ahamo(アハモ)をドコモのギガホプレミアと比較。おすすめは?

ahamo(アハモ)をドコモのメイン料金プランと比較。おすすめは?

ここでは、ahamoドコモ(docomo)のギガホプレミアと徹底比較しています。

ahamoドコモと同じ5G/4G(LTE)の回線を使用するので、ahamoは、料金の安さが大きなポイントになります。ただ、細かくみていくと、両者には、おすすめする方に違いがみえてきます。

ahamoを検討されている方は、是非参考にして頂ければ幸いです。

ahamoお得情報

iPhone14シリーズが使える・買える!

ahamoでも、iPhone 14 シリーズが使えます。購入できます!

iPhone 14 Pro87,370円 ~(※)
iPhone 14 Pro Max101,890円 ~(※)
iPhone 1469,690円 ~(※)
iPhone 14 Plus79,220円 ~(※)

※)ドコモの「いつでもカエドキプログラム」適用時の価格です。

 

ahamo大盛りがスタート!

 

ahamoの料金プラン 20GB2,970円に、

ahamo大盛りオプション 80GB1980円を追加すれば、

ahamo大盛り 100GB4,950円

という、大容量が使える「ahamo大盛り」が、2022年6月9日(木)にスタートしました。

ahamo大盛りの評判や口コミ等の詳細は、

ahamo大盛りってどう?評判・口コミ、メリット・デメリット、おすすめはこんな方!
ahamo大盛りの評判や口コミをはじめ、メリット・デメリットについてもご紹介。ギガホプレミアとの比較のほか、お薦めする人・しない人についても触れています。

 

キャリアメールが、ahamo(アハモ)でも使える!

携帯キャリアを乗り換える際に大きな壁になっていた「キャリアメールが使えない問題」が、一気に解決しました!

ahamo(アハモ)でも、携帯キャリア各社のメールアドレス(@docomo.ne.jpなど)がそのまま使えるようになります(メールアドレス持ち運びサービス)。利用料は、月額330円

  • NTTドコモは、2021年12月16日から、
  • KDDI(au)は、2021年12月20日から、
  • ソフトバンクは、年額3,300円でも可能。2021年12月20日から、

使えるようになりました。

NTTドコモからahamoへプラン変更する場合は、

  • ahamoへのプラン変更と同時の申込みであること
  • ドコモ回線を契約中であること(ahamoへプラン変更前であること)
  • 回線契約にもとづき発行したdアカウントを持っていること
  • 回線契約名義が個人であること

が条件となります。

 

ahamoをドコモのギガホプレミアと比較!

ここでは、ahamoをNTTドコモが提供している、

  • 5Gギガホプレミア
  • 4Gギガホプレミア
  • 5Gギガホライト
  • 4Gギガホライト

と比較してみました。

ドコモのギガホプレミアと比較(全体像)

まず、サービス全体像の比較です(料金は税込)。

項目ahamodocomo
ギガホプレミア
使用する
回線

ドコモ
5G/4G(LTE)
(3Gは未対応)

サービスエリアは
こちらで確認
できます。

ドコモ
5G/4G(LTE)、
3G
(3Gは、2026年
3月末まで利用可能)

サービスエリアは
こちらで確認
できます。

5G対応ありあり。
4Gと5Gの差額:
110円
月間
データ容量

20GB

ahamo大盛り:
100GB

5Gギガホプレミア:
無制限
4Gギガホプレミア:
60GB、
5Gギガライト:
1~7GB、
4Gギガライト:
1~7GB、
月額料金
(税込)

2,970円

ahamo大盛り:
4,950円

5Gギガホプレミア:
7,315円
4Gギガホプレミア:
7,205円、
5Gギガライト:
2,178円から、
4Gギガライト:
2,178円から、
初期費用等SIMカード送料:0円
事務手数料:0円
オンラインショップ:
無料、
ドコモショップ:
3,300円
データ容量超過
時の
最大通信速度
最大1Mbpsに制限
される
4Gギガホプレミア
では、最大1Mbps
端末の販売

iPhone 14 Pro
iPhone 14 Pro Max
iPhone 14
iPhone 14 Plus
iPhone SE3
Galaxy Z Flip4
AQUOS wish2 SH-51C
(以上、2023年1月
上旬現在)

iPhone13等は、
ドコモの
オンラインショップ
で購入できる

最新機種含めて
多数
(ドコモの
オンラインショップ、
ドコモショップ、
量販店等で
購入可能)
iPhon13等
の購入方法
まず、ドコモオンライン
ショップで購入。
その後、プランをahamo
に変更。
購入可。
eSIM対応
通話料金

5分かけ放題(無料)。
5分を超えると
22円/30秒

通常の通話では
22円/30秒

通話
オプション
国内通話かけ放題:
月額1,100円
5分かけ放題:
月額770円、
国内通話かけ放題:
月額1,870円
料金の割引は?

学割:なし、

みんなドコモ割:
なし、

ドコモ光セット割:
なし、

dカードお支払い割:
なし

学割:
キャンペーンで
適用可能

みんなドコモ割
(3回線以上):
▲1,100円

ドコモ光セット割:
▲1,100円

dカードお支払い割:
▲187円

テザリング無料無料
海外での
利用

通話利用可能(200カ国
以上)。

月間20GB迄であれば
データフリーで利用可能。

通話・SMSはOK。
ローミングオンの設定
で、データ通信も可能。
但し、「パケットパック
海外」の申込み必要。

その他
オプション

■データ容量追加:
1GB:550円
■ケータイ保証:
月額550円 ~ 1,100円、
■AppleCare+/
AppleCare+盗難・
紛失プラン:

月額403円から
(機種により異なる)、
■安心セキュリティ:
月額220円、
■フィルタリング
サービス:

月額無料

■データ容量追加:
1GB:1,100円
■ ケータイ保証:
月額363円 ~ 1,100円、
■AppleCare+/
AppleCare+盗難・
紛失プラン:

月額403円から
(機種により異なる)、
■安心セキュリティ:
月額220円、
■フィルタリング
サービス:

月額無料

申し込み
サポート
基本的にオンラインのみ
(ドコモショップでは、
3,300円がかかります)
オンライン、
ドコモショップ
家電量販店
キャリアメールahamo独自のメール
アドレスは無し。
docomo.ne.jp等が
使えるようになった
あり
@docomo.ne.jp
留守番電話なしあり
(月額330円)
契約期間なしなし
解約料0円0円
契約の条件本人名義での契約は、
18歳以上
本人名義での契約は、
18歳以上
キャリア決済一部可能あり
支払い方法クレジットカード、
口座振替
クレジットカード、
口座振替

 

ahamoとドコモのメリット・デメリット比較

上記比較表からも見えてくる、ドコモのギガホプレミアと比較した場合のahamoのメリット・デメリットについてまとめました。

 ahamoドコモ
ギガホプレミア
メリット

月間のデータ使用量が
100GBまでなら、格段
に安い。
(月額4,950円)

料金プランがシンプルで
わかりやすい。

5分かけ放題が予め組み
込まれているので、
通話料金の発生は、5分
を超えてから(5分以内
の通話であれば通話料
無料)

海外でもスムーズに
利用可能。

5Gギガホプレミアの
場合、データ容量は
無制限。

3G回線が使える
(2026年3月末まで)。

対面サポートのドコモ
ショップが利用可能。

キャリアメールアド
レスあり。

留守番電話機能あり。

法人名義の契約可能。

海外でも使える。
(ローミングの設定を
オンに!)

端末の購入販路が広い
(ドコモショップ、
オンライン、家電量販
店など)。

デメリット

対面サポートのドコモ
ショップが満足に
利用できない。

ahamo独自のキャリア
メルアドがない
(月額330円でドコモ等
のキャリアメルアドを
利用する必要あり)。

法人名義の契約は不可。

留守番電話が
使えない。

端末は、ドコモの
オンライショップで
購入する。

3G(FOMA)回線が
使えない。

通常のahamoなら、
消費量が20GBを超え
ると、その月は月末
まで最大1Mbpsに
制限される
(あるいは、
550円/GBでデータ
容量を購入)

データ容量20GBや
100GBで比較すると、
月額料金が高い。

5G利用の5Gギガホ
プレミアは、4Gギガ
ホプレミアより
110円/月高い。

通話かけ放題は別オプ
ション。

ahamoギガホプレミアの大きな違いは、

  • 料金は、100GBまでならahamoの方が格段に安い。
  • ahamoは、通話かけ放題オプションも安い。
  • ahamoは、無料で5Gの回線が使える(4G ⇨ 5Gへの移行がスムーズ)。
  • 実店舗のドコモショップのサポート(ahamoのサポートは、基本的にオンラインのみ)。
  • ahamoには、留守番電話のサポートなし。
  • ahamoは、法人名義の契約は不可。
  • ahamoは、3G(FOMA)回線が使えない。
  • ahamoには、キャリアのメールアドレスが無い(但し、有料で@docomo.ne.jpは使える)。

ahamoがおすすめな方

  • 料金を出来るだけ抑えたい方(月額料金だけでなく、通話かけ放題の料金も抑えたいという方)
  • お一人での利用をお考えの方
  • ドコモショップのサポートが利用できなくても、オンラインで十分な方
  • 月間のデータ使用量は100GBahamo大盛り利用時)もあれば十分という方
  • 3G(FOMA)回線は不要な方

 

 

 

 

ドコモのギガホプレミアがおすすめな方

  • ご家族での利用(ファミリー割引等の利用が可能)
  • ドコモショップのサポート(対面でのサポート)が必要という方
  • 3G(FOMA)回線が欠かせない方(但し、3Gのサポートは2026年3月末迄です)
  • データ容量無制限を必要とされる方
  • 留守番電話の機能が必要な方
  • 法人での利用

 

 

ahamo(アハモ)とギガホプレミア比較まとめ

以上、ドコモの新料金プランであるahamo(アハモ)をドコモ(docomo)のギガホプレミアと比較してみました。

それぞれ、メリット・デメリットがあり、おすすめする方も違ってきます。

両者の大きな違いは、

  • 料金
  • ドコモショップ(実店舗)でのサポートの有無
  • データ容量
  • 3G(FOMA)が使えるか?

です。

ドコモ ギガホプレミアからahamoへの乗り換えを検討されている方は、料金がポイントになるでしょう。

auやソフトバンクのメインプランからahamoへ乗り換えを検討されている方は、料金のやすさに加え、100GBまで安く使えることがポイントになります。また、海外で利用する機会も増えるという方は、ahamoはおすすめです。

物価高が叫ばれる中、ここで、ahamoをじっくり検討してみるのもおすすめです。

 

ahamoの公式サイトは、 ↓↓をクリック!

ahamo