ahamo(アハモ)でiPhoneSE3(第3世代)は購入できる?機種変更は?

ahamo(アハモ)でiPhoneSE3(第3世代)は購入できる?機種変更は?

各携帯キャリアが2021年に新たにサービスを開始した「スマホの新料金プラン」。NTTドコモは、ahamoというブランド名でサービスを提供中です。

2021年11月現在の利用者数は200万人を超え、益々勢いづくahamoですが、残念なことに、iPhoneSE3(第3世代)iPhone12などの人気機種の取り扱いがありません。

ahamoへの乗り換えを検討されている方からは、

  • iPhoneSE3(第3世代)iPhone12などの人気端末を同時に購入したい。どこで購入すれば良いの?
  • ドコモのオンラインショップで購入する場合、どうすれば?

といった声も聞かれています。

また、既にahamoをご利用中の方の間からも、iPhoneSE3機種変更したいという方は多いようで、同様の声が聞こえてきます。

実は、ドコモ オンラインショップで提供中の「いつでもカエドキプログラム」を利用すれば、iPhoneSE3等の新機種を、お得にスムーズに手にすることができます!

ここでは、ahamoiPhoneSE3等の新機種を導入する具体的な方法をご紹介しています。
ahamoへのスムーズな乗り換えを行う一助になれば幸いです。

 

>> ahamoの公式サイトヘ!

 

iPhoneSE3は、ahamo(アハモ)では直接購入できない?

2022年3月11日、iPhoneSE3の販売が開始されました。

(画像は、Apple Storeより引用)

  • プロセッサーがA15にパワーアップ
  • サイズは従来のiPhoneSE2と同じ。軽量でコンパクト。
  • バッテリーの持ちも向上!

など、iPhoneSE3の登場で、iPhoneがまた、一歩、進化を遂げました。

iPhoneSE3の魅力や特徴は、他にもたくさんあります。詳細は、こちらのApple公式サイトでご確認頂くとして、ここでは、そんな魅力あるiPhoneSE3ahamoでいち早く使えるようにするための方法をご紹介していきます。

 

ahamoでiPhoneSE3は使えるの?

ahamoの公式サイトには、対応端末一覧が掲載されており、iPhoneSE3(第3世代)も動作確認がとれています(詳細は、こちら)。

従って、既にiPhoneSE3をお持ちの方は、そのままahamoの回線契約をすれば、iPhoneSE3が使えるようになります。

>> ahamoの公式サイトヘ!

 

iPhoneSE3はahamoでは購入できない!?

ドコモが2021年にサービスを開始したahamoでは、2022年4月下旬現在、残念ながらiPhoneSE3を直接購入することができません。

ahamoで購入可能なスマホは、

  • iPhone13: 34,232円(ドコモの「いつでもカエドキプログラム」適用時)~
  • Xperia 1 II SO-51A68,200円
  • Galaxy S20 5G SC-51A: 57,200円
  • Galaxy A22 5G Sc-56B: 5,500円

の4機種のみです。iPhone12の販売もありません。

ahamoiPhoneSE3iPhone12を使いたいという方が多いのに、直接購入できないというのはちょっと不便です!

 

では、どこで購入すれば?

そこで、ここでは、iPhoneSE3等端末のみの購入が可能なルートと、出来るだけお得に購入する方法についてご紹介していきます。

まず、iPhoneSE3が購入可能なルートと販売価格をみてみましょう。

2019年10月1日より施行された改正電気通信事業法により、各携帯キャリアで端末のみの購入も可能となりました。つまり、回線を契約することなくiPhoneSE3のみの購入(白ロム)が可能になったのです。

iPhoneSE3は、2022年4月下旬現在、

  • Apple Store(実店舗とオンラインショップ)
  • 携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルなどの実店舗やオンラインストア)

