた

ahamo(アハモ)と楽天モバイルUN-LIMIT(アンリミット)の違いをもう少し細かい仕様で比較してみました。

 NTTドコモ
アハモ
楽天モバイルの
UN-LIMIT VI
利用回線

ドコモ
5G/4G LTE

楽天回線
5G/4G LTE
サービス
エリア

(4G/LTEは、既に
全国にてサービス中)

(2022年11月末現在、
4Gによる人口カバー率
97%を達成)
プラチナ
バンドの
対応

5G対応
(追加料金無し)

(追加料金無し)
3G対応
回線容量

20GB/月

ahamo大盛りなら
100GB/月

無制限
月額料金
()は税込

2,970円

ahamo大盛りでは
4,950円

0 ~ 3GB:
1,078円
3 ~ 20GB:
2,178円
20 ~ 無制限:
3,278円
海外は?月間20GBは、82カ国
で追加料金無しで
使用可能。
世界66の国と地域で、
定額料金(0円)で
データ通信可能。
e-SIM対応
テザリング○(無料)
ahamo大盛りなら
100GBまでOK!
○(無料)
データ容量は
無制限
キャリア
メール

なし

但し、ドコモ等の
携帯キャリアの
メールアドレスが
持ち運べる。

楽天モバイルの
メールアドレス
(rakumail.jp)
が使える。

また、ドコモ等の
携帯キャリアの
メールアドレスが
持ち運べる。

通話料1回の通話が5分以内
は、無料。
かけ放題は、1,100円
/月の追加で可能。

アプリ(Rakuten-Link)
を使うと無料
(かけ放題)

高品質通話の15分かけ
放題が、1,100円/月の
追加で可能。

家族間
通話
1回の通話が5分以内
であれば無料
アプリ(楽天リンク
を使うと無料
(かけ放題)
通話品質良好アプリ経由の場合、
並(良好ではない)
ポイントの
利用
dポイントが使える
貯まる。
楽天ポイントが使える
貯まる。

※e-SIMについては、こちらをご覧ください。

 

サービスエリアの違い

地理的なサービスエリアの違い

楽天モバイル楽天回線は、2020年4月にサービスを開始。そして、2022年3月には、4Gで人口カバー率97%を達成しました。また、「5G」も追加料金無しで利用可能ですが、2022年11月現在、そのサービスエリアはまだ限定的です。

(楽天回線の2022年7月頭現在のサービスエリア(濃い赤のエリア)例。
他のエリア詳細は、こちら

 

一方のNTTドコモアハモahamo)は、ドコモの5G/4G(LTE)のサービスを利用しているので、サービスエリアが広いのが特徴です(「5G」も追加料金無しで利用可能ですが、2022年11月現在、そのサービスエリアはまだ限定的)。

(ahamoの4G/LTEサービスエリア例。他のエリア詳細は、こちら

このように、4G/LTEのサービスに限って言えば、日本を全国的にカバーしているのはNTTドコモ。従って、まだ、楽天モバイルのサービスエリアの方には、ahamoがおすすめです。

 

プラチナバンドの対応について

ビル内や地下街等に入った時の繋がりやすさを左右するもう一つのポイントが、プラチナバンドの対応です(プラチナバンドについては、こちらをご参照ください)。

ahamoは、ドコモの回線を使用しているので、プラチナバンドに対応済。一方の楽天モバイルは、携帯市場への参入が後発ということもあり、プラチナバンド未対応。この差が、ビル内等でのつながりやすさに大きな影響を与えています。

通話サービスについて

スマホには、「通話」機能が欠かせません。

楽天モバイルの場合、通常の22円/30秒の通話以外にも、「楽天リンク」と呼ぶ無料通話アプリを利用すれば、通話がかけ放題になるサービスがあります。この場合、音声はパケット化されるので通話品質が若干落ちますが、十分に聞き取れる品質です。

実際に通話品質を確認してみました。

高音質の通話が必要な方は、月額1,100円の15分通話かけ放題サービスも利用できます。

 

一方、ahamoの場合、月額料金2,970円に、5分かけ放題のサービスが含まれています。

更に、オプション料金1,100円/月の追加で、高音質の通話がかけ放題になります。この料金は、今までの携帯キャリア(ドコモ、au、SoftBank)で提供されていたもの(1,870円~1,980円/月)より安くなっています。

 

使える端末(スマホ)で比較!

スマホ端末で比較してみました。

 NTTドコモ
アハモ
楽天モバイル
アンリミット
販売端末数少ない。
しかし、ドコモ
オンライン
ションプで購入
可能
多い
iPhone対応
新型iPhone
の販売
iPhone14シリーズ、
iPhoneSE3、
最新の
Android端末
iPhone14シリーズ、
iPhone13シリーズ、
iPhone12シリーズ、
iPhoneSE3、
最新の
Android端末など

 

ahamoで購入できるスマホ端末の種類は、2022年12月上旬現在、iPhone14シリーズやiPhoneSE3、最新のAndroid端末数機種含めて6機種と少ないですが、ahamoでもドコモのオンラインショップが使え、iPhone13シリーズなども購入できます。

しかも、「いつでもガエドキプログラム」も利用できるので、実質、端末が安く購入できます。

詳細は、

404 NOT FOUND | 【2023年最新】格安SIMおすすめ10選を人気の15商品から比較!
数ある格安SIMの中から15商品を選別。更にそこから、2023年最新情報に基づき、おすすめの10商品を比較!

 

一方の楽天モバイルですが、2021年4月30日にiPhoneの正式サポートを発表。加えて、iPhone14シリーズの販売も開始しています。

 

乗り換え等の費用や手続きは?

携帯キャリアと契約する際の最大のネックは、他の携帯キャリアへの「乗り換え」が非常にやりにくいことにありました。

  • 2年契約の縛りがある
  • 途中解約の際、高額の解約料が発生する
  • 乗り換え手数料も高額

といった理由からです。しかし、アハモ楽天モバイルアンリミットでは、このような問題は解消されています。

 NTTドコモ
アハモ
楽天モバイル
UN-LIMIT VI
登録
手数料
0円0円
MNP
転出手数料
0円0円
契約の縛りなし
(いつでも解約可能)
なし
(いつでも解約可能)
解約料0円0円

 

割引やサービス等の比較

携帯キャリアのもう一つの問題点が、料金が分かり辛かったこと。「おっ!安くなった…」と思っても、その料金が適用されるまでには、いろいろな条件があり複雑だったのです。そして結局は、高額料金を払うハメに…多くの方が経験されていると思います。

アハモも楽天モバイルのアンリミットも、このような複雑さを一掃。シンプルで非常に分かりやすい料金体系になっています。逆に、いろいろな「割引」が適用されなくなるので、「学割」「家族割」「○○割」に期待されていた方には、残念なサービスかもしれませんが…

 NTTドコモ
アハモ
楽天モバイル
アンリミット
学割なしなし
家族割なしなし
割引

以下の割引は使えない

  • みんなドコモ割
    (契約回線数に
    応じた割引)
  • ドコモ光セット割
    (「ドコモ光」の
    契約に伴う割引)
  • dカードお支払割
    (料金の支払いに
    「dカード」
    「dカードゴールド」
    を指定した場合の
    割引)
  • ファミリー割引
なし
リアルショップ
(実店舗)
申込みのみサポートが
受けられる(有料)
サポートアプリを用意して
オンラインで!
実店舗とオンラインで
受けられる。

 

 

ahamoと楽天モバイルの比較まとめ

ahamoの発表は、ユーザーだけでなく他の携帯キャリアにも大きな衝撃を与えたようです。今までの携帯料金の常識を覆す驚きの価格とサービス内容だったからです。特に、楽天モバイルには大きな衝撃を与えたようですね。

20GB/月もあれば十分というユーザー(殆どの方は、20GB/月もあれば十分です)には、サービスエリアの広さと回線の安定性・信頼性の高いNTTドコモは魅力的です。iPhoneも安心して使えます。

楽天モバイルアンリミット(UN-LIMIT VII)の魅力は、月額3,278円(税込)でデータも通話も無制限というところ。ただ、ドコモに比べて4Gサービスを開始して間もないため、サービスエリアと回線の安定性や信頼性には、まだ問題があります。

ahamoの提供で窮地に立たされた楽天モバイル。既に提供されている

  • データ通信も通話も無制限に使える
  • データ使用量20GB未満なら、月額料金が更に安くなる
  • 楽天ポイントが貯まる・使える

という現在の魅力に加えて、今後の新しい戦略にも期待したいところです。

 

>> ahamoの公式サイトへ!

 

 

 

 

 

>>楽天モバイル公式サイトへ!