で購入することができます。

まず、参考として、iPhoneSE3をオンラインで購入可能なルートと販売価格をまとめてみました。

※)下表は、一括払い時のオンラインショップ税込価格です。

購入先価格
iPhonSE3 64GB
Apple Store57,800円
ドコモオンラインショップ65,230円
auオンラインショップ65,335円
ソフトバンク オンラインショップ67,680円
楽天モバイル オンラインショップ57,800円
iPhonSE3 128GB
Apple Store63,800円
ドコモオンラインショップ75,097円
auオンラインショップ75,190円
ソフトバンク オンラインショップ74,880円
楽天モバイル オンラインショップ63,800円
iPhoneSE3 256GB
Apple Store76,800円
ドコモオンラインショップ94,248円
auオンラインショップ93,720円
ソフトバンク オンラインショップ90,000円
楽天モバイル オンラインショップ76,800円

(※)実際の購入価格は、新規/MNP/乗り換えによって割引額が異なるため、上表通りではありません。

このように、iPhoneSE3シリーズの通常価格を比較してみると、Apple Storeが一番安いということがお分かり頂けるでしょう。

ただし、各携帯キャリアは、iPhoneSE3をお得に購入できるプログラムを用意して、ユーザーに大変お得になるような工夫をしています。

ドコモが提供している「いつでもカエドキプログラム」もその一つで、ahamoiPhoneSE3を使いたいという場合も、このプログラムを利用して購入することができます。

 

iPhoneSE3をお得に購入するには…

では、ahamoiPhoneSE3を使いたいという場合、お得に購入するには、どうすれば良いのでしょうか?

iPhoneSE3などの最新機種はどこで購入可能?

iPhoneSE3iPhone12のように、ahamoで販売されていない新機種は、

  • ドコモオンラインショップ
  • ドコモショップ(実店舗)
  • auオンラインショップ
  • auショップ(実店舗)
  • ソフトトバンクショップ(実店舗)
  • 家電量販店(BIGカメラやヨドバシカメラなど)
  • Apple Store(iPhoneを購入する場合)

のいずれかで購入できますが、ここでは、

  • ドコモオンラインショップ
  • Apple Store(iPhoneの場合)

で購入する場合についてご紹介します。

 

ドコモオンラインショップかApple Storeか?

Android端末を購入する場合は、「ドコモ オンラインショップ」で購入されることをおすすめしますが、iPhone新機種の場合、

  • ドコモオンラインショップ
  • Apple Store

のどちらかで購入されるのが良いでしょう。

それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

 ドコモ
オンラインショップ
Apple Store
メリット

いつでもカエドキ
プログラム
」が
利用でき、実質安く
購入できる。
この場合、早期に
端末を返却すると
その分より安くなる。

下取りプログラム
利用可能。

dポイントが貯まる。

Androidの最新端末
も購入できる。

通常価格は、ドコモ
オンラインショップ
より安いので、購入
後、4年近く使い続
ける方にはおすすめ
(Trade-inプログラム
の利用もおすすめ)。

在庫が無くなる可能性
は、ドコモオンライン
ショップより少ない。

デメリットモデルやカラーによって
は、在庫が無い場合が
ある(予約販売となる
場合あり)。

下取り制度(Trade-in)
はあるが、
いつでもカエドキ
プログラム
」のような
制度がない。

取り扱い端末は、
iPhoneのみ。

 

以上のメリット・デメリットをみていくと、

  • ドコモオンラインショップがおすすめの方
  • Apple Storeがおすすめの方

が見えてきます。

ドコモオンラインショップがおすすめの方

  • 新しいAndroid端末への変更をご検討中の方。
  • ドコモユーザーの方(ドコモからahamoへ乗り換えをご検討中の方)。引き続きdポイントを貯めることが出来ます。
  • 毎年、新しいiPhoneへ買い換えされている方、あるいは、頻繁に機種変更される方。

こちらへお進みください。

Apple Storeがおすすめの方(iPhone限定)

  • 購入したiPhoneを長く使い続ける方(頻繁に機種変更を考えていない方)
  • 注文して出来るだけ早く最新のiPhoneを手にしたい方(在庫がある可能性が高い)

こちらへお進みください。

 

ドコモのオンラインショップを利用する

ドコモオンラインショップでは、端末が実質安く購入できるプログラム、

が用意されています。
具体的にみていきましょう。

ドコモオンラインショップの取り扱い端末例

その前に、ドコモのオンラインショップでは、どのような端末(スマホ)が販売されているのでしょうか?

2022年4月下旬現在、ドコモオンラインショップで販売中の端末は以下の通りです。その中で「いつでもカエドキプログラム」対象製品には(*)を付けています。

※)タイミングによっては、取り扱いが終了している場合がありますので、ドコモオンラインショップで再度ご確認ください。

■ iPhoneの場合
iPhone13 Pro MAX(*)
iPhone13 Pro(*)
iPnone13(*)
iPhone13 mini(*)
iPhone12 Pro MAX
iPhone12 Pro
iPnone12(*)
iPhone12 mini(*)
iPhoneSE(第3世代)(*)
iPhoneSE(第2世代)

 

■ androidの場合

【5Gスマホ】
Galaxy Z Flip3 5G SC-54B(*)
Galaxy Z Fold3 5G SC-55B(*)
Galaxy S21 5G SC-51B
Galaxy S21 Ultra 5G SC-52B
Galaxy S21 5G Olympic Games Edition SC-51B
Galaxy S22 SC-51C(*)
Galaxy S20 5G SC-51A
Galaxy A22 5G SC-56B
Galaxy A52 5G SC-53B
Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A
Galaxy A53 5G SC-53C
Galaxy A51 5G SC-54A
Xperia 5 III SO-53B(*)
Xperia 1 III SO-51B
Xperia 5 II SO-52A
Xperia 1 II SO-51A
Xperia 10 III SO-52B
AQUOS R6 SH-51B
AQUOS sense6 SH-54B(*)
AQUOS sense5G SH-53A
Arrows 5G F-51A
arrows We F-51B
arrows NX9 F-52A
LG VELVET A-52A

【4Gスマホ】
Xperia Ace II SO-41B
arrows Be4 Plus F-41B
Galaxy A21 SC-42A
arrows Be4 F-41A
LG style3 L-41A

 

ドコモオンラインショップでは、端末が実質安く購入できるプログラム、

が用意されており、ahamoでも利用できます。活用しない手はないですね!

ドコモの「いつでもカエドキプログラム」とは?

最新機種のiPhoneSE3iPhone13、あるいは、最新のAndroid端末を出来るだけ安く購入する方法の一つとして、ドコモの「いつでもカエドキプログラム」が用意されていますので、少し詳しくご紹介します。

 

この「いつでもカエドキプログラム」は、購入した端末を最終的にドコモに返却することで、出来るだけ安い価格で端末を使い続けることができるプログラムです。お客様の都合の良いタイミングで端末を返却し、いつでもお得に機種を変更することが出来ます。

適用条件:

  • dポイントクラブに加入しているお客様が対象機種を「残価設定型24回払い」でご購入いただくとともに、プログラムに加入頂く。
  • dポイントクラブを継続し、ご利用の対象機種をご返却

 

本プログラムに加入される場合、対象機種を「残価設定型24回払い」で購入します。

まず、対象機種には、機種ごとに残価額が設定されています。24回払いの最終支払回である24回目にこの残価額が当てられます。そして、機種代金から残価額を差し引いた金額を23分割でお支払い頂くイメージです。

例をあげると、

対象機種の価格:105,500円、残価額:48,000円の場合、

のように、1回目から23回目までは、機種代金から残価額を引いた金額を23分割して(2,500円/回)支払っていきます。

いつでもカエドキプログラム」のメリットは、どのタイミングで端末を返却しても、支払う端末代金がお得になること。以下の3つのケースで、例をあげて具体的に説明します。

  1. 23回目のお支払いのタイミングで端末を返却する場合
  2. 1 ~ 22回目のお支払いのタイミングで端末を返却する場合
  3. 24ヶ月目以降のタイミングで端末を返却する場合

■ 23回目のお支払いのタイミングで端末を返却する場合

 

■ 1 ~ 22回目のお支払いのタイミングで端末を返却する場合

※)残価額と早期利用特典の額は、機種によって異なります。

 

■24ヶ月目以降のタイミングで端末を返却する場合

 

では具体的に、この「いつでもカエドキプログラム」を利用して、23回目でiPhoneSE3をドコモに返却した場合、実質の購入価格はどうなるのでしょうか?

下表にまとめてみました。

※)下表は、MNP(のりかえ)で「いつでもカエドキプログラム」が適用され、23回目のタイミングで端末を返却する場合の機種代金です。下記残価額と実質価格は、新規/MNP/機種変更で変動します。
表示価格は税込。

 iPhoneSE3
 64GB128GB256GB
Apple Store57,800円63,800円76,800円
ドコモオンライン
ショップ
通常価格
65,230円75,097円94,248円
残価額(24回目)31,920円36,840円46,560円
いつでもカエドキ
プログラム
を利用時の
実質価格(※)
491円 x 23回、
11,310円
706円 x 23回、
16,257円
1,116円 x 23回、
25,688円

(※)端数が合わない時、初回時のお支払いで調整されます。

このように、「いつでもカエドキプログラム」を利用すると、非常にお得な価格で購入できます!

これからahamoを契約しよう、あるいは既に契約しているという場合でも、ドコモの「いつでもカエドキプログラム」は利用できます。

また、本プログラムを利用しないで、そのまま端末を使い続けても問題ありません。

ドコモの「下取りプログラム」とは?

ahamoにも、「下取りプログラム(Trade-in)」が用意されています。

下取り価格は、

  • 機種
  • 端末の状態(良品、画面割れ品、機能不良品)
  • ドコモ・ahamoが販売した端末か?他社が販売した端末か?

等によって違ってきます。詳細は、こちらでご確認ください。

 

ドコモオンラインショップへも、↓↓経由で!
>> ahamoの公式サイトヘ!

 

Apple Store を利用する

  • 最新のiPhoneを今直ぐ手にしたい(予約販売になる可能性は、ドコモより少ないため)
  • 購入したiPhoneは、出来るだけ長く使い続ける予定(通常の販売価格は、ドコモより安いため)

という方は、Apple Storeのご利用をおすすめします。

また、Apple Storeにも下取りプログラム(Trade-in)があります。今お持ちのiPhoneだと「下取りに出しても高く買い取ってもらえそうだ」という方は、Trade-inプログラムを利用されるのもアリですね。

>> Apple Storeの公式サイトへ!

 

ahamoにiPhoneSE3を導入する具体的な手順は?

ここでは、

場合に分け、iPhoneSE3を購入してahamoで動作可能とするまでの手順についてご紹介します。

これからahamo(アハモ)を契約される場合

現在、ahamo以外の料金プラン(ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMなど)に加入されている方が、ahamoへの乗り換える時に、機種もiPhoneSE3に変更するという場合です。

 

 

ドコモのオンラインショップでiPhoneSE3を購入される場合

ステップ1
ドコモのオンラインショップiPhoneSE3を申し込む。その時、料金プランは「5Gギガライト」もしくは「ギガライト2」を選択する(※1)

ステップ2
ステップ1で選択頂いた料金プランから、ahamoへプラン変更の手続きを行う。

ステップ3
新しいiPhoneとSIMが届いたら、データのバックアップをとる(※2)。

ステップ4
新しいiPhoneSE3にahamoから届いたSIMを挿入する

ステップ5
iPhoneSE3の設定を行う(※3)

(※1)「5Gギガライト」または「ギガライト2」を選択いただくことで、ahamoにプラン変更いただいた月についてもahamoの月額料金が適用されます。

(※2)現在ご利用の機種から新しいiPhoneへのデータ移行や、バックアップ・復元する方法については、こちらをご参照ください。

(※3)iPhoneのProfileの設定方法については、こちらをご覧ください。

 

Apple StoreでiPhoneSE3を購入される場合

ステップ1
Apple StoreiPhoneSE3を購入する。

ステップ2
ahamoの公式サイトで、契約の申し込みを行う。

ステップ3
新しいiPhoneSE3とSIMが届いたら、データのバックアップをとる(※1)。

ステップ4
新しいiPhoneSE3にahamoから届いたSIMを挿入する。

ステップ5
iPhoneSE3の設定を行う(※2)。

(※1)現在ご利用の機種から新しいiPhoneへのデータ移行や、バックアップ・復元する方法については、こちらをご参照ください。

(※2)iPhoneのProfileの設定方法については、こちらをご覧ください。

 

既にahamo(アハモ)を契約中の方がiPhoneSE3へ機種変更する

既に、ahamoを契約されている方が、iPhoneSE3iPhone12のようにahamoで販売していない機種に機種変更したいという場合です。

ステップ1
ドコモのオンラインショップ(「いつでもカエドキプログラム」あるいは「下取り」を利用)、もしくはApple Store(「下取り:Trade-in」も利用可能)でiPhoneSE3を購入する。

ステップ2
データのバックアップを取る(※1)

ステップ3
旧iPhoneから新しいiPhoneSE3へSIMカードを入れ替える。

ステップ4
iPhoneSE3の設定を行う(※2)

(※1)現在ご利用の機種から新しいiPhoneへのデータ移行や、バックアップ・復元する方法については、こちらをご参照ください。

(※2)iPhoneのProfileの設定方法については、こちらをご覧ください。

 

 

ahamoでiPhoneSE3を使う時の注意点

キャリアメールが、ahamoでも使える!

携帯キャリアを乗り換える際に大きな壁になっていた「キャリアメールが使えない問題」が、一気に解決しました!

ahamoでも、携帯キャリア各社のメールアドレス(@docomo.ne.jpなど)がそのまま使えるようになりました(メールアドレス持ち運びサービス)。利用料は、月額330円(ドコモ、KDDIの場合)。

  • NTTドコモは、2021年12月16日から、
  • KDDI(au)は、2021年12月20日から、
  • ソフトバンクは、年額3,300円で2021年12月20日から、

から使えるようになっています。

NTTドコモからahamoへプラン変更する場合は、

  • ahamoへのプラン変更と同時の申込みであること
  • ドコモ回線を契約中であること(ahamoへプラン変更前であること)
  • 回線契約にもとづき発行したdアカウントを持っていること
  • 回線契約名義が個人であること

が条件となります。

 

ahamo(アハモ)でiPhoneSE3を使うには?まとめ

月間のデータ容量20GBが月額2,970円(税込)で利用できる、NTTドコモのahamoが人気です。

ただ、人気機種のiPhoneSE3iPhone12が、ahamo自身でまだ販売されていないので、

  • ahamoへ乗り換え、あるいは、
  • ahamo利用中

のどちらの場合とも、iPhoneSE3への機種変更がスムーズに出来ない不便さがあります。

その不便さを解消すべく、ここでは、

  • ドコモオンラインショップの「いつでもカエドキプログラム」や「下取り(Trade-in)制度
  • Apple Store(下取り「Trade-in」も含む)

をうまく利用すれば、お得にスムーズに機種変更出来ることをご紹介してきました。

これで、ahamoへの乗り換えの不便さが一つ解消されました。

加えて、「キャリアメールが使えない」という問題も既に解決しているので、ahamoへの乗り換えが一気に加速しそうです。

iPhoneSE3に限らず、iPhone12や新機種のAndroid端末への機種変更をお考えの方は、是非、参考にしてみてください。

Apple Storeの公式サイトは、こちら

ドコモオンラインショップへも、↓↓経由で!
>> ahamoの公式サイトヘ